大白法・平成8年4月16日刊 (第453号より転載)  信行を磨く (1)
 立宗会の四月に潔く出発いたしましょう
高野日海御尊能化
 
 四月は新年度の幕明け、万物は一斉に芽吹いて活動を開始し、新入生・新社会人は無限の可能性を秘めて、希望の船出を致します。
 また妙法信受の私たちにとっては、意義ある立教開宗の月、浄らかな信心でその原点に立ち、強盛な信行を蘇らせて再出発する厳粛な月といたしましょう。
 そしてこの新年度、総本山では毎年、小学校を終えたばかりの年端もいかない新発意が、髪を剃り俗服を脱いで、大勢出家得度いたします。
 御師範上人が、先ず『出家功徳御書』を拝読され、「僧道は厳しいけれども(くじ)けることなく、この道を全うしなさい、今日の誓い、初心を忘れず、生涯を通じて仏道修行に精進しなさい」と懇ろにお諭しあそばされ、得度者は純真な心でこの(いましめ)を守って、御師範上人猊下の御教導のまま、この道を貫き通す決意をお誓い申し上げます。
 こうして四月は、(よろず)に喜びが満ち溢れ、新たな決意が隅々にまで行き渡って、万人が(いさぎよ)く出発しようとする月となります。
    「去ぬる建長五年太歳癸丑四月二十八日に、安房国(なが)(さの)(こおり)の内、東条の郷、今は郡なり。天照太神の御くり()や、右大将家の立て始め給ひし日本第二のみくりや、今は日本第一なり。此の郡の内清澄寺と申す寺の諸仏坊の持仏堂の南面にして、午の時に此の法門申しはじめて今に二十七年、弘安二年太歳己卯なり」(聖人御難事 御書一三九六n)
 この御書は、日蓮大聖人が立教開宗の日より、本門戒壇の大御本尊御建立に至るまで、三類の強敵を前に一歩も退かれなかった忍難弘教の跡を、振り返られ総括して、遂に出世の御本懐を遂げられたことを、心を込めて御述懐あそばされる(くだり)であります。
 ここに、この法門とありますのは「四十余年末顕真実」の文をもって諸経を無得道教と切り捨て、「己今当最為第一」の文によって諸宗は権教邪教と破折、その上に「唯有一乗法無二亦無三」の御文どおり、最高深秘の宗旨を御建立、この折伏行の一切の御教示を、この法門の四字に(つづ)められたこと勿論であります。そして、
    「これを一言も申し出だすならば父母・兄弟・師匠に国主の王難必ず来たるべし。いわずば慈悲なきににたりと思惟するに、法華経・涅槃経等に此の二辺を合はせ見るに、いわずば今生は事なくとも、後生は必ず無間地獄に堕つべし。いうならば三障四魔必ず競ひ起こるべしとしりぬ。二辺の中にはいうべし」(開目抄 御書五三八n)
 ここに日蓮大聖人は、不惜身命・寧喪身命等の御金言にまかせて、「いうべし」の道を選ばれ、このところを『聖愚問答抄』には、
    「身命をばほろぼすとも正法をかくさゞれ。其の故は身はかろく法はおもし、身をばころすとも法をば弘めよとなり。悲しいかな生者必滅の習ひなれば、設ひ長寿を得たりとも終には無常をのがるべからず。今世は百年の内外の程を思へば夢の中の夢なり」(聖愚問答抄 御書四〇四n)
と注釈あそばされて、大難四箇度、小難数知れぬ大慈大悲の御一生を歩み通され、弘安二年出世の本懐たる本門戒壇の大御本尊を御建立、ここに一切衆生皆成仏道の道をひらいて、今者已満足あそばされたのであります。
    「夫出家して道に入る者は法に依って仏を期するなり」(立正安国論 御書二三四n)
と、私たちが信心修行するのは何のためかといえば、それは仏になるためで、他の何物でもないというのであります。
 では、それにはどう修行したらよいのか等と、もう迷うことはありません。
    「日蓮が弟子と云って法華経を修行せん人々は日蓮が如くにし候へ」(四菩薩造立抄 御書一三七〇n)
 師は針の如く弟子は糸の如しで、弟子檀那たる者は、よろしく宗祖開祖の本誓願に自らの信心を合わせ、ひたすらその道を辿るのが世の常であります。
