大白法・平成8年10月16日刊 (第465号より転載)  信行を磨く (7)
 我が弟子等 大願ををこせ
高野日海御尊能化
 
 暑さ寒さも彼岸までと言いますが、一年で最も(しの)ぎよい秋が訪れ、仏道修行にはもって来いの季節となりました。
 この十月一日は『聖人御難事』が下されて、日蓮大聖人が本懐を遂げたと御宣言あそばされた日であり、また十二日は一閻浮提総与、本門戒壇の大御本尊が御建立になった、まことに意義深い記念日でもあります。
 その上、宗門の最も大切な御会式が、全国津々浦々の末寺で連日奉修される尊い月ですから、私たちの信心は(いや)が上にも燃え盛り、その歓喜は絶頂に達して止まる所を知りません。
 そこで『聖人御難事』の一節ですが、
    「此の法門申しはじめて今に二十七年、弘安二年太歳己卯なり。仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二十余年に、出世の本懐を遂げ給ふ。其の中の大難申す(ばか)りなし。先々に申すがごとし。余は二十七年なり」(平成新編御書 一三九六n)
 本懐とは、この世に生まれ合わせた大目的、役目のことであります。
 それを、仏は『法華経』を説くために、天台大師は『摩訶止観』を、そして伝教大師は、迹門の円頓戒壇を建立されるために世に出現され、それぞれ四十余年、三十余年、二十余年をもって、それらを成就したと述べ、続いて日蓮大聖人は、立教開宗の建長五年(一二五三)から二十七年目の弘安二年(一二七九)に、末法万年の一切衆生済度のために、本門戒壇の大御本尊を建立、その本懐を遂げたと申されたのであります。
 この明々白々たる本懐成就の御宣言を、他門徒はどうしても、本門戒壇の大御本尊御図顕のことであると認められません。ただ二十七年間の忍難弘教の回顧を(つづ)ったまでとのみ、強弁するのであります。
 この歪曲は、どこから起こるのでしょうか。本門戒壇の大御本尊は信心の根元、ここから一切の御法門は繰り広げられますから、これを承服しますと、自分たちが今まで勝手に立てて来た、不相伝の(ひが)(ほう)(もん)(ことごと)くが崩壊し、日蓮正宗の軍門に(へい)()す屈辱を、味わわなければならないからであります。
 一文不通、最下の農夫たちが不惜身命の信心を貫いたところに、熱原の法難は(じゃっ)()しました。ここに名字凡夫の一切衆生をお救いくださる、日蓮大聖人の御化導の本懐が成就し、
    (いま)(まさ)しく()()(とき)なり (けつ)(じょう)して(だい)(じょう)()く」(新編法華経 一〇九n)
と、時を知り機を感じて、本門戒壇の大御本尊を御建立あそばされました。
 実際、この弘安二年には、熱原法難と本門戒壇の大御本尊御図顕以外に、本懐成就と呼ばれるような御事蹟は、一つも見当たらないのであります。それから御相承であります。
    「日蓮(いち)()の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付嘱す、本門弘通の大導師たるべきなり。国主此の法を立てらるれば、富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり」(日蓮一期弘法付嘱書 御書一六七五n)
    「日興が身に宛て給はる所の弘安二年の大御本尊は、日目に之を相伝す。本門寺に懸け奉るべし」(日興跡条々事 御書一八八三n)
 熱原法難と戒壇の大御本尊と、『日蓮一期弘法付嘱書』と『日興跡条々事』は、四つが一つ、一連の脈絡をもって、その本懐成就並びに日蓮正宗の正統性を証明するのであります。
 広宣流布の暁に、本門寺の戒壇堂に御安置される大御本尊は、日興上人から日目上人に伝えられて今に七百年、厳然と我が山大石寺に格護され、他の何処(どこ)にもこれに替わる御本尊は(ましま)さないのであります。
