他の信仰をしている人へ


6 先祖を崇拝(すうはい)することがまちがっているのか



 先祖を(うやま)い、(あが)めることは、仏法の教義に(てら)して、決してまちがいではありません。むしろ人間としてたいへん立派(りっぱ)行為(こうい)といえます。
 しかし先祖を神として(まつ)ったり、「仏」と呼んで祈願や礼拝(らいはい)対象(たいしょう)とすることは(あやま)りです。なぜならば先祖といっても、私たちと同じようにひとりの人間として苦しんだり(なや)んだり、失敗したり泣いたりしながら生きた人たちであり、生前も死後も悪縁(あくえん)によれば苦を感じ、善縁(ぜんえん)すなわち正法によれば安楽(あんらく)果報(かほう)を受ける凡夫(ぼんぷ)であることに変わりがないからなのです。言いかえれば人間は死ぬことによって、正しい悟りが()られるわけではありませんし、子孫(しそん)を守ったり苦悩(くのう)から救ったりできるわけでもないということです。
 世間では先祖や故人(こじん)を「(ほとけ)」と呼ぶ場合がありますが、これは仏教の精神から見て正しい用法(ようほう)ではありません。 仏とは仏陀(ぶっだ)とも如来(にょらい)ともいい、この世の一切の真実の(すがた)と真理を一分のくもりもなく(さと)(きわ)めた覚者(かくしゃ)という意味です。仏教の経典には()()()(ぶつ)薬師仏(やくしぶつ)大日(だいにち)如来(にょらい)などたくさんの仏が説かれておりますが、これらの仏について、法華経には、
     「()(だい)(じょう)(きょう)(でん)諸仏(しょぶつ)宝蔵(ほうぞう)なり。十方(じっぽう)三世(さんぜ)諸仏(しょぶつ)眼目(げんもく)なり。三世(さんぜ)(もろもろ)如来(にょらい)(しゅっ)(しょう)する(たね)なり」(観普賢経・開結六二四)
と説かれ、日蓮大聖人も、
     「三世の諸仏も妙法蓮華経の五字を(もっ)て仏に()り給ひしなり」(法華初心成仏抄・御書1321頁)
とのべられているように、多くの仏はすべて大乗経典たる妙法蓮華経という本法(ほんぽう)を種として仏となることができたのです。
 この原理は私たちや先祖が(なに)によって(しん)に救われるかをはっきり示しています。
 すなわち本当に先祖を敬い、先祖の(おん)(むく)いる気持ちがあるならば、生者死者をともに根本から成仏せしめる本仏本法に(したが)って正しく回向(えこう)供養しなければなりません。
 また先祖の意志を考えてみますと、先祖の多くはわが家の繁栄(はんえい)と子孫の幸せを願って苦労されたことでしょう。急病の子供を背負(せお)って医者を探し求めたこともあったでしょうし、妻子を助けるために我が身を犠牲(ぎせい)にされた方もいたことと思います。このように一家の繁栄と幸福を願う先祖がもし、自分の子孫のひとりが、真実の仏法によって先祖を回向し、(みずか)らも幸せになるために信仰を始めたことを知ったならば、家代々の宗教を(あらた)めたことを悲しむどころか、「宿願(しゅくがん)ここに()れり」と大いに喜ぶはずです。
 先祖を敬うという尊い真心(まごころ)を正しく生かすためには、先祖の写真や位牌(いはい)(おが)むことではなく、三世(さんぜ)諸仏(しょぶつ)本種(ほんしゅ)である南無妙法蓮華経の御本尊を安置し、読経唱題して回向供養することがもっとも大切なのです。
 大聖人は、
     「父母(ふも)に御孝養(こうよう)(こころ)あらん人々は法華経を(おく)り給ふべし。(中略)(さだ)めて過去(しょう)(りょう)(たちま)ちに六道の垢穢(くえ)を離れて霊山(りょうぜん)(じょう)()御参(おんまい)り候らん」(刑部左衛門尉女房御返事・御書1506頁)
と、妙法によって先祖を供養するよう教えられています。

折伏実践のために