他の信仰をしている人へ


8 他の宗教によって現実に願いがかなったので信じているが



 日蓮正宗以外の宗教を信じ、商売がうまくいった≠ニか、病気が(なお)った≠ニいう人がいます。また日蓮正宗に入信しても、初めは周囲の反対や人間関係などで苦労する人もいるかもしれません。
 しかし、正しい仏法とは私たちに正しい本尊と修行を教え、身心両面にわたって育成(いくせい)錬磨(れんま)し、(きゅう)(きょく)の目的である仏の道を成就(じょうじゅ)させることを目的としています。
 正しい仏道修行をすることによって、いかなる苦難(くなん)障害(しょうがい)がおきてもそれを乗り越えていける人こそ真に幸せな人なのです。困った時だけ(おが)み屋のような宗教にすがって一時しのぎの解決をしても、それは人生の本質的な幸福につながるものではありません。たとえば、勉強をしない子供に試験の時に(こた)えだけを教えて、よい点数をとらせたからといって、その子供の学力が向上(こうじょう)することにならないと同様(どうよう)なのです。
 もし現在、悩みがあったとしても、善因(ぜんいん)を積んで善果(ぜんか)を生ずるように、その原因をよく知って、正法(しょうぼう)(しょう)()帰依(きえ)しなければ真の解決にならないことを知るべきです。
 また、低俗な宗教によって悩みが一時的に解決したからといって、それが人生のすべてに通用し、人生の苦を根本から解決できることになるわけではありません。むしろ苦難に()った時に努力することを忘れて一時の神だのみに走ることだけが身についてしまうでしょう。それはその人にとって決してよい結果とはいえません。
 悩みや問題はひとそれぞれにさまざまですが、その人の()い立ちや周囲の(えん)、年齢や心がけなどによって解決のかたちもまた(こと)なっています。
 たとえば、(たね)をまいても(ただ)ちに花を開かせることはできませんが、時が至れば必ず開花するように、(とき)()(じゅく)さなければ解決しない場合もあるのです。
 また誤った宗教に縁することによって、願いがかなったこと以上に生命が汚染(おせん)され、将来大きな苦しみを生ずる業因(ごういん)となることをよく認識(にんしき)すべきです。
 日蓮大聖人は、
    「現在に一分(いちぶん)のしるしある様なりとも、天地の知る(ほど)(いの)りとは成るべからず。魔王(まおう)魔民(まみん)()守護(しゅご)を加へて法に(しるし)()(よう)なりとも、(つい)には()()檀那(だんな)安穏(あんのん)なるべからず」(諌暁八幡抄・御書1531頁)
(おお)せられ、一時的に祈りがかなったように見えても、邪宗教によるものは、正法を隠蔽(いんぺい)しようとする魔の所為(しょい)(おこ)ない)にすぎないと説かれています。
 そして正法による祈りについて、
    「大地はさゝばはづるゝとも、虚空(おおぞら)をつなぐ者はありとも、(しお)()()ぬ事はありとも、日は西より出づるとも、法華経の行者の祈りのかな()はぬ事はあるべからず」(祈祷抄・御書630頁)
とものべられ、人生根本の大願(だいがん)たる成仏も、強い信心によって必ずかなうと教示(きょうじ)されています。
 また日寛上人も、日蓮大聖人建立(こんりゅう)の大御本尊の利益(りやく)について、
    「この本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱うれば、(すなわ)ち祈りとして(かな)わざるなく、(つみ)として(めっ)せざるなく、福として()たらざるなく、理として(あら)われざるなきなり」(観心本尊抄文段・文段集四四三)
と仰せられています。
 真実の祈りは、正法正義による仏道修行によってかなうのであり、低俗な宗教によるならば、かえって苦業(くごう)をますことを知るべきでありましょう。

折伏実践のために