他の信仰をしている人へ


11 自分は先祖の位牌を祭っているので、それで充分だ



 位牌(いはい)とは(むかし)中国において、存命(ぞんめい)(ちゅう)に受けた官位(かんい)姓名(せいめい)(しる)した木牌(もくはい)に始まるといわれています。
 日本では、葬儀(そうぎ)のときに白木(しらき)の位牌に法名(ほうみょう)俗名(ぞくみょう)、死亡年月日、年齢(ねんれい)を記して、祭壇(さいだん)に安置します。これは、回向(えこう)のためと、参列者(さんれつしゃ)に法名などを披露(ひろう)するためのならわしといえます。
 したがって位牌そのものを、礼拝(らいはい)対象(たいしょう)にしたり、死者の霊が宿(やど)っているなどと考え、それに執着(しゅうちゃく)するのは誤りです。
 位牌はけっして本尊のような信仰の対象物ではなく、位牌を(おが)んだからといって、死者の霊を(なぐさ)めることができるというものではありません。
 世間(せけん)の多くの人々が白木の位牌を、のちに金箔(きんぱく)などの位牌に(あらた)め、その位牌を守ることがいかにも尊い大事な意味を持っているように考えていますが、これも本来の死者の成仏、死者に対する回向、供養とは何の相関(そうかん)関係(かんけい)もないことなのです。
 真実の死者に対する供養のためには、なによりも一切の人々を救済(きゅうさい)成仏(じょうぶつ)させうる力と働きと法門の(そな)わった本門の本尊を安置し、本門の題目を唱えて、凡身(ぼんしん)仏身(ぶっしん)へ、生死(しょうじ)涅槃(ねはん)へと導くことに()きるのです。
 日蓮大聖人は、
    「今末法は南無妙法蓮華経の七字を弘めて利生得益(りしょうとくやく)有るべき時なり。されば()の題目には余事(よじ)を交へば僻事(ひがごと)なるべし。()の妙法の(だい)(まん)()()を身に(たも)ち心に念じ口に唱へ奉るべき時なり」(御講聞書・御書1818頁)
とも、また、
    (ただ)南無妙法蓮華経の七字のみこそ仏になる種には候へ」(九郎太郎殿御返事・御書1293頁)
と説かれています。
 父母の成仏や、我が身の成仏を願い、一家の幸せを築くためには、一閻浮提(いちえんぶだい)第一の本門の本尊を持ち、その御本尊に整足(せいそく)する成仏の種子(しゅし)たる南無妙法蓮華経の本門の題目を唱える以外には絶対にありえないのです。
 したがって位牌も塔婆(とうば)も、この本門の本尊のもとにあって、しかも題目をしたためてこそ、死者の当体を回向する十界(じっかい)互具(ごぐ)一念三千(いちねんさんぜん)の法門の原理が(そな)わるのです。梵字(ぼんじ)新寂(しんじゃく)(くう)などの字が(きざ)まれた他宗の位牌や塔婆を建てることは、仏の本意にもとづく供養の仕方(しかた)ではありませんから、先祖のためには、かえってあだとなり、実際には先祖を苦しめ正法不信の罪過(ざいか)を重ねる結果となってしまうのです。

折伏実践のために