大白法・平成8年7月16日刊 (第459号より転載)  信行を磨く (4)
 『立正安国論』を現代に
青山聴瑩御尊師
 
 平成七年一月十七日午前五時四十七分、突然の激しい揺れに飛び起きると同時にNHKテレビのスイッチを入れていた。振幅がゆるいから震源地は遠いが、ここが震度三くらいの揺れだと、震源地での被害の大きさと恐ろしさは、新潟地震の時の経験からもすぐに想像ができた。
 一分もしないうちに、NHKの画面に「ただ今、東海地方に強い揺れを感じました」とのテロップが流れ、「本山は?…正本堂は?…猊下は?…」と一瞬心臓の止まる思いがした。これが昨年の「阪神・淡路大震災」の幕開けだった。やがて彦根・震度四、京都・震度五と報道され、神戸の悲惨な状況が伝えられることになったが、その時はまだ、「兵庫の年」との池田大作の掛け声で、前日、前々日に神戸・兵庫方面の学会員に「ニセ本尊」が大量に配布されたとは、夢にも思わぬことだった。
 『立正安国論』で大聖人様は、
    (つらつら)()(かん)を傾け(いささか)か経文を(ひら)きたるに、世(みな)正に(そむ)き人(ことごと)く悪に帰す。故に善神国を捨てゝ相去り、聖人所を辞して還らず。(ここ)を以て魔来たり()来たり、(さい)起こり(なん)起こる」(御書 二三四n)
と仰せられ、阪神・淡路大震災のような大災難は、人々が妙法の正法に(そむ)き、謗法の悪法に帰依したが故に、悪鬼魔神が入り込んで災難を引き起こすと御指南された。
 この阪神・淡路大震災は、池田創価学会の大謗法・大悪業に対する鉄鎚(てっつい)でもある。その原因が前日の「ニセ本尊」の大量配布にあることは、宗内の衆目の一致する処であり、学会自身が一番自覚している点である。その証拠に学会員の被害の数字が未だに全く公表されていない。
 これは、死亡者や被害者があまりにも多過ぎて、「現証、現証」と教えて来た会員には、知らせられない程の大きな数であったからであろうことは、想像に難くない。
 法華講員にも被災された方がおられたが、御本尊様の御加護を賜り、ご家族も皆一生懸命に耐えて、最後の御親教を本年迎えられたことは、不幸中の幸いであったと思う。
 『安国論御勘由来』には、
    @ 正嘉元年(一二五七)の大()(しん)
    A 同 二 年(一二五八)の大風
    B 同 三 年(一二五九)の大飢饉
    C 正元元年(一二五九)の(だい)(やく)(びょう)
    D 同 二 年(一二六〇)の大疫病・飢饉
          (御書 三六七n)
等の御記述が見られ、この他にも大雨、洪水等の天災地変が絶え間なく当時の鎌倉を襲ったのである。このような災難は、
「他国より此の国を破るべき先相なり」(御書 三六九n)
喝破(かっぱ)された大聖人様は、熟慮の後、一大決断をなされて、文応元年(一二六〇)七月十六日に『立正安国論』を幕府に(てい)(じょう)せられ、邪教・邪師による国土安穏の()(とう)は、正法誹謗の(とが)により、返って我が身、我が国土を滅ぼす結果を招く。もし国土が壊滅したら「仏法の破滅は疑いなきものである」とまで仰せられ、「天下の大災害を招くのは悪法の充満とその祈祷によるものであり、末法の正法をもって国土の安穏を祈るのでなければ、天下万民の安穏は得られない」と主張せられたのである。
 今、この趣旨で現代を考えてみれば、「昭和・平成に池田大作という増上慢の者有り。悪鬼其の身に入り、国中の上下万民を惑わし、会員の人々皆池田教の信奉者となり、存外に総本山への御帰依薄くなり、法華真実の教を見捨てる有様(ありさま)である。故に守護の諸大善神、法味を喰らわずして威光を失い、国土を捨て去り、代りに悪鬼が便(たよ)りを得て災難を致す。是が阪神大震災である」と『安国論御勘由来』の御文を当てて、読み替えることができる。
 御書の御文がそのまま当てはまるということは、今日の池田大作のような増上慢が未来に出現することを、大聖人様の御眼はすべてお見通しであり、御本仏の御仏智の偉大さを改めて深く拝することができる。
 このことからしても、御法主上人猊下が、また宗門が取った措置が正しかったということを改めて認識することができるのである。
