大白法・平成27年4月16日刊(第907号) 教学基礎講座 6
 

煩  悩

―不 幸 の 原 因―
 
 一、苦しみの原因は何か
 仏教では、誰人も逃れることのできない苦しみとして、(しょう)(ろう)(びょう)()()()を説いていますが、私たちの人生にはこの四苦のほかにも、様々な苦労や悩みが次々と(おそ)ってきます。この限りない()(のう)は、いったい何によって、どこから生まれてくるのでしょうか。もし苦悩の本源を究明し、その源の(はたら)きを変えることができるならば、私たちの人生から不幸や苦しみを取り(のぞ)くことができるはずです。
 仏教では苦しみは(あく)(ごう)によって生じ、悪業は(ぼん)(のう)から生じると説いています。
 
 二、(ぼん)(のう)とは何か
 煩悩とは、梵語でKlesa(クレーシャ)と言い、「心を(けが)すもの」「苦しめるもの」と(やく)されます。また(かん)(やく)では「(わく)」(まようこと)・「使()」(悪道にかりたてること)・「(せん)」(汚れ()まること)などと表わされます。また小乗教では(ぼん)(のう)の異名として「(ずい)(みん)」という言葉を用います。これは、煩悩が表面に現われることなく心の奥に(せん)(ざい)し、本人の意思と関係なく(えん)に従って作用するところから名づけられたものです。
 これらの(かい)(しゃく)からも判るように、煩悩とは人間の心身を(のう)(らん)させて、成仏の正道を妨(さまた)げる作用のことです。
 
 三、煩悩の種類
 『(じょう)(ゆい)(しき)(ろん)』には、煩悩について、基本となっている「(こん)(ぽん)(ぼん)(のう)」と、そこから派生して起こる「(ずい)(ぼん)(のう)」とに区分して説いています。
 根本煩悩とは、
 @(とん)(愛着すること)
 A(じん)(おこ)ること)
 B()(道理に暗く(おろ)かなこと)
 C(まん)(おご)り高ぶること)
 D()(法を信ぜず(ちゅう)(ちょ)すること)
 E(けん)(邪悪な考えに(しゅう)すること)
ですが、このうち前の五つを()(どん)使()といい、第三の癡を()(みょう)と言う場合もあります。
 次に随煩悩としては、忿(ふん)(こん)(ふく)(のう)(しつ)(けん)(おう)(てん)(きょう)(がい)()(ざん)()()?(こん)(ぢん)(じょう)()()(しん)()(だい)(ほう)(いつ)(しつ)(ねん)(さん)(らん)()(しょう)()の二十種が()げられています。
 
 四、(さん)(わく)とは何か
 天台大師は『()()()(かん)』で、すべての煩悩((わく))を三種類に分けて説きました。これを(けん)()(じん)(じゃ)()(みょう)の三惑と言います。
 
 (1)(けん)()(わく)
 この惑は、(けん)(わく)()(わく)のことで、(さん)(かい)(ろく)(どう)苦果(くが)の因となるので「(かい)(ない)(三界六道)の惑」と言い、また(しょう)(もん)(えん)(がく)()(さつ)(さん)(じょう)が共通して(ふく)すべき惑なので「(つう)(わく)」とも言います。
 見惑とは、物事の道理に迷う後天的な惑であり、思想的な過ちを言います。この見惑に()()使()と五鈍使を合わせて(じっ)使()が挙げられます。五利使は、
 @(しん)(けん)(自我に(しゅう)(じゃく)する考え)
 A(へん)(けん)(生命は死によって無となる、あるいは(れい)(こん)となって永遠に続くなどの(いち)(ぺん)(かたよ)る考え)
 B(じゃ)(けん)(因果の道理を無視する考え)
 C(けん)(しゅ)(けん)(前の三見に()(しつ)し、劣っているものを(すぐ)れていると見る考え)
 D(かい)(ごん)(しゅ)(けん)(仏法上、(いまし)められ禁じられている(じゃ)(ぎょう)に固執する考え)
を言い、これらは思想的な迷いであり、正しい道理を理解すれば(ただ)ちに除くことができる(えい)()な煩悩なので「利使」の名がつけられています。
 これに対して五鈍使は前に挙げた貪瞋癡慢疑であり、この惑は(あやま)ちに気付いても即時に消滅できる性質のものではないので、「鈍使」と言います。
 次に思惑とは、「()(しょう)(わく)」とも言い、物事に対して本能的に起こす感情の迷いであり、五鈍使の中の@貪・A瞋・B癡・C慢の四つを指します。
 小乗教の修行によって見惑を断じた位を(けん)(どう)と言い、思惑を断じた位を(しゅ)(どう)と言い、見思両方を断じた位を()(がく)(どう)とも()()(かん)()とも言います。
 なお数量を言えば見惑に八十八使、思惑に八十一品あります。世間で(じょ)()(かね)などを例にとって百八煩悩などと言いますが、これは見惑・思惑による数量です。
 
