大白法・平成26年12月16日刊(第899号) 教学基礎講座 3
 

仏教の起源 そのA

―釈尊の生涯―
 
 現在、(しゃく)(そん)(しょう)(がい)に関する年代や(ねん)(れい)などにはいろいろな説がありますが、ここでは日蓮大聖人様が用いられたと言われる『(しゅう)(しょ)()()』の説に従って、釈尊の生涯を紹介したいと思います。
 
 〈釈 迦 族〉
 (しゃ)()とは、現在のネパール地方の南部に住んでいた種族の名前であり、この釈迦族は当時、一種の共和国を形成していたと言われています。まず十人の長を選び、その中から一人の長を選出して、これを王と称していました。この釈迦族の(しゅ)()()()()()(じょう)(カピラヴァストウ)と言いました。
 
 〈釈 尊 の 誕 生〉
 この釈迦族から出た聖者(ムニ)を尊称して(しゃ)()()()()(そん)と言い、これを略して釈尊と言います。
 釈尊は迦毘羅衛城の(じょう)(ぼん)(のう)(シュッドーダナ)を父とし、()()(マーヤ)()(にん)を母として誕生しました。誕生した(しっ)(たる)()(たい)()が、七歩歩いて「(てん)(じょう)(てん)()(ゆい)()(どく)(そん)」と言った話は広く知られています。
 
 〈阿私陀仙人の涙〉
 浄飯王は太子の誕生を喜び、将来を()()()(せん)(にん)に占ってもらうことにしました。すると仙人は「この王子は将来、大王となってインドを統率するか、出家したなら偉大な仏になるであろう。しかし、年老いた私はこの王子の成人した姿を見ることができない」と言って涙を流したと言われています。
 
 〈出  家〉
 悉達多太子は幼い頃から(そう)(めい)であり、青年時代には文武両道においても非常に優れていたので、浄飯王は太子に王位を継がせようとしました。しかし太子にはその気持ちはなく、(きさき)()(しゅ)()()(ヤショーダラ)との間に男子()()()(ラーフラ)が生まれたのを機に、出家の道を(こころざ)す気持ちが次第に強まっていきました。
 ある時、太子は四方の城門から(ゆう)(らく)に出ることになりました。ところが最初に、東の門から出ると老人に会い、次に南の門より出ると病人に会い、西の門から出ると死者に会いました。そのたびに快楽の欲望を失い、ますます(ぞく)()(いや)()が差した太子が最後に北の門から出ると、身も心も清浄な一人の出家者に出会いました。そこに(まさ)しく自分の理想の姿を見出した太子は、この時出家の意志を固めたのです。これを「()(もん)(しゅつ)(ゆう)(ゆう)(かん))」と言います。
 
 〈成  道〉
 (おう)(ぐう)を出た太子は、王から(つか)わされた()(にゃ)(きょう)(じん)(にょ)(アジュニャ・カウンディンヤ)等五人の()()と共に、初めは()()()()(らん)(アーラーダ・カーラーマ)、()()()()()()(ウドラカ・ラーマプトラ)という二人の仙人について修行したと言われていますが、それによって悟りを得ることはできませんでした。
 その後、十二年間にわたってあらゆる苦行を修めましたが、快楽に溺(おぼ)れるのと同様に、(きょく)(たん)な苦行もまた無意味なことを悟り、(ぶっ)()()()(ブッダガヤ)の近くにある()(れん)(ぜん)()(ナイランジャナー)で(もく)(よく)し、(もく)(にょ)(ほう)じた(ちち)(がゆ)を食べて元気を(かい)(ふく)しました。これを見た五人の比丘たちは、釈尊が退転したと思い、皆その場を去っていきました。その後、釈尊は()(だい)(じゅ)の下の(こん)(ごう)(ほう)()に座して(ちん)()(もく)(そう)の末、ついに悟りを開き、ここに(ぶっ)()(覚者)となったのです。時に三十歳でした。この時、()()という町で仏陀が悟りを開いたということから、以後この地を仏陀伽耶と呼ぶようになったのです。
 
 〈転 法 輪〉
 釈尊は(じょう)(どう)したその座で二十一日間()(ごん)(ぎょう)を説き、その後、()()()(こく)(バーラナシー)の鹿(ろく)()(おん)(サルナート)に行き、釈尊が苦行を()てたとき、その元を去った五人をまず最初に教化し弟子としました。次いで、仏陀伽耶方面へ行き、()(しょう)(カッサパ)三兄弟を弟子とし、進んでマカダ国の(おう)(しゃ)(じょう)(ラージャグリハ)へ入り、そこで(しゃ)()(ほつ)(シャーリプトラ)、(もっ)(けん)(れん)(マウドガリヤーヤナ)の二大弟子をはじめ、多くの人々を教化する一方、(びん)()(しゃ)()(おう)(ビンビサーラ)によって(ちく)(りん)(しょう)(じゃ)、また(しゃ)()(こく)(しゅ)(だつ)(シュダッ夕)(ちょう)(じゃ)によって()(おん)(しょう)(じゃ)()(よう)され教団は大いに(こう)(りゅう)しました。
 故郷の迦毘羅衛城に帰ったときは、従弟(いとこ)()(なん)、釈尊の子羅?羅、義母の()()()(じゃ)()(だい)、妃の耶輸陀羅等、多くの同族が弟子となりましたが、阿難の兄、(だい)()(だっ)()(デーヴァダッタ)は、マカダ国の太子()(じゃ)()(けっ)(たく)して釈尊の化導を(ぼう)(がい)しました。このような()(おう)(だい)(なん)と言われる法難に()いながら法を説き、最後にマカダ国の(りょう)(じゅ)(せん)(グリドラクータ)で、(しゅっ)()(ほん)(がい)である()()(きょう)を説き明かしたのです。
 これら一代説教の内容は、後に中国の(てん)(だい)(だい)()によって()()(はっ)(きょう)として(はん)(じゃく)されました。
 
 〈涅  槃〉
 五十年間の説法教化の後、()()()()()(クシナガラ)の(しゃ)()(そう)(じゅ)の下で、二月十五日、八十歳で(にゅう)(めつ)されました。これを()(はん)と言います。
 
 〈八 相 成 道〉
 仏が衆生を救うために、御一生のうちに現わされた八つの姿を(はっ)(そう)(じょう)(どう)と言います。八相成道とは、@()(てん)()(そつ)(てん)より(こう)()すること)、A(たく)(たい)(母の(たい)(ない)に宿ること)、B(しゅっ)(たい)(しゅっ)(しょう)すること)、C出家(家を出て修行の道に入ること)、D(ごう)()(悟りを(さまた)げる魔を(だん)()すること)、E成道(悟りを開くこと)、F転法輪(説法をして衆生を教化すること)、G(にゅう)()(はん)(説法を終えて入滅すること)です。
 私たちは、この八相成道を示された釈尊の真実の目的が、法華経を説くためであったことを忘(わす)れてはなりません。