大白法・平成8年6月16日刊 (第457号より転載)  信行を磨く (3)
 参詣遙かに中絶せり、急ぎ来臨を企つべし
秋山日浄御尊能化
 
 陽光(さん)と輝く六月。第二回夏期講習会が始まった。昨年の第一回目は、各指導教師も法華講の幹部も、初めは多少戸惑ったが、本年は万全だ。せっかくの講習会だ、しつかりと信行を(きた)えて欲しい。
 過日、御山の宿坊でお茶を飲んでいると、某師が独り無意識で(つぶや)いていた。「参詣(はる)かに中絶せり。急ぎ急ぎ来臨(らいりん)(くわだ)つべし…」と。
 以来、この一文が私の頭から離れない。大聖人聖寿六十才、弘安四年九月、二十三才の南条時光殿が病の身でありながら、身延の山中で、不自由な生活をなさっている大聖人を(しの)び奉り、御供養の品々を使いを以てお届けした。使いの者より、時光殿の病を知って心を痛められた大聖人が、筆を取られ激励されたのが、この御書である。
    一、此の(みぎり)に望まん(やから)は無始の罪障(たちま)ちに消滅し、三業の悪転じて三徳を(じょう)ぜん
    二、参詣遥かに中絶せり。急ぎ急ぎに来臨を企つべし。(これ)にて待ち入って候べし (南条殿御返事 御書一五六九n)
と。はじめに教主釈尊より、「末代法華経の行者」への供養の徳の偉大さを(たた)え、大聖人(御本仏)の在す所、何処(いずこ)たりとも「真の霊山・事の寂光土」であり、諸願成就の所なる故に、病い等に負けず、早々に登山せよ≠ニ激励、登山参詣を(うなが)された尊い()(しょ)である。
 南条時光殿といえば、私たちの総本山開基の大旦那である。
    「此の者嫡子となりて、人もすゝめぬに心中より信じまいらせて、上下万人に、あるいはいさめ或はをどし候ひつるに、ついに捨つる心なくて候へば、すでに仏になるべしと見へ候」(法華証明抄 御書一五九一n)
と、大聖人御自ら、生涯強盛な信心を貫いた姿を()で、「水の如き信心・尊し」と、また「上野賢人」とも称せられ、またこれを証するために、前述の『法華証明抄』は、「伯耆房に下す」と日興上人の御名で賜っている深意を私たちは拝さなくてはいけない。
    「此の御房は正月の内につか()わして、御はかにて自我偈一巻()ませんとをもひてまい()らせ候」(春之祝御書 御書七五八n)
と、文永十二年正月、大聖人は日興上人を(みょう)(だい)として、父(ひょう)()(しち)(ろう)殿の墓に代参(だいさん)せしめた。日興上人三十才、時光殿十七才の時、おそらくこれが両者の初対面であろう。しかし、幼少七才にして父を亡くし、地頭職と法統を()いだ時光殿としては、「師厳道尊」を三業に実践する日興上人を知り、以来「師・兄」の(ちぎ)りを結び世出両面にわたって頼り、宗開両祖に献身的に仕えた。
 また、熱原法難においても、(しょう)()(ぼう)、能登房、()(ごえ)の尼等が権力の魔の前に退転し、逆に攻撃する中にも、地頭職にありながらも、率先、命のまま、
    「たゞをかせ給へ。梵天・帝釈等の御計らひとして、日本国一時に信づる事あるべし」(上野殿御返事 御書一一二三n)
の金言を信じ、日秀・日弁等の隠れ家をはじめ、信徒の激励に尽力奔走した。
 故に法難後も幕府の(おぼ)えめでたからず、
    「わづかの小郷にをほくの公事(くじ)せめにあてられて、わが身はのるべき馬なし、妻子はひきかゝるべき衣なし」(上野殿御返事 御書一五二九n)
と、正月を三日後に控えて幼子に晴着の一枚も買えぬ困窮せる生活の中にあっても、延山の奥深き雪中、寒苦を忍ぶ大聖人に思いをはせ、御供養の品々を絶やすことがなかった時光殿の信心は、祖滅後もそのまま日興上人に捧げられた。
