信仰に反対する人へ


10 信仰をしていても悪い人がいるのではないか



 信仰していない人は、よく「信仰をしていても、こんなに悪い人がいるから信仰する気にならない」と言います。
 「悪い人」といっても、悪い考えに()まった人、悪い(くせ)を持った人、自分で気付かずに悪業(あくごう)(おか)す人などさまざまです。
 釈尊は、現代の世相を「()(じょく)悪世(あくせ)」と予言(よげん)しました。五濁とは
    (1)劫濁(こうじょく)(社会・環境に悪い現象が起きる)
    (2)煩悩(ぼんのう)(じょく)(いか)りや(むさぼ)りなどの悪心にとらわれた本能の(まよ)い)
    (3)衆生濁(しゅじょうじょく)(人間そのものの(にご)り)
    (4)見濁(けんじょく)(思想や考えの(みだ)れ)
    (5)命濁(みょうじょく)(生命自体の(にご)り、人命軽視(けいし)など)
をいいます。
 たしかに現代社会は科学技術の発展とは逆に、人間性は歪曲(わいきょく)され、貧困(ひんこん)になっていますし、社会全体の混迷(こんめい)汚染(おせん)はますます深刻(しんこく)になっています。まさしく釈尊の予言どおりの世相になっています。
 社会も時代も、そして個々の人間まで汚染されつつある現代は、悪で充満しているといっても過言(かごん)ではありません。そのような中で、健全な人生を築くために発心(ほっしん)して信仰の道に入っても、始めのうちは過去からの宿習(しゅくじゅう)因縁(いんねん)によって、また縁にふれて悪心を起こしたり、他人に迷惑をかける人もいるかもしれません。
 また世間で(つみ)(おか)した人が、最後の更正(こうせい)のよりどころとして信仰を(たも)ち、努力することも宗教の世界なればこそ当然であります。
 このような場合でも、正しい宗教によって信仰を実践(じっせん)していくうちに、悪い(さが)()ち切り、煩悩を浄化(じょうか)し、六根(ろっこん)清浄(しょうじょう)になっていくのです。日蓮大聖人は信心の功徳(くどく)について、
     「功徳とは六根清浄(ろっこんしょうじょう)果報(かほう)なり。所詮(しょせん)(いま)日蓮()(たぐい)南無妙法蓮華経と唱へ奉る者は六根清浄なり」(御義口伝・御書1775頁)
と仰せです、すなわち正しい教えである南無妙法蓮華経を信じ唱える者は、必ず六根〔(げん)()()(ぜつ)(しん)()〕のすべてが清浄な働きになると教えているのです。
 信仰の正当性を知るために大切なことは、それを信ずる人の姿を見て判断するのではなく、信仰の対象(たいしょう)である本尊や教義の正邪をもってその価値(かち)を決しなければならないのです。釈尊は、
    「法に()りて人に依らざれ、()に依りて()に依らざれ」〔涅槃経(ねはんぎょう)
と説いています。
 信仰をしている人を部分的な表面や風評(ふうひょう)をもって批判することは(だれ)にでもできるでしょう。しかし批判者(ひはんしゃ)にはそれ以上に()るものはなにもないのです。むしろ、正法の信者を誹謗(ひぼう)するという大きな罪を作っているかもしれません。
 一方、正しい信仰を根本として、過去の悪業や弱い自分と(たたか)いながら仏道に精進(しょうじん)している人は、当初(とうしょ)(はずか)しい思いをするかもしれませんが、将来必ず目標に到達し、真実の幸福境涯を築き、周囲の信頼(しんらい)と尊敬を集めることができるのです。
 もし万が一にも、正しい信仰を持ちながら平気で悪事をなすならば、その人は仏法に(きず)をつける罪によって仏罰(ぶつばち)を受けるでしょう。しかしそれもまた、その人を善導(ぜんどう)するための仏の慈悲(じひ)のあらわれであり、いかなる人も必ず正しい人生を(あゆ)むようになるのです。


折伏実践のために