 ですから広布への御奉公を、なづきを砕いて命の限り続けた所で、その暁に御安置申し上げる御本尊を御用意できなければ、永遠にその完結を見ることはできないのであります。
 ここに創価学会が、どんな美辞麗句を連ねて(けん)(きょう)()(かい)しようにも、日蓮教団の何処がどう足掻(あが)こうとも、元より広宣流布は達成できない相談、(まさ)に、
    「猿をはなれて肝をたづねしはかなき亀」(曾谷入道殿御返事 御書一一八八n)
と、揶揄(やゆ)されるところであります。
 故に日蓮正宗の我等以外に、広宣流布の御遺命を完結する者は、この世にいないとの(きょう)()のもと、御法主上人猊下の御指南に信伏随従、弥々(いよいよ)の折伏・再折伏行に精進しなければならないのであります。
 仏になる道は(けわ)しく容易ではありません。熱原法難の信心の余りの有り難さ尊さに、日蓮大聖人は上野殿に『竜門御書』を下されました。その中で、滝壺の鮒が滝を登り切れば竜に成れるが、水の勢いに押し戻され、鷲鷹に喰われ、漁師に捕われて、万に一つも登り切れないように、成仏も三障四魔に陥され、悪知識にたぶらかされて、なかなか成道を全うできません。
 これを成し遂げるために、
    「願はくは我が弟子等、大願ををこせ」(上野殿御返事 御書一四二八n)
と、不自惜身命の信心に立つことを促されます。
    「法を行ずる者は其の師の(あと)()むべし」(念仏無間地獄抄 御書四一n)
と、また、
    「日蓮が弟子と云って法華経を修行せん人々は日蓮が如くにし候へ」(四菩薩造立抄 御書一三七〇n)
とあります。日蓮大聖人仰せの大願とは一体、何でありましょうか。『開目抄』には、
    (せん)ずるところは天もすて給へ、諸難にもあえ、身命を()とせん。(中略)大願を立てん。(中略)父母の首を()ねん、念仏申さずば、なんどの種々の大難出来すとも、智者に我が義やぶられずば用ひじとなり。其の外の大難、風の前の(ちり)なるべし。我日本の柱とならむ、我日本の眼目とならむ、我日本の大船とならむ等とちかいし願やぶるべからず」(御書 五七二n)
 南無妙法蓮華経の信心を行ずるところ、諸天は昼夜に常に法のためにこれを衛護すると言うが、それも無くて佐渡の島に流され、その命は風前の灯火である、受持信行の者は、現世安穏後生善処とあるが、大難四カ度、小難数を知らず、一日片時も安穏の日とて無く、
    「我が身の法華経の行者にあらざるか」(御書 五四一n)
とまで反問され、そこに天の加護があろうと無かろうと、どんな難が押し寄せようとも、もうそれらのことには左右されない、念仏の信心に変わるならば社長にしよう、昇進させよう等の甘い誘惑にも(だま)されまい、折伏を()めなければ首を切るぞとの(おど)しにもたじろぎません、世の知者学匠によって、この三大秘法の仏法が最勝第一で無いと打ち破られない限り、
    「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」(御義口伝 御書一七二四n)
の旗印は死んでも降しません。
    如来(にょらい)(しつ)()り、如来の(ころも)()、如来の()()して、(しか)して(いま)()(しゅ)(ため)(ひろ)()(きょう)()くべし」(新編法華経 三二九n)
 如何(いか)なる(はずかし)め、杖木の諸難が迫っても、じつと耐え忍び、我慢して、あくまでも相手の苦しみ悩みを救うという大慈悲心のもと、この三大秘法の大御本尊に無二の信心を尽くす、この信行以外には絶対に救われないと、堂々と言い切っていきます、これが大聖人以来、日蓮正宗に伝わる血脈付法相伝の信行であり、大願であります。
 御法主日顕上人猊下のもとに一致団結して、この意義ある十月、題目弘通の大願を立て、弥々の大前進を敢行してまいりましょう。
目次へ戻る