 (2)(じん)(じゃ)(わく)
 この惑と第三の()(みょう)(わく)は、菩薩のみが断ずる惑なので「(べつ)(わく)」と言い、六道の(いき)(がい)の惑ですから「(かい)()の惑」とも言います。
 塵沙とは、(ちり)(すな)のように()(さい)で無量無数を表わした言葉です。
 大乗の菩薩が衆生を化導し救済するときに様々な(しょう)(がい)が起こりますが、これに対処する菩薩は無量の法門に(つう)(だつ)する必要があり、それらを学ぶにしたがって起こる無数の惑を塵沙惑と言います。
 
 (3)()(みょう)(わく)
 これは、(ちゅう)(どう)(ほっ)(しょう)の悟り(成仏)を妨げるすべての煩悩の根本となる惑です。円教では(みょう)(がく)(仏)の位に至るまでに四十二位の段階が定められていますが、その一つひとつに菩薩の断ずべき無明惑があり、最後の四十二品目の無明惑を「(がん)(ぽん)()(みょう)」と言います。
 大聖人は『()(びょう)(だい)(しょう)(ごん)(じつ)()(もく)』に、
(がん)(ぽん)(ほっ)(しょう)(ぼん)(てん)(たい)(しゃく)等と(あら)はれ、元品の()(みょう)(だい)(ろく)(てん)()(おう)と顕はれたり」(御書 一二三七n)
(おお)せられ、成仏に(とう)(たつ)する直前には元品の無明が第六天に姿を変えて、成仏を妨げるためにあらゆる手段を尽くすことを説かれています。
 
 五、煩悩の原因は何か
 私たちの苦しみは煩悩によって起こるのですが、では煩悩はいったい何に起因するのでしょうか。
 『()()()()(ろん)』に、
(いわ)く六種の因あり、一には(しょ)(ひょう)()る、二には(しょ)(えん)に由る、三には(しん)(ごん)に由る、四には(じゃ)(きょう)に由る、五には(きょう)(しゅう)に由る、六には()()に由る」
とあります。私たちが邪宗教を()(しゃく)し、また(ほう)(ぼう)に親近することを戒める理由は、邪教や謗法が煩悩を起こす悪縁となり、不幸の原因となるからなのです。
 
 六、煩悩(そく)()(だい)
 小乗教では煩悩を(ほろ)ぼさなければ悟りは得られないと説き、身体まで(めっ)する()(しん)(めっ)()を最高の(きょう)()としますが、法華経の(けっ)(きょう)である(かん)()(げん)()(さつ)(ぎょう)(ぼう)(きょう)では、
「煩悩を断ぜず、五欲を離れずして、(しょ)(こん)(きよ)め、(しょ)(ざい)(めつ)(じょ)することを()」(法華経 六一〇n)
と説き、煩悩を離れるのではなく、そのまま()(だい)に転換させていくことを教えています。
 日蓮大聖人は『(とう)(たい)()(しょう)』に、
「正直に(ほう)便(べん)()(ただ)法華経を信じ、南無妙法蓮華経と唱ふる人は、(ぼん)(のう)(ごう)()(さん)(どう)(ほっ)(しん)(はん)(にゃ)()(だつ)の三徳と転じて」(御書 六九四n)
と仰せられ、清浄な信心で(さん)(だい)()(ほう)(ほん)(もん)(かい)(だん)(だい)()(ほん)(ぞん)(しょう)(だい)するとき、私たちの煩悩はそのまま成仏の因となり、(ぼん)()の身のまま仏の境界に至ることができると御指南されているのです。