 学会員は「『ニセ本尊』大量配布の翌日、この大震災が起きた」ことの現実を、現証として厳しく受け止めるべきで、それができないのであれば、今後一切「現証などとは口にするな」と言ってあげよう。
 この大謗法の創価学会を、社会全体が認めるから「大災害」に()ったということが「総罰」であり、その中で特に学会員居住者が多い地域に悲惨な被害が集中していたということは、池田創価学会に対する「別罰」と言えるのである。
 大聖人様当時の、「法然」の邪義・邪法にも等しい悪法に変質した創価学会は、
    ()かず()の万祈を修せんよりは此の(いっ)(きょう)を禁ぜんには」(御書 二四一n)
の『立正安国論』の御言葉のごとく、当に禁止されるべき一凶となり果てたのは誠に哀れである。
 御法主日顕上人猊下は、兵庫布教区御親教の砌に、前記『立正安国論』の御文について、
    「これは、三世十方法界の一切のなかにおいて、正法と邪法、善悪の問題が一番根本の鍵となっておるということの御指南であります」(大白法 四五四号)
と御教示なされ、さらに法然に関連して、
    「法然は法華経までも爾前経に入れてしまい、念仏だけが一切を救う教えであるということを言って(中略)仏様の教えをないがしろにして仏法を撹乱(かくらん)する、大謗法であります」
    「そこで、大聖人様は『立正安国論』等において厳しく破折あそばされ、その謗法の根源をはっきりと指摘されたのであります」
    「そのころは謗法の現証が実にはっきり出たのです」
    「しかし、時代が変わってくると、謗法の姿というもの、悪業の現れ方も変わってくるのです」
    「いかに隠そうと、また、形を変えようと(中略)仏様の心に背いた教えには悪業による苦悩しかないことは、今日に至っても絶対に変わらないところであります」(大白法 四五四号)
と厳しい御指摘をなさっている。
 今や謗法の中の最大謗法集団と化し、御戒壇様と御法主上人猊下に背き奉り、邪教の固まりとなった池田創価学会は、その巧妙な捏造(ねつぞう)「物語り」と「作り話」で、宗門に対する会員の憎悪の炎を燃え盛らせ、政治権力と洗脳した会員を利用して、宗門並びに御法主上人猊下の誹謗を繰り返すやり方は、大聖人様御在世当時の邪宗の僧等が、鎌倉の無智な庶民や幕府の要人の女房を(そそのか)し、暴力や権力をもって、大聖人様や門下に迫害を加えたやり方と何等変らない。
 「四条殿」や「富木殿」をはじめとする多くの檀那方が、大聖人様を幕府や邪教の者たちの攻撃から身をもってお護り申し上げたように、平成の今の法華講も御法主上人猊下をお護り申し上げ、謗法を破折し正法を立て、民衆の幸せと国土の平和・安穏実現への光明を高く掲げ、三世の大道を進んで行こう。
 この『立正安国』の実現に努力して行ってこそ、法華講の存在価値がある。
 さらに、今、未来に向かっての信仰活動の要諦(ようてい)として、御法主上人猊下の御指南により夏期講習会が行われ、皆様の信行学の研鑽・錬磨が行われている。必ず参加し、宗門の正しい伝統の信仰と行学を体得することが、法統相続と他に対して正しく法を伝える第一歩である。
 『諸法実相抄』には、
    「日蓮一人はじめは南無妙法蓮華経と唱へしが、二人三人百人と次第に唱へつた()ふるなり。未来も又しかるべし。是あに地涌の義に非ずや」(御書 六六六n)
と仰せられ、続々と大聖人様に続く地涌の眷属の出現を期待せられている。
 法華講は、この地涌の眷属の一員として出現した方々の集まりですから、(けい)()浅識(せんしき)不解(ふげ)()(しん)等から起こる誹謗・怨嫉・慢心を戒め、自身仏界の境界を心がけ、現代に大聖人様の御理想たる立正安国を実現し、広宣流布大願成就をめざして、国の内外を問わず、法華講が大きな弘教活動の渦を起して行くべき時を迎えているのである。
 平成十年、新客殿落慶の暁には、正面に「不開の門」が再び移設せられる。御法主上人猊下の御構想実現に向け、僧俗一同全力で御奉公申し上げ、「不開の門」の開く日の一日も早からんことを願い、七月十六日を期し、さらなる活動に取り組もう。
目次へ戻る