 されば『見宝塔品』には、三箇の諌勅として、
    「諸の善男子 我が滅後に於いて 誰か能く 此の經を受持し読誦せん 今佛前に於いて 自ら誓言を説け」(新編法華経 三五四n)
と三度まで丁寧に悪世末法に妙法華経を広宣流布せよと(すす)められ、次いで妙法蓮華経の経力をもって、悪逆の提婆達多は天王如来となり、八歳の竜女は即身成仏して、
    (われ)大乗の(おしえ)(ひら)いて 苦の衆生を()(だつ)せん」(新編法華経 三六七n)
と誓言し、八十万の大衆も「我不愛身命但惜無上道」と三類の強敵の充満する末世の弘教の困難を覚悟の上に、命懸けの弘教を誓われますが「止みね善男子」とこれらの悉くを退けられ、新たに上行菩薩を上首とする地涌の菩薩を召し出だされ結要付属してこの弘教を地涌の菩薩に託されたのであります。
 ここに宗祖日蓮大聖人は、
    「妙法蓮華経の五字、末法の初めに(いち)(えん)()(だい)にひろまらせ給ふべき瑞相(ずいそう)に日蓮さきがけしたり。()たう()ども()二陣三陣つゞきて、迦葉・阿難にも勝れ、天台・伝教にもこへよかし」(種々御振舞御書 御書一〇五七n)
 勿体なくも私たちのような至らない凡夫を、地涌の菩薩の流類と(たた)えられ、和党共と大きく抱擁(ほうよう)して、一同勇猛精進の折伏行に馳せ参ずるよう、督励あそばされるのであります。
 今や、『立正安国論』の四経の文そのまま、
    ()の国土に於て此の経有りと(いえど)も未だ(かっ)て流布せしめず。(乃至)諸大善神有らんも皆(ことごと)(しゃ)()せん。(すで)に捨離し()はりなば其の国(まさ)に種々の(さい)()有りて国位を喪失(そうしつ)すべし」(立正安国論 御書二三五n)
と、天地は荒廃して大洪水・大地震が連続し、人心は乱れて(いじ)め、(いや)がらせ、詐欺(さぎ)、強盗から殺しまで、その非道は言語を絶して病根は深いのであります。
 それに、創価学会やオウム真理教等の似非(えせ)宗教が大手を振って(まか)り通る昨今、御当代日顕上人は深くこれを嘆かれ、祖道の恢復(かいふく)の急務を心から庶幾(こいねがわ)れ、次いで僧俗一致、異体同心の信心をもって仏国土建設、広布達成への大前進を率先垂範あそばされ、その総指揮を執られるのであります。
    「所詮四弘誓願の中には衆生無辺誓願度肝要なり」(御講聞書 御書一八六二n)
との御聖訓を肝に銘じ、
    「謗法を責めずして成仏を願はゞ、火の中に水を求め、水の中に火を尋ねるが如くなるべし。はかなしはかなし」(曾谷殿御返事 御書一〇四〇n)
の御誡めを夢寐(むび)にも忘れることなく、法にまかせて邪正を峻別し、怨親平等の大慈悲心に安住して、迷い彷徨(さまよ)う一切衆生を正法に(いざな)い、悟りの仏界に導き入れなくてはならない時であります。
 四月は一切の事物が新しく蘇り出発する月であり、一年生や新得度者すら、純真な決意をもって出立するのであります。
 私たち地涌の菩薩の流類として、負けたり遅れたり出来るでしょうか、心を引締(ひきしめ)て、今すぐ前進を開始すべきであります。
    「詮ずるところは天もすて給へ、諸難にもあえ、身命を期とせん。(乃至)我日本の柱とならむ、我日本の眼目とならむ、我日本の大船とならむ等とちかいし願やぶるべからず」(開目抄 御書五七二n)
 末法の御本仏の衆生済度の大誓願であります。
 私たちはもとより日本の柱、日本の眼目になることは出来ませんが、蒼蠅驥尾に附して万里を渡れるのであります。
 御法主上人に信伏随従して、その御指南のまま、一人が一人を折伏して正直一途な信行に徹する時、自然に即身成仏を遂げて、大果報の願海に通入出来るのであります。法華講員各位には来たるべき平成十四年の立宗七百五十年の三十万総登山の誓願達成を目指し、指導教師・講頭を先頭に共々に精進いたしましょう。
目次へ戻る