信仰に反対する人へ


15 信仰はなぜ必要なのか



 一般に信仰とは、お年寄りが一種の精神修養や先祖を(うやま)いつつ、なごやかな楽しみの場を持つために、お寺へ参詣(さんけい)し、時には団体旅行をすることぐらいの認識(にんしき)しか持ち合わせていない人が多いようです。
 あるいはまた(こま)った時に、神仏の加護(かご)を求めて参詣し、手を合わせ、(がん)をかけ、(まも)(ふだ)などを大事にすることが、信仰だと思っている人もあります。
 しかし、正しい宗教を信仰する目的は、一人ひとりの人間の生命の救済、つまり、(しょう)(ろう)(びょう)()四苦(しく)や、経済的な苦しみや対人(たいじん)関係の悩みなどを(ふく)む、人のいかなる苦悩にも打ち勝つ活力を与え、すべての人々に真実の幸福を築かせ、尊い人生を(まっと)うするための生き方を教えるところにあります。
 したがって、正しい宗教の持つ働きは、(たん)なる精神修養(しゅうよう)や気安めではないのです。
 正しい信仰は、何よりも人間の全生命の問題と、その生き方、人の幸・不幸にかかわる、実に重大な意義と働きと大きな価値(かち)を持っているのだということを知ってください。
 (かず)ある宗教の中にあって、一時の気安めや現実からの逃避(とうひ)ではなく、真に一切(いっさい)の人間の苦悩を喜びに変え、大難を乗り越えて、煩悩(ぼんのう)菩提(ぼだい)へ、(しょう)()涅槃(ねはん)へ、裟婆(しゃば)忍土(にんど)寂光(じゃっこう)楽土(らくど)へと転換(てんかん)させうる仏法こそ、日蓮大聖人の教えなのです。
 では、正しい信仰に、どのような功徳がそなわるかといいますと、
    (一)世界中の一切の人々を、真に幸せな即身成仏の境界(きょうがい)(みちび)くことができる。
    (二)強盛(ごじょう)な信仰を通して、御本尊に(たく)する願いや希望を成就(じょうじゅ)し、また、悩みや苦しみに打ち勝つ金剛心(こんごうしん)を育てることができる。
    (三)御本尊にそなわる題目の功徳によって、父母を救い、先祖代々の人々を成仏させ、また、未来の子孫(しそん)をも救済する福徳(ふくとく)()ることができる。
などがあり、そのほかにも正しい信仰の功徳は(かず)多くあります。
 日蓮大聖人は、妙法を信受する功徳について、
     「南無妙法蓮華経とだにも唱へ(たてまつ)らば(めっ)せぬ(つみ)や有るべき、来たらぬ(さいわい)や有るべき。真実なり甚深(じんじん)なり、(これ)信受(しんじゅ)すべし」(聖愚問答抄・御書406頁)
と教えられています。

折伏実践のために