大白法 平成27年6月1日刊(第910号)より転載



 法華経について P
 

『勧持品第十三』

 今回学ぶ『(かん)()(ほん)』は、『(けん)(ほう)(とう)(ほん)第十一』『(だい)()(だっ)()(ほん)第十二』に引き続き()()(きょう)(しゃく)(もん)()(つう)(ぶん)に当たり、(じゅ)()(だん)と勧持段の二段からなります。
 「勧持」とは法華経の受持を(すす)める意と(はい)されますが、これは(しゃく)(そん)()()(ちょう)(しゅう)(めつ)()()(つう)を勧められ、(しゃっ)()()(さつ)(しゅう)()(きょう)(せい)(がん)したことに依()っています。
 
 (じゅ)()を明かす
 先に『見宝塔品』で説かれた「(さん)()(ちょく)(せん)」と『提婆達多品』で説かれた「二箇の(かん)(ぎょう)」とを(つか)ねて、「五箇の(ほう)(しょう)」とも(しょう)されます。
 この鳳詔を、釈尊は『見宝塔品』で滅後の法華経()(づう)を勧められると共に、『提婆達多品』で法華経受持による「悪人成仏」「(りゅう)(にょ)成仏」という(そく)(しん)成仏の()(どく)(そう)を示されました。
 これを受けて、当品の初めに(やく)(おう)菩薩と(だい)(ぎょう)(せつ)菩薩は他の二万人の(けん)(ぞく)と共に、
「釈尊よ、けっして心配することはありません。私たちが滅後に法華経を受持し(ひろ)めましょう。滅後の悪世の衆生は、(ぞう)(じょう)(まん)の者が多く、不善を行い覚りの道から遠く離れているため教化し難いけれども、(にん)(たい)の力を起こして妙法蓮華経を弘めることに(しん)(みょう)()しみません((しゅ)())」(法華経 三七〇n)
と、釈尊に申し上げました。
 すると、既に記別を与えられた(しゃ)()(ほつ)以下五百人の()()(かん)をはじめ、(がく)()(がく)八千人の(しょう)(もん)衆も座を()(がっ)(しょう)して、悪世に妙法を弘めることができない故に、(しゃ)()()(かい)以外の他の国土での法華経弘通を(ほつ)(がん)したのです。
 その時、釈尊は、()()()(じゃ)()(だい)(釈尊の養母)をはじめとする六千人の()()()たちが、(じゅ)()を望んで合掌(らい)(はい)するのを察せられて、摩訶波闍波提と六千人の比丘尼には(いっ)(さい)(しゅ)(じょう)()(けん)(にょ)(らい)という同一(みょう)(ごう)の記別を与えられました。
 また、羅()?()()の母である()(しゅ)()()(釈尊の(きさき))が、授記の中に自らの名前が説かれないと思っていますと、釈尊は、別して()(そく)(せん)(まん)(こう)(そう)(にょ)(らい)との記別を与えられたのです。こうして授記された比丘尼たちは大いに歓喜して()を説き、声聞衆と同じく他土での法華経弘経を釈尊に(ちか)いました。
 
 (かん)()を明かす〔二十行の()
 比丘尼たちの誓願を聞かれた釈尊は、不退転の境地にある八十万億もの菩薩衆を御覧になりました。すると、菩薩衆は釈尊の前に進み出て一心に合掌し、
()し釈尊が、私たちにこの経を受持し説法せよと(ごう)(ちょく)するのであれば、仏の教えの通りに広くこの妙法を弘通いたします(趣意)」(同 三七四n)
と、念じました。
 しかし、釈尊は(もく)(ねん)として告勅せられなかったため、菩薩衆はいかにすべきか考えた上で、釈尊の()(こころ)(きょう)(じゅん)し、(あわ)せて自らの本願を()げようと、
「私たちは、滅後に十方世界を行き来して、多くの人々にこの経を弘通し受持信行させます。どうか他方の国土にあっても、(はる)かに私たちを守護してください(趣意)」(同 三七五n)
との誓願を立てられました。
 さらに悪世末法における法華経弘通の様相を思い、菩薩衆は声を一にして重ねて誓願されます。これが、
(ただ)願わくは(うらおも)いしたもう()からず」(同)
から始まる、「二十行の偈」と称される()(じゅ)であり、この中で滅後の弘経に対する「(さん)(るい)(ごう)(てき)」の出現が示されます。
 
