信仰に反対する人へ


11 宗教は狂信、盲信のすすめではないか



 ここでいう「狂信(きょうしん)」とは、理性(りせい)を失い(われ)を忘れて狂ったように信ずることであり、「盲信(もうしん)」とは、ひとつの信仰に埋没(まいぼつ)し、わけもわからずむやみに信ずることです。
 この狂信・盲信について三つの点から考えてみましょう。
 まずはじめに数多い宗教、信仰のなかには明らかに教義として狂信・盲信をすすめているものがあります。たとえば霊媒信仰(れいばいしんこう)修験道(しゅげんどう)、あるいは(おど)る宗教などは忘我(ぼうが)(きょう)()(いた)ることが救いであり、理想であると説いています。また、キリスト教やイスラム教のなかには自宗に執着(しゅうちゃく)するあまり、教義の正邪ではなく、暴力やテロに(うった)える場合もあり、これも狂信のひとつといえましょう。
 さらに念仏(ねんぶつ)(しゅう)などは「他の教典はすべて()てよ、()じよ、(さしお)け、(なげう)て」と、()の教典を読むことを禁じ、禅宗なども不立文字(ふりゅうもんじ)只管(しかん)打坐(たざ)(しょう)して文字による教義理解を否定し、他宗の善悪(ぜんあく)を知ることさえ、きらいます。
 また、密教(みっきょう)やキリスト教のなかには、社会との交渉(こうしょう)()って、山奥(やまおく)閉鎖(へいさ)集団の中で生きることを()(じょう)の目的とするものもあります。
 このように、他の宗派や社会と隔絶(かくぜつ)することを説く宗教を信ずるならば、他の宗教と比較することもできず、独善(どくぜん)的な信仰となります。
 日蓮大聖人は、
    迷妄(めいもう)の法に(ちゃく)するが故に本心を失ふなり」(御講聞書・御書1858頁)
と説かれ、誤った教えによって本心たる理性が(うしな)われ、狂信になると教えています。また、
    ()()づ国土を(やす)んじて現当(げんとう)を祈らんと(ほっ)せば、(すみ)やかに情慮(じょうりょ)(めぐ)らし(いそ)いで対治(たいじ)を加へよ」(立正安国論・御書248頁)
(おお)せられ、社会の平和を実現させるためには、正法と邪法とをよくよく糾明(きゅうめい)して対応(たいおう)(きゅう)()しなければならないと説かれています。
 第二には、信仰修行の上での狂信・盲信についていえば、日蓮正宗の信仰修行は理性(りせい)(うしな)う狂信でもなく、わけもなく信ずる盲信でもありません。
 大聖人は、
    「行学の二道をはげみ候べし。行学()へなば仏法はあるべからず」(諸法実相抄・御書668頁)
と、修行とともに教学、すなわち教義の研鑽(けんさん)が大切であると説かれています。また、
    (すい)とは不信なり、(かく)とは信なり。今日蓮()(たぐい)南無妙法蓮華経と唱へ奉る時()(みょう)の酒()めたり」(御義口伝・御書1747頁)
と仰せられ、真実の正法を信じ唱題する時、()(みょう)という迷いの(きり)が晴れて真理に目覚(めざ)めるのであると教示されています。
 第三には、現実の例証(れいしょう)をもっていえば、大聖人は、
    「仏法を習ふ身には、必ず四恩(しおん)を報ずべきに(そうろう)か。」(四恩抄・御書267頁)
と、信仰者(しんこうしゃ)は人間の道として父母・衆生(しゅじょう)・国土、そして三宝(さんぼう)の四つの大恩を常に感じ、(むく)いるように教えられています。
 又、(しょく)()での(こころ)()として、
    「御みや()づかい()を法華経とをぼしめせ」(檀越某御返事・御書1220頁)
(さと)されています。このように常識をもち、社会人としての(つと)めに(はげ)むことが信仰者(しんこうしゃ)の道であると教えています。
 日蓮大聖人の願いとするところは、正しい仏法によって個人も社会もともに健全に発展し幸福境涯を築くことであり、日蓮正宗を信仰する者は邪法に迷う人々を目覚(めざ)めさせるために正邪を説き、(みずか)らの姿をもって信仰の尊さを示しているのです。
 しかも正法を信ずるならば仏力(ぶつりき)法力(ほうりき)によって、おのずと円満な人格と福徳(ふくとく)(そな)わり、社会人としても多くの人々の信頼と尊敬を受けていることはまぎれもない事実なのです。
 もしあなたが、信仰者の真剣な礼拝(らいはい)唱題の姿をとらえて、それを狂信だ盲信だと非難(ひなん)するならばそれは妄断(もうだん)であり、(あやま)りです。なぜならばそれはあたかも、職人(しょくにん)一心不乱(いっしんふらん)に仕事に打ち込み、運動会で子供が一所懸命(いっしょけんめい)に走っているところだけをとらえて、「気違いだ」「狂っている」と、はやしたてているようなものだからです。

折伏実践のために