信仰を持たない人へ


13 人生の幸福とは努力以外にない



 人生にとって、努力はきわめて大切なものです。なんの努力もせずに、幸せな人生を(きず)けるはずはありません。
 しかしながら、努力といっても、ただ自分の思いつきで、がむしゃらに何事(なにごと)にも挑戦(ちょうせん)さえすればよいというものではありません。
 たとえば、これから書道を習おうとするとき、立派(りっぱ)な先生について、修練(しゅうれん)と努力を重ねる人は、着実(ちゃくじつ)に進歩することでしょう。
 しかし、()を求めず、自分の才能(さいのう)と、自分の信念で努力さえすればよいといって、ただ毎日書きなぐっているだけでは、上達(じょうたつ)することはできません。
 このように、その努力をより価値(かち)あるものに実らせるためには、()き指導者の正しい教導(きょうどう)(したが)って努力してこそかなうのです。
 ましてや意義ある人生、幸せな家庭、人生の充実した喜びを持つためには、その基本となる人生についての、最大にして最高の指導者である仏の教導に()れるということが大切です。
 私たちは人生の土台となる根もとに、真実の師である仏の教えを(たも)ち、その上に(みき)となる自分自身の人格と人間性を(みが)きつつ、努力と精進(しょうじん)(かさ)ねる時、はじめて緑したたる大樹(たいじゅ)へと成長するのです。
 日蓮大聖人は、
    蒼蠅(そうよう)驥尾(きび)()して万里(ばんり)を渡り、碧蘿(へきら)松頭(しょうとう)()かりて千尋(せんじん)()ぶ」(立正安国論・御書243頁)
(おお)せられています。 すなわち、青ばえのような小さな虫でも、駿(しゅん)()()につくことによって万里(ばんり)()せ、つる草も松の大木にかかることによって、天高くのびていくことができるのです。
 このように私たちもいかなる道を(あゆ)もうとも、正しい信仰を根本として努力を重ねるならば、正法の功力(くりき)によって福徳(ふくとく)の花が()き、その努力が大きな()(むす)び、真実の幸せな生涯(しょうがい)をまっとうすることができるのです。


折伏実践のために