 身延離山の折は一家をあげて日興上人を自邸に懇請し、自領を供養し、一門を督励(とくれい)し、大石寺を建立した。
    「南條兵衛七郎ノ子息七郎次郎平ノ時光者、日興第一ノ弟子也。仍テ申シ與フル所件ノ如シ」(歴代法主全書一巻九二n)
と『弟子分帳』にあるのも当然である。
 この時光殿に「釈尊よりも末代法華経の行者」が(すぐ)れている由縁を『法師品』の文を引かれ、供養に事寄せ勝劣を明かし、御自身が本仏であると示されている。これについて日寛上人は五義を挙げ、
    「一には謂わく、本地と垂迹、二には謂わく、自行と化他、三には謂わく、名字凡身と色相荘厳、四には謂わく、人法体一と人法勝劣、五には謂わく、下種の教主と脱益の化主」(六巻抄 二九〇n)
と、自受用身たる末代法華経の行者、日蓮大聖人が勝れていることを明かしている。『血脈抄』に、
    「某は下種の法主」(御書 一六八〇n)
と仰せの大聖人が、「日蓮が魂」を戒壇の御本尊に(とど)め置かれた所こそ、(しょう)(しん)の大聖人の所住の所、一切所願成就の道場なる故に「早々に登山参詣せよ」と促されている。
 私たちの信心修行の中で、すべてに最優先すべきは、生身の大聖人たる戒壇の大御本尊への御目通りであり、総本山への登山である。戒壇の御本尊に御目通りし、無始以来の罪滅と諸願成就を願い、御法主上人に御指南を(いただ)く、これが信心の根本である。
 故に御在世においても、四条金吾殿、また女人の身ながらも、日妙殿は佐渡へ、また、九十の坂を越えて阿仏房は三度延山へ千里を遠しとせず、共に大聖人の(もと)()(こう)している。
 また、滅後も加賀百万石を相手に城内の下級武士が百五十年にわたり、唯、正宗の末寺が城下にないという一事で厳しい藩の禁制弾圧を受けながらも、めげず、正法護持・広布の折伏を展開し、ただ一つ、御法主上人猊下を「我が父」と頼み、厳しい役人の監視の目を盗み藩を出国、御供養の品々を背に一路百五十里、富士大石寺をめざし、厳寒雪中の山谷を越え「戒壇の御本尊と我が父御法主上人猊下」への御目通りを楽しみに登山。無事参詣ができても、帰国すれば、待っているのは閉門入牢の(とが)。それでも「信仰には難は当然」と愚痴一つ言わず、厳しい監視、弾圧の中にも、驚くことに金沢法華講員は「一生の中、一度は必ず全員が登山」したという記録が今に残っている。この事実を見る時、今の私たち法華講は何と恵まれていることであろう。
    「広布の時来らざれば御開扉せず」
と申されている「生身の大聖人、戒壇の大御本尊」も、法華講に名を連ねている故に、御法主上人猊下の御慈悲で内拝を許され、その上講習会では、唯授一人の御法主上人猊下より直接御指南をも受けることができるのである。これも「時」である。幸いなるかな、今順縁広布、平成の年を迎えて、宗門は異体同心・僧俗一致して「立宗七百五十年、慶祝三十万登山」をめざし前進している。
 これを成功に導くのも、今の私たちの信行、本年の各支部目標達成の成否にかかっているということを、お互い自覚していただきたい。
 時は六月。愈々本年の後半戦である。この闘いを有利に進めるためにも、今始まっている総本山での「夏期講習会」に勇躍歓喜して参加しよう。大聖人は、
    「急ぎ急ぎに来臨を企つべし。是にて待ち入って候べし」(御書 一五六九n)
と。
 さあ、大聖人様がお待ちあそばす総本山大石寺に参詣して信行を共に磨こう!
目次へ戻る