大白法 平成18年7月1日刊(第696号より転載)

 
 御本尊様へのお給仕
 
 宗祖日蓮大聖人様は、末法(まっぽう)(じょく)(あく)の世に生きる人々は、一切の邪法邪師の邪義を()てて、法華経の肝要(かんよう)である南無妙法蓮華経を信仰(しんこう)することによってのみ、成仏することができると(おお)せられました。
 しかし、そのために他宗の人々から(うら)まれ、ある時は命を(ねら)われ、またある時は伊豆や佐渡に流されるなど、多くの難を受けられたのです。
 第二祖日興上人様は、その大聖人様に対して、身に影の()うよう常にお仕えし、大聖人様の説かれた仏法のすべてを実践(じっせん)されました。そして、大聖人様こそ、末法の衆生を救う下種(げしゅ)の教主にして、()(おん)(がん)(じょ)(さと)りを開かれた御本仏であり、その御当体が妙法蓮華経の御本尊様であると悟られました。
 私たちは、日興上人様が大聖人様にお仕えしたように、御本尊様を大聖人様と(はい)してお給仕することが最も大切です。
 また、世間でも、武道や茶道などの「道」のつくものや、弟子が()(しょう)から学び体得する職業の多くは、必ず(かた)から入ります。これは型通りに稽古(けいこ)することによって、やがてその所作(しょさ)(たましい)が追いつき、その道を(きわ)めることができるようになるからです。
 これと同じように、信心においても、初心の時から御本尊様に対して、正しくお給仕をし、正確な勤行・唱題を行っていくことが大切です。やがてその人の信仰が深まり、自然とその所作に信心が表れるようになるからです。
 
 (ぶつ)(だん)(しょう)(ごん)(三()(そく)・五具足)
 御本尊様の前を「()(ほう)(ぜん)」といい、向かって左側に
(はな)()て」、中央に「(こう)()」、右側に「(しょく)(だい)」の三具足を置きます。
 華立てには「(しきみ)」を()しますが、この樒には、仏様の生命の永遠と(とうと)い徳を表し、その(かお)りは(しょう)(じょう)にして不浄を清めると言われています。
 香炉には線香を()かせて()き、その香りを御本尊様にお供えします。
 燭台にはローソクが用いられ、その灯りを御本尊様にお供えします。
 三具足のほか、華立てと燭台を左右一対にする五具足を置いても構いません。
 法華経に、(もく)(みつ)抹香(まっこう)()(こう)(しょう)(こう)などをもって仏を讃歎(さんたん)()(よう)することが説かれているように、これらの仏具をもって御本尊様を(しょう)(ごん)し、香りや灯りを御供養することには大きな功徳があります。
 また仏壇は、御本尊様のお住まいですから、その上に物を(かざ)ったり、仏壇の中に位牌(いはい)や写真を置いたりしてはいけません。
 自分の家を毎日掃除(そうじ)するように、仏壇も毎日掃除をし、(ちり)などが積もらないようにしましょう。このとき、御本尊様に息がかからないように、口に樒の葉をくわえてお掃除します。お水や仏飯(ぶっぱん)等をお供えするときも同様です。
 
 お水・(ぶっ)(ぱん)・お供えについて
 
 御本尊様にお供えする水は、(ぼん)()で「()()」といい、功徳水と翻訳(ほんやく)されます。
 釈尊が出現されたインドでは、水は価値のあるものとして大切にされていたことから、転じて仏様や墓前に水を供えるようになったと言われています。
 毎朝、樒の先端を入れた器に朝一番の水を(そそ)いで、朝の勤行の前にお供えし、夕方の勤行の前にお下げします。
 次に、御本尊様にお供えするご飯を「仏飯(ぶっぱん)」といいます。ご飯を()いたときには、炊きたてのご飯を金椀(かなわん)に盛ってお供えし、
 「南無下種三宝御報恩謝徳御供養の(ため)、南無妙法蓮華経」
と観念をして、鈴を三打して題目三唱します。また、お供えしたままにせず、すぐにお下げしますが、お下げした仏飯を食しても構いません。
 なお、仏飯を置く位置は、仏壇の形式などの違いによって一様(いちよう)ではありません。
 ほかにも御造酒(おみき)やお菓子(かし)、季節の野菜や果物をお供えしますが、魚や肉などの生物や、ニラ・らっきょう・ねぎ・にんにく・しようがの五辛(ごしん)はお供えしません。
 
 (ほっ)(とう)(そう)(ぞく)
 
 御本尊様へのお給仕は、私たちが直接仏様にお仕えすることであり、真心で行うことが肝要です。
 よく「仏壇に積もった塵は、信心に積もっている塵」、「仏壇を見ればその人の信心が判る」などと言うように、私たちの信心が仏壇の姿やお給仕の所作に表れるのです。
 御講に参詣(さんけい)したり、唱題会に参加したり、仕事が(いそが)しくても信心の活動をゆるがせにせずに勤めていく姿、御本尊様にお仕えする姿を、必ず子供は見ています。
 したがって、私たちは、日々のお給仕を子供に見せたり、お給仕のお手伝いをするよう(しつ)けるなど、御本尊様にお仕えすることの大切さや信心の()り方などを、身をもって教えていくことが法統(ほっとう)相続(そうぞく)につながるのです。
 大聖人様は『上野殿御返事』に、
    (そもそも)今の時、法華経を信ずる人あり。或は火のごとく信ずる人もあり。或は水のごとく信ずる人もあり。聴聞する時は()()つばかりをも()へども、とを()ざかりぬれば()つる心あり。水のごとくと申すはいつもたい(退)せず信ずるなり。此はいかなる時もつね()はたいせず()わせ給へば、水のごとく信ぜさせ給へるか。たうと()したうとし」(御書 1206頁)
と仰せられ、(なん)(じょう)(とき)(みつ)殿(どの)が、あたかも水が一時も途切(とぎ)れることなく流れるように、日々(おこた)ることなく信心修行に(はげ)まれていると(たた)えられています。
 このように、私たちは、日々怠慢(たいまん)なく御本尊様にお給仕し、勤行・唱題を申し上げ、折伏に励んでいくことが大切なのです。
『基本を学ぼう』目次へ戻る