他の信仰をしている人へ


13 信仰は必要なときだけすればよいのではないか



 信仰を必要とする時≠ニは、どのような時を()すのでしょうか。苦境(くきょう)に立ってわらにもすがりたくなる時なのでしょうか。それとも慣例的(かんれいてき)に神社仏閣(ぶっかく)参詣(さんけい)する正月や盆、彼岸(ひがん)を指すのでしょうか。あるいは冠婚(かんこん)葬祭(そうさい)の時でしょうか。または人生のなかで老境(ろうきょう)に至った時という意味でしょうか。
 こうしてみると、信仰を必要とする時≠ニいっても、受けとり方によって意味がまったく(こと)なりますから、一部分のみをとらえて、そのよし()しを論ずることはできませんが、いま質問の内容について、わかりやすく説明するために、信仰をしなくともよい時≠ェあるかどうかを考えてみましょう。
 そのためには、まず信仰にどのような意義があるかを知る必要があります。
 信仰の意義として大要(たいよう)次の三点が()げられます。
 第一に正しい宗教は、人間の生命を含む時間空間を()えた宇宙(うちゅう)法界(ほうかい)の真理を(さと)った本仏が、私たち衆生(しゅじょう)に対して人間のもっとも大切な根本の道を教え示されたものなのです。それはあたかも人生という草木を生育(せいいく)している大地のようなものであり、人間という電車を幸せに向って快適(かいてき)に走らせるためのレールのようなものです。私たちの人生は()いも若きも平等に時々(じじ)刻々(こくこく)と過ぎ去って行きます。(だれ)もが毎日毎日が、生きた草木であり、走りつつある電車なのです。はたして生きた草木にとって大地がなくてもよい時があるのでしょうか。また走りつつある電車にレールがなくてもよい時があるのでしょうか。宗教とは人間の根本となる教えということであり、宗教のない人生は人間としての根本の指針(ししん)欠落(けつらく)した、さまよえる人生というべきなのです。
 第二に正しい宗教を信ずることは、成仏という人間としてもっとも崇高(すうこう)境界(きょうがい)を目標として修行することです。成仏とは、個々の生命に仏の力と智慧(ちえ)涌現(ゆげん)させ、何ものにも(くず)れることのない絶対的に安穏(あんのん)自在(じざい)境地(きょうち)(きず)くことであり、この高い目的地に至るためには、たゆまぬ努力と精進(しょうじん)が必要です。どんな世界でも、高い目標を目指し、ひとつの道を(きわ)めるためには、正しい指導とたゆまぬ修行鍛錬(たんれん)がなければならないことはいうまでもありません。思いついた時、気が向いた時だけ一時的に信仰するというのは、学生が気が向いた時だけ学校に行くということと同じであり、真の目的をなしとげることはできません。
 第三に正しい宗教とは人生の苦悩(くのう)を根本的に解決するためのものであり、これを実践(じっせん)(信仰)すれば(おの)ずと苦悩を乗り越える勇気と智慧などの生命力が(そな)わるのです。それのみならず正法を信ずることによって、日常生活が仏天(ぶってん)加護(かご)を受けることも厳然(げんぜん)たる事実です。自分の将来に対する不安や性格的な悩み、さらには家族や職場での問題など、誰もが多くの解決すべき難問や悩みを(かか)えながら生きているのではないでしょうか。また明日どころか一時間さきに何が起きるかわからない私たちは、自分の人生がいつ、どこで幕を()じるかもわからないのです。必要な時が来れば信仰する≠ネどと言って、今日一日を自分勝手な思いつきで過ごすことは、かけがいのない人生の時間を無駄(むだ)にしているといわざるをえません。
 あなたにとって信仰が必要な時=Aそれはいまを()いてないのです。

折伏実践のために