大白法・平成10年6月16日刊 (第504号より転載)  信行を磨く (24)
 
 立正安国論の七月、折伏・決戦の時、
     本年度の誓願を達成しよう!
秋山日浄御尊能化
 
 御法主上人の御指南のもと、全僧俗が万感の決意でスタートを切った「革進の年」も、中盤戦にさしかかった。「本年度の誓願達成は、どうなっているかな」などと考えていると、はや『安国論』の七月が迫ってきた。
 がんばらなくては!
 殊に本年は法華講にとって、各自がすべてを有終の美で飾る大勝利の年にしなければならない大事な年である。それは本年が「革進の年」に相応(ふさわ)しい真の法華講の時代の開幕第一年目であるからだ。
 本年前半の大目標であった客殿新築慶祝記念大法要も、十万数千の信徒の登山をもって大成功で寿(ことほ)ぐ中、御法主上人の〈宗開両祖の正法〉〈富士の清流〉を護らんとの一大決断により、本門戒壇の大御本尊が御(せん)()なされ、ここに唯一無二の正系門下たる興門流の僧俗として、文・義・意ともに何の憂いもなく、堂々と広布の大道を(かっ)()できる待望久しい法華講の時代が来たのだ。
 そして迎える七月は、御本仏が大折伏を通して、未来広布の原理を説き明かされた『立正安国論』建白の意義深い月だ。
 宗門の永年にわたる善悪の因縁・果報の一切が、唯授一人の深き御仏智により(しゅん)(べつ)・清算された本年こそ、法華講の信心・正義を全世界に知らしめるべき重大な年とも言えよう。
 まずは連合会に連なる全支部が、年頭に掲げた本年度の折伏誓願を達成することこそ、四年後の宗旨建立七百五十年の慶祝三十万総登山を勝利へ導く礎石となることを自覚し、ともに信行に精進していこう。
 
 立正安国論こそ世界広布の指南書
 大聖人の国諌の書の中で代表するものが『立正安国論』であることは、世間でも良く知られるところである。しかし「世人ただ『安国論』を知って、その所以・真意を知らず」である。
 その証は、かつてこの『安国論』を根本精神として、信心のみか政治にまで利用し、大を成しながら、今や異流義・邪宗に成り下がり、安国ならぬ〈闇国論〉の急先鋒を走る池田学会を見ても明らかである。
 その破折をも込め、日寛上人の『安国論愚記』を拝しつつ、〈広布平和の指南書〉たる『立正安国論』の真意を、皆様とともに再確認してみよう。
 
 「立正」とは、三大秘法による折伏の意
    「世(みな)正に(そむ)き人(ことごと)く悪に帰す。故に善神国を捨てゝ(あい)去り、聖人所を辞して還らず。(ここ)を以て魔来たり()来たり、(さい)起こり(なん)起こる」(御書 二三四n)
と。
 一切の不幸の元凶は、正法正義に対する不信・怨嫉・謗法にありと喝破された大聖人は、
    ()かず()の万祈を修せんよりは此の(いっ)(きょう)を禁ぜんには」(御書 二四一n)
と仰せられ、平和・楽土の建設は、三大秘法の御本尊に不信を抱く謗法の輩を折伏する以外にないと断言しておられます。
 日寛上人も「立正安国」の四字に、御本仏の御化導の大事がすべて含まれていると仰せられ、「立正」とは正法正義の三大秘法の御本尊を立てる折伏であり、
    「汝早く信仰の寸心を改めて速やかに実乗の一善に帰せよ」(御書 二五〇n)
との「実乗の一善」の正体とは「本門の三秘なり」と示されています。
 この御本尊を弘めるには、邪法邪義を折伏するのは当然のこと。ゆえに「立正」とは、顕正・折伏であります。
 当然、正しい御本尊を持たない者には「立正安国」を進める資格もなく、折伏をすることすらできないのです。哀れにも今、三秘惣在の大御本尊を忘失し、血脈付法の猊下に楯突く池田創価教が折伏の旗を降ろし、逆に〈邪宗共存〉を掲げて、『ニセ本尊』をバラまいて〈謗法払い無用論〉を主張しているのも、『安国論』の真意を知らざる典型的な一例と言えましょう。
 
 「安国」とは、法華講による折伏広布の意なり
 国を安んずる「安国」ですが、この「国」という一字には、私たち一人ひとりの境界、家庭、住処の平和をいう身近な「一身の安堵」という意から、ひいては「三界は皆仏国」「十方は悉く宝土」を目指した一閻浮提・広宣流布という、実に深い意味があります。
 今、『立正安国論』の御真蹟を拝するとき、「国」という文字は全文で七十七字を見ることができます。その中に「国」二十字、「」五十七字を使われている深義からも、大聖人の仰せの国とは軍備で築かれた「國」、一人の為政者・権力者によって造られた「国」に非ずして、民衆の一人ひとりが三大秘法を信じて築き上げた果報の仏国土を願われたことが拝せます。
 その御聖意に思いを馳せるとき、大聖人の御理想たる『立正安国論』実現の主役とは、常に三秘の御本尊の果報に浴しておられる皆さん、法華講以外にはないのであります。
 
 未来も亦然るべきかこの書は(しるし)ある文なり
 今日の大地震・天候不順・世界的な不況に象徴される悲惨な世相を直視するとき、すべてが『安国論』に仰せの如くで、一分の狂いもありません。この乱れの根本原因は、マスコミが報道しているような一国の指導者、政治等といった(うわ)()の問題ではなく、()(しゅつ)の一切を含む御本仏の本法・三大秘法に対する厳格な信・不信の一点にあることを自覚しなくてはなりません。
 現在、我々の眼前には、
    「未来も又しかるべし」(御書 六六六n)
と仰せの如き、御在世を彷彿(ほうふつ)とさせる未曽有の大地震・大彗星の凶瑞、宗教・教育・文化・政治・経済・自然環境のすべてにわたって如何(いかん)ともし難い大問題が噴出し、大政治家といえども為す(すべ)を失い、
    唯肝胆(ただかんたん)(くだ)くのみ」(御書 二三四n)
の惨状であります。
 御在世の悪の元凶は良観・平左衛門等でありましたが、平成の今、『立正安国論』をはじめ諸御書の明鏡に照らし見るとき、すべては大聖人の御本意に背き、唯一の正系門下たる日蓮正宗ならびに唯授一人の法主・命脈を破壊せんとし、平左衛門をも(しの)ぐ謀略手段を駆使して世間をも(はばか)らず、日夜狂態を繰り返している逆徒・池田創価学会に、今日濁乱の元凶があることを知るべきであります。
 今私たちが、この世界的な恐慌、平成の濁乱を救うの(みち)は唯一つ、眼前の一凶たる池田創価学会の大謗法の悪行の根絶をめざし、順逆二縁の成仏を願う大折伏の実践以外にはない。これが平成に生きる日蓮正宗の僧俗に与えられた使命であり、『立正安国論』の真意であります。
 『立正安国論』の七月! 本年度の誓願には、宗旨建立七百五十年・慶祝三十万総登山の成否がかかっている、ゆえに必ず達成勝利を目指し、奮闘しよう。
目次へ戻る