聖教新聞・2014年(平成26年)11月8日(土)より転載
 
 「創価学会会則 教義条項」の改正について  全国総県長会議から(要旨)
 
 世界広布新時代へ更なる飛翔
 日蓮仏法の本義に基づいた会則変更
 自行化他の実践で「人間革命」を成就
 
   原田 会長
 折伏・弘教、聖教拡大、そして教学試験を通しての人材(はい)(しゅつ)と、()()ましい広布(しん)(てん)の中で、お元気な池田先生・奥様と(とも)に、晴れやかに「創立の月」を(むか)えることができました。本当に、おめでとうございます!
 聖教新聞の拡大にあっては大きく部数を()やしていただき、(まこと)にありがとうございました。また、(かん)()の折伏のエピソードも、たくさんうかがっております。
 弘教・拡大に(ふん)(とう)する同志の代表には、「11・18」記念カードも授与されます。折伏と聖教拡大のさらなる()(しお)で、創立の月を(そう)(ごん)してまいりたい。
 今月23日に(おこな)う教学部任用試験については各地とも(がん)()ってくださっています。
 今まで活動に消極的だった(かた)、未入会家族、また(かい)(ゆう)の方など、さまざまな方がいらっしゃると思います。
 「地区2人以上の合格者」の輩出を目指して、試験当日に(みな)(いさ)んで受験できるよう、共に学び、真心からの(げき)(れい)を行っていきたいと思います。
 そして今月末より、いよいよ(ざい)()(のう)(きん)が始まります。
 世界広布新時代の(やく)(しん)(ささ)える大切な財務です。広布部員全員に(ふく)(とく)と功徳があふれるよう、絶対無事故を真剣に祈り、(てい)(ねい)に推進してまいりたい。
 ここ数年、財務を悪用して()()(くわだ)てた()(れい)(はっ)(せい)しています。また一般的にも、詐欺の()(ぐち)が非常に(こう)(みょう)になっています。絶対に()()まれる方が出ないよう、注意を(かん)()して、大成功の財務にしてまいりたいと思いますので、(なに)(とぞ)よろしくお願い申し上げます。
     ◇
 次に、創価学会の会則の改正について申し上げます。
 私どもは、池田先生の指導のもと、昨年11月、広宣流布(だい)(せい)(どう)(こん)(りゅう)によって世界広布新時代を(かい)(まく)し、日本も世界も、新たな歓喜の前進を開始いたしました。
 広宣流布大誓堂にはすでに世界102ヵ国・地域の同志を迎えております。日本各地から、世界から、大誓堂へ、大誓堂へ≠ニいう(とう)(とう)たる信心の流れは着実に(いきお)いを()し、(めい)(じつ)ともに、創価学会の「世界広布新時代」、すなわち、世界宗教としてのさらなる(やく)(どう)が開始されたのであります。
 この世界広布の大いなる流れを決定づけたのは、ひとえに、池田先生の(だい)(とう)(そう)と未来を(てん)(ぼう)する(こう)(そう)にあったことは、いうまでもありません。
 とりわけ、平成3年(1991年)、日蓮正宗宗門が創価学会を()(もん)し、広宣流布を(はば)()(ほん)(しょう)(あらわ)した際に、先生がその時を(とら)えて「(たましい)の独立」を(せん)(げん)されたことが、重要な(ぶん)()(てん)でした。
 その魂の独立から23年。先生の指導通り、世界広宣流布の(あゆ)みは日本において(いちじる)しく伸展しただけでなく、世界192ヵ国・地域にまで広がる大発展を()げました。
 この間、宗門と(けつ)(べつ)してから入会した会員も多く、(こう)(けい)の青年部もたくましく成長し、前進を続けています。
 明年は創価学会創立85周年、池田先生の会長(しゅう)(にん)55周年、SGI(ほっ)(そく)40周年の()(せつ)であり、学会は、いよいよ世界宗教として、新たな段階へ()(しょう)する時を迎えたのであります。
