大白法 平成21年5月1日刊(第764号より転載)

 
 信心と生活


 世間法と仏法
 私たちは日々、様々な(かん)(きょう)の中で、それぞれの生活を送っています。
 こうした生活(世間法)と仏法について、()()(きょう)では、
    (もろもろ)所説(しょせつ)(ほう)()()(しゅ)(したが)って、(みな)(じっ)(そう)(あい)()(はい)せじ。()(ぞっ)(けん)(きょう)(しょ)治世(じせ)()(ごん)()(しょう)(ごう)(とう)()かんも、(みな)(しょう)(ぼう)(じゅん)ぜん」(法華経 四九四n)
と説かれています。
 これは、誠実に妙法の信仰(しんこう)をする人ならば、道徳や世間の様々な考え方、政治や法律、経済や産業、生活や仕事などの一切の営みは、すべて仏法の(しょ)(ほう)(じっ)(そう)(いち)(ねん)(さん)(ぜん)の道理に(かな)った()(どく)の姿として現れるということです。
 したがってまた、言い換えると、私たちの生活と信仰は別のものではない≠ニいうことでもあるのです。
 さて、生活と信仰の関係について、(しゅう)()(だい)(しょう)(にん)は、
    「仏法は(たい)のごとし、世間はかげのごとし。体曲がれば(かげ)なゝめなり」(御書 一四六九n)
と仰せられています。
 この御文は、仏法こそがすべてにおける本体であり、私たちの生活する社会はそれより出でた影のようなものである。もし誤った宗教を信ずれば、それによって生活も曲がったものになる、と御教示されたものです。
 したがって、安心して暮らせる生活や幸せで(じゅう)(じつ)した人生を願うならば、まず根源である宗教について学び、その宗教の善悪の判断をし、その信仰を正さなければなりません。
 ところが、多くの人たちは宗教に善悪があることを知らず、また、世の中には実に多くの宗教があり、私たちの生活の根源であるはずの宗教や思想が、(せい)(じゃ)の分別もされることなく雑多にあふれているのが現状です。
 ですから、宗教の正邪を判定する基準を持たない一般の人にとって、どの宗教が正しい宗教であるかという(しゅ)(しゃ)(せん)(たく)はとても困難なことといえます。
 そのような中、私たちは、幸いにも正法である日蓮大聖人の仏法に(めぐ)り合うことができたのです。
 
 信心に(そく)した生活
 そもそも、生活とは、私たちが生きていくために必要な活動のことであり、信仰とは、私たちの迷いの生命を(さと)りの境界へと変えていくことです。
 私たちが勤行・唱題、(しゃく)(ぶく)を行じていくことにより、まず私たち自身の生命が変わります。そして、私たちの生命が変わることにより、その生活・環境も変えていくことができるのです。
 つまり、大聖人の仏法における生活と信心の()り方は、
    「御みや()()いを法華経とをぼしめせ。『一切世間の治生産業は皆実相と相()(はい)せず』とは(これ)なり」(同 一二二〇n)
と仰せのように、正しく、()(だん)の生活の中こそが、信心の実践の場であると心得て、日々、信心を根本とした生活を送ることなのです。
 
 現在を大切に生きる
 私たち一人ひとりには、過去・現在・未来の(さん)()(わた)る生命が(そな)わっています。
 この三世の生命について、大聖人は、『心地観経』の、
    「過去の因を知らんと欲せば、其の現在の果を見よ。未来の果を知らんと欲せば、其の現在の因を見よ」(同 五七一n)
との文を引かれ、現在は過去の結果であり、未来は現在の結果となることを示されています。
 たとえ、現在の(きょう)(ぐう)(めぐ)まれないと言っても、過去の原因をなかったことにはできません。
 しかし、現在の信心修行により、過去の罪障を消し、今世の人生を変えることができ、未来世の自己も、よりよく変えていくことができるのです。
 ですから、私たちが現在をどのように生きるか、ということが大切です。
 その現在で、()(ほん)(ぞん)(さま)への信仰を根本とした人生を送ることが最善の生き方であり、必ずその善因によって、よい結果が現れてくるのです。
 
 流れ(たゆ)まぬ水の信心
 大聖人は、信心の在り方について、
    「法華経を信ずる人あり。或は火のごとく信ずる人もあり。或は水のごとく信ずる人もあり。聴聞する時は()()つばかりをも()へども、とを()ざかりぬれば()つる心あり。水のごとくと申すはいつもたい(退)せず信ずるなり」(同 一二〇六n)
と、水火の二通りがあると仰せられています。
 まず、火の信心とは、(ほのお)のように一時は(ごう)(じょう)(はげ)みますが、いずれ消えてしまう「熱しやすく冷めやすい」信心姿勢のことです。
 それに対し、水の信心とは、清らかな清流が(とう)(とう)と流れるように、時に()()(きょく)(せつ)があろうとも、決して流れを止めることのない「持続」の信心姿勢のことであります。
 人の心は(かざ)()(どり)のように、様々な(えん)によって善くも悪くも()れ動いてしまいます。
 だからこそ、どのような縁にも(まど)わされることのないように、常に御本尊様への(ぜっ)(たい)(しん)()(ほっ)()(しょう)(にん)(げい)()への(しん)(ぷく)(ずい)(じゅう)(こん)(かん)として水の信心を心がけ、()(ぎょう)()()にわたる信心修行に(まい)(しん)することによって、揺るぎない確固とした生活を送ることができ、その姿がそのまま確信に満ちた(あん)(たい)な生活、幸せな人生の大道となるのです。
 生活という困難な場こそ、信心修行の大事な場ととらえ、(せん)(ざい)(いち)(ぐう)の本年の(せい)(がん)(かん)(すい)こそ、(こう)(だい)()(へん)な功徳を戴けることに確信を持ち、(しょう)(じん)してまいりましょう。
 
『基本を学ぼう』目次へ戻る