 (さん)(るい)(ごう)(てき)
 三類の強敵とは、釈尊滅後、法華経の行者に対して様々な(はく)(がい)を加える三種類の敵人のことを言い、(みょう)(らく)(だい)()(中国天台宗第六()(けい)(けい)(たん)(ねん))が『法華(もん)()()』の中で名付けたもので、(ぞく)(しゅう)増上慢、(どう)(もん)増上慢、(せん)(しょう)増上慢の三種を指します。
 第一の俗衆増上慢とは、法華経の行者に対して(あっ)()()()し、あるいは刀や(つえ)をもって迫害する、仏様の教えに無知な(ざい)(ぞく)の人々のことを言います。
 第二の道門増上慢とは、自己の慢心が(さか)んなために法華経の行者を(にく)み、危害を加える(じゃ)(しゅう)(そう)(りょ)のことを言います。
 第三の僣聖増上慢とは、真の仏道を行ずるように見せて世間の人々から聖者のように尊敬されるけれども、その心は世俗を思って利欲に(しゅう)(じゃく)している僧侶のことを言います。この僧侶が世の人々に法華経の行者の過失を(けん)(でん)し、さらには国王や有力者、僧侶たちに(ざん)(げん)して法華経の行者に難を加えさせると説かれます。
 ですから、妙楽大師は『法華文句記』に、
()の三の中に初めは(しの)ぶべし、次は前に過ぎたり、第三最も(はなは)だし。後後の者は(うたた)()り難きを(もっ)ての(ゆえ)に」(法華文句記会本‐下 七五n)
と、第三の僣聖増上慢の正体は見破ることが難しく、三類の中で最も激しく(たく)みな手段を用いて、法華経の行者を迫害してくると釈されています。
 
 法華身読
 菩薩衆は、このような三類の強敵による様々な迫害に対して、「()()(しつ)(さん)()」に基づき、
(われ)身命を愛せず (ただ)無上道を(おし)む」(法華経 三七七n)
との言をもって必ず釈尊滅後に法華経を弘通することを()()(どう)(おん)に誓願され、当品の説相は結ばれています。
 ここに示された「二十行の偈」を、釈尊滅後二千年を経過した悪世末法において実践されたのが、宗祖日蓮大聖人です。大聖人様は『(じゃく)(にち)(ぼう)御書』に、
「日蓮は日本第一の法華経の行者なり。すでに勧持品の二十行の偈の文は日本国の中には日蓮一人よめり。八十万億那由他の菩薩は口には()べたれども修行したる人一人もなし」(御書 一三九三n)
と、御教示あそばされています。
 この御文に明らかなように、八十万億の菩薩衆は、悪世の弘通に()えることができないために他土弘通を誓願した声聞衆と異なり、釈尊の(もく)(めい)(おう)じて娑婆世界の弘通を誓願しましたが、やはり大難には耐えられないとして、後に釈尊が()()の菩薩を()()だしたため、娑婆世界での妙法弘通は(かな)いませんでした。
 それに対して大聖人様は、地涌の上首・上行菩薩の再誕として悪世末法に御出現になり、「二十行の偈」を身読し、三類の強敵をことごとく退けられました。この(しん)()()(さん)(ごう)にわたる法華経(どく)(じゅ)によって、日本第一の法華経の行者、さらには御自身が(まっ)(ぽう)の御本仏であるとの大自覚に立ち、妙法蓮華経の要法を(いっ)(さい)(しゅ)(じょう)(きゅう)(さい)のために御弘通あそばされたのです。
 大聖人様は『(おん)()()(でん)』に、
「勧とは()()、持とは()(ぎょう)なり。南無妙法蓮華経は自行化他に(わた)るなり。今日蓮等の(たぐい)南無妙法蓮華経を(すす)めて(たも)たしむるなり」(同 一七六〇n)
(おお)せられ、()(ほっ)()(にち)(にょ)(しょう)(にん)(げい)()は、
「三類の強敵を身をもってお受けあそばされた大聖人様がそうであったように、我らもまた、仏様の使いとして(しゃく)(ぶく)を行ずることに、なんら(おそ)るることなく、()(ぜん)として広布の使命に生きることが(かん)(よう)であります」(大白法 七六五号)
と、御指南あそばされています。
 来たる平成三十三年・法華講員八十万人(たい)(せい)(こう)(ちく)の御命題成就に向けて一人ひとりが広布の使命を自覚し、三類の強敵に(おく)することなく、自行化他にわたる信行を(じっ)(せん)してまいりましょう。

『基本を学ぼう』目次へ戻る