 今回、こうした(けい)()と世界教団としての発展の状況に(かんが)み、学会の会則の第1章第2条の(きょう)()(じょう)(こう)を、創価学会の宗教的(どく)()(せい)をより明確にし、世界広布新時代にふさわしいものとするとともに、現在の創価学会の信仰の(じっ)(せん)・実態に(そく)した(もん)(ごん)にするために、改正いたしました。
 この改正は、本日、(しょ)(てい)の手続きを()て、総務会で議決されましたので、ご報告いたします。
 これまでの条文では「この会は、日蓮大聖人を(まっ)(ぽう)()(ほん)(ぶつ)(あお)ぎ、(いち)(えん)()(だい)(そう)()(さん)(だい)()(ほう)の大御本尊を(しん)(じゅ)し、日蓮大聖人の御書を根本として、日蓮大聖人の()(ゆい)(めい)たる一閻浮提広宣流布を(じつ)(げん)することを(だい)(がん)とする」となっておりました。
 この会則は平成14年(2002年)に改正されたものです。
 当時、宗門との(そう)(ぞく)()(ごう)時代に信仰実践に(はげ)んできた会員の皆さまの感情や歴史的な(けい)()()まえ、この「一閻浮提総与・三大秘法の大御本尊」については、「弘安2年(1279年)の大御本尊」を指すとの説明を行っていました。
 それを今回、次の通りにいたします。
 「この会は、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、根本の法である南無妙法蓮華経を()(げん)された三大秘法を信じ、御本尊に()(ぎょう)()()にわたる題目を(とな)え、御書根本に、各人が人間革命を(じょう)(じゅ)し、日蓮大聖人の御遺命である世界広宣流布を実現することを大願とする」
 以下、改正条項の内容について説明いたします。
 最初の「この会は、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ」は、(じゅう)(らい)の会則から表現に(へん)(こう)はありません。
 次の「根本の法である南無妙法蓮華経を具現された三大秘法を信じ」という部分について説明いたします。
 大聖人は、宇宙と生命に(ない)(ざい)する根本の法を南無妙法蓮華経であると明らかにされました。そしてそれを、末法の全民衆の(じょう)(ぶつ)のために三大秘法、すなわち、本門の本尊・本門の題目・本門の(かい)(だん)として具体的に(あらわ)されたのであります。
 末法の衆生のために日蓮大聖人御自身が()()(けん)された十界の文字(まん)()()と、それを(しょ)(しゃ)した本尊は、(すべ)て根本の法である南無妙法蓮華経を具現されたものであり、(ひと)しく「本門の本尊」であります。
 そして、「本門の本尊」に唱える南無妙法蓮華経が「本門の題目」であり、その唱える場がそのまま「本門の戒壇」となります。
 改正のこの部分は、その大聖人の法門を信ずるということであります。
 次に、「御本尊に自行化他にわたる題目を唱え」という部分について説明いたします。
 世界広布新時代(かい)(まく)から躍進へという世界広布の伸展が()(そく)しつつある時代性を踏まえて、信仰の(ほん)()をあらためて明確にしたいと思います。
 大聖人の仏法は、(ばん)(にん)(ひら)かれたものであり、三大秘法はあくまで一人一人の信仰において受け止められなければなりません。
 ある場所に(とく)(てい)の戒壇があり、そこに安置する御本尊が根本の御本尊で、その他の御本尊はそれにつながらなければ(りき)(ゆう)(はっ)()されないという、あたかも(でん)(げん)(たん)()≠フ関係であるかのような本尊観は、世界広宣流布が事実の上で伸展している現在と将来において、かえって世界広布を()(がい)するものとなりかねないのであります。
 大聖人の仏法における信仰の本義は、「根本の法である南無妙法蓮華経を具現された三大秘法」を信じることにあります。具体的には、広宣流布を願い、御本尊を(じゅ)()(ひろ)めるという自行化他の実践であり、それは日々の学会活動そのものであります。そのことを「御本尊に自行化他にわたる題目を唱え」と表現いたしました。
 
 魂の独立から23年
 大謗法の宗門とは全く無関係
 広宣流布のための御本尊を学会が認定
 
 「受持」とは、「受持(そく)(かん)(じん)」の法理に(しめ)される通り、南無妙法蓮華経という根本の法が具現された御本尊を信じ、(しょう)(だい)することによって自身の(うち)にある仏界が()(げん)するのであります。したがって、御本尊の(りき)(ゆう)は、自行化他の実践があるところに発揮されるのであります。
 大聖人の御本尊は、「法華()(つう)のはたじるし」(御書1243n)、すなわち民衆(きゅう)(さい)のための御本尊であり、広宣流布のための御本尊であります。御本尊は広宣流布の(せい)(がん)、信心で(はい)してこそ御本尊の力用が発揮されます。
 創価学会は、大聖人の御遺命である広宣流布を実現するために、宗門と僧俗和合し、弘安2年の御本尊を信受してきました。
 しかし、宗門はいつしか()(らく)し、(ころも)(けん)()(かさ)()て信者を(べっ)()し、創価学会を破門する(ぼう)(きょ)に出ました。さらに(ほっ)()()(しょう)(しゃ)(しゅつ)(げん)によって、(えい)(えん)に法主が()(ざい)となり、宗門のいう法主の(けつ)(みゃく)なるものも(だん)(ぜつ)しました。(たい)(せき)()はすでに(だい)(ほう)(ぼう)の地と()し、世界広宣流布を目指す創価学会とは(まった)く無関係の(そん)(ざい)となったのであります。
 魂の独立以来、学会員は皆、大石寺に登山することもなく、弘安2年の御本尊を拝することもなかったわけであり、各人の御本尊に自行化他にわたる題目を唱えて(ぜつ)(だい)な功徳を受け、宿命転換と人間革命を成就し、世界広布の拡大の実証を示してきたのです。まさに、これが会員が実践し、実感しているところなのであります。
 創価学会は、大聖人の御遺命の世界広宣流布を推進する(ぶつ)()(ぶっ)(ちょく)の教団であるとの自覚に立ち、その責任において広宣流布のための御本尊を(にん)(てい)します。
 したがって、会則の教義条項にいう「御本尊」とは創価学会が受持の対象として認定した御本尊であり、大謗法の地にある弘安2年の御本尊は受持の対象にはいたしません。世界広布新時代の時を迎えた今、将来のためにこのことを明確にしておきたいと思います。
 次に、「御書根本に」の部分は、(じゅう)(ぜん)の会則と内容的な変更はありません。
 最後に、「各人が人間革命を成就し、日蓮大聖人の御遺命である世界広宣流布を実現することを大願とする」について説明いたします。
 池田先生の小説『人間革命』の(しゅ)(だい)は、「一人の人間における()(だい)な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも()し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする」であります。世界広宣流布の実現といっても、個人における一生成仏、すなわち人間革命の成就により成し遂げられるものであることから、教義条項の中に「各人が人間革命を成就し」との文言を(あら)たに(くわ)えました。
 また、これまでの「一閻浮提広宣流布」を「世界広宣流布」と現代的な表現にあらためました。
 以上を踏まえて、今回、会則の教義条項を改正いたしました。
 今回の改正は、これまでの創価学会の信仰の基本を、大聖人の仏法の本義に立ち(かえ)って明確にしたものであります。したがって、学会員が各人の御本尊に自行化他にわたる唱題をし、それによって自身の人間革命を成就し、世界広宣流布を実現するという学会活動の基本は、これまでと何ら()わりません。
 明年はSGI発足40周年。さらに2001年から2050年を目指して7年ごとの前進を()す「第2の七つの(かね)」の2番目の鐘が()()わり、3番目の鐘を打ち鳴らす重要な2015年であります。
 文字通り、世界宗教への(たい)(せい)(かた)めた()が学会は、先生の指導のもとに、一段と広布の歩みを世界に広げて躍進してまいりたい。世界広布の新たな誓願に()えて出発を切っていきたいと思います。