大白法 平成21年3月1日刊(第760号より転載)

 
 (りっ)(しょう)(あん)(こく)(ろん)』を(はい)

A題号について 
 ―「立正」の両字について
 
 「立正」とは()(じゃ)(けん)(しょう)
 総本山第二十六世(にち)(かん)(しょう)(にん)は『立正安国論愚記(ぐき)』において「立正」の両字について、
    「立正とは()(じゃ)に対するの言なり」(御書文段 四n)
と御教示されています。
また(ぜん)()(ほっ)()(にっ)(けん)(しょう)(にん)(げい)()は、
    「『(しょう)(じき)(しゃ)(ほう)便(べん) (たん)(せつ)()(じょう)(どう)(正直に方便を捨てて (ただ)無上道を説く)』(法華経 一二四n)
    という文があります(中略)この正直に方便を捨てるということは、方便にいつまでもとらわれて真実を見ないところが邪道であり、その邪を破すという意義であります。また無上道を説くのが正法を立てること、(けん)(しょう)であります。いわゆる『破邪顕正』が、この『立正』であります」(御法主日顕上人猊下御講義集立正安国論 五n)
と御講義されました。
 (すなわ)ち「立正」とは、単に「正を立てる」ことのみではなく、その前提には必ず邪義邪法を()(しゃく)する「破邪」があり、その上に正法を立てることが「顕正」となり、この「破邪顕正」こそが「立正」に()められた(だい)(しょう)(にん)の御聖意と(はい)すべきです。
 
 「正」の真意(()(じゅう)(そう)(たい)より)
 前御法主日顕上人猊下は、「立正」の「正」の意義について、
・第一に、因縁(いんねん)・因果を説かない()(どう)の「邪」に対し、因果の理法を説く仏教を「正」とする((ない)()(そう)(たい)
・第二に、利己的で(きょう)(しょう)な内容の(しょう)(じょう)(きょう)(しゅう)()とする「邪」に対し、自分のみならず他をも導いていくという全体観の上から教えを説く(だい)(じょう)経を「正」とする((だい)(しょう)相対)
・第三に、責実に導くための仮りの方便である(ごん)大乗経を宗旨とする「邪」に対し、真実の一法である()()(きょう)を「正」とする(権実(ごんじつ)相対)
・第四に、時機の過ぎた像法(ぞうぼう)時代の衆生を導く(ほっ)()(しゃく)(もん)を宗旨とする「邪」に対し、(まっ)(ぽう)()(づう)の大法である法華本門を「正」とする((ほん)(じゃく)相対)
・第五に、(もん)(じょう)(だっ)(ちゃく)(しゃく)(そん)の仏法を宗旨とする日蓮他門家等の「邪」に対し、末法の()(ほん)(ぶつ)日蓮大聖人の仏法、即ち(もん)(てい)()(しゅ)の妙法蓮華経を「正」とする(種脱(しゅだつ)相対)
と、このように、()(じゅう)相対より(せん)(じん)(しょう)(れつ)して「正」の意義を明らかにされ、
    「下種の本尊とその(さん)(だい)()(ほう)こそが真の『立正』の『正』という意味であり、末法万年の下種仏法の弘通、()(どう)の上にはっきりと示された大法であります」(同 九n)
と、本門の三大秘法こそが「立正」の「正」であると御教示されています。
 
 「立正」の両字に三大秘法を含む
 日寛上人は、
    「立正の両字は(さん)()の秘法を(ふく)むなり」(御書文段 六n)
(おお)せられ、「立正」の二字には三大秘法を含み、三大秘法を立てることを、次のように(しゃく)されています。
    「本門の本尊に約せば、正とは妙なり、妙とは正なり(中略)妙とは妙法蓮華経なり、妙法蓮華経とは即ち本門の本尊なり」(同n)
と、「正」とは即ち御本仏日蓮大聖人の(さと)りである「妙法蓮華経」の五字のことであり、その法体(ほったい)は「本門の本尊」のことであると御教示されています。まさに「正を立てる」とは、『観心本尊抄』に、
    「一(えん)()(だい)第一の本尊、()の国に立つべし」(御書 六六一n)
と仰せになられた一閻浮提第一の「本門の本尊」を日蓮大聖人が御建立あそばされたことであると明かされています。
 次に、
    「本門の題目に約せば、()わく、題目に信行の二意を()す(中略)(しょう)(きょう)(えん)する(ゆえ)に信心即ち正し。信心正なる故に()の行即ち正なり、故に題目の修行を名づけて正と()すなり」(御書文段 六n)
と、本門の題目には信行が()(そく)することを明かされ、正しい本尊に縁して信心が正しくなり、信心が正しくなることから、「行」が正しくなることを明かされます。即ち正しい「信行を立てる」とは、本門の本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱えることであり、これが「本門の題目」の上からの「立正」です。
 そして、
    「本門の戒壇(かいだん)に約せば、(およ)そ正とは一の(とど)まる所なり、故に一止に従うなり。一は謂わく、本門の本尊なり。()(すなわ)(えん)()第一の本尊なるが故なり(中略)故に本尊を(もっ)て一と名づくる者なり。()は是れ()(じゅう)の義なり、(すで)に是れ本尊止住の(ところ)なり、(あに)本門の戒壇に非ずや。立とは戒壇を立つるなり」(同n)
と御教示されています。
 「正」の字義を見ると「一」に「(とど)」まると書きます。この「一」とは、一閻浮提第一の本門戒壇の大御本尊のことです。
 「止まる所」とは、即ち止住の所在の地ということです。つまり、本門の本尊が(ましま)す所は本門の戒壇であり、中にも本門戒壇の大御本尊が御安置される奉安堂こそ、現時における「本門の戒壇」に当たるのです。
 さらに、『(いち)()()(ほう)(しょう)』に、
    「国主此の法を立てらるれば、富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり」(御書 一六七五n)
と御教示の広布の(あかつき)に建立されるべき本門寺の戒壇が、「立正」の「正を立てる」の真意なのです。
 故に「立正」には、末法万年に弘通するところの本尊と題目と戒壇、即ち三大秘法の建立の義が含まれるのです。
 
 「正義顕揚の年」を迎えて
 大聖人の御化導は『立正安国論』に示された破邪顕正の実践(じっせん)にあります。御歴代上人の(もうし)(じょう)にも「謗法(ほうぼう)退(たい)()し、正法を立てらるれば(うん)(ぬん)」の言が存するように、この御精神は日興(にっこう)上人以来脈々と今に受け()がれています。
 ()(ほっ)()(にち)(にょ)上人猊下は、本年「(しょう)()(けん)(よう)の年」の新年之辞において、
    (まさ)しく『立正』の『正』とは、末法一切衆生救済の秘法たる三大秘法の大御本尊にして、その正を立てるとは、今末法(じょく)(あく)(じゃ)()謗法充満の世にあっては、全世界の民衆の心田(しんでん)に三大秘法の妙法蓮華経を下種結縁(けちえん)(しゃく)(ぶく)を行じていくことであります」(大日蓮 七五五号)
と、末法万年に(わた)って一切衆生を救済する三大秘法総在の戒壇の大御本尊を「正」とし、下種・折伏によって三大秘法の妙法蓮華経を弘通していくことが、「立正」の実践であると御指南されています。
 私たち法華講員は、この「立正」の意義を正しく拝し、()()(ばい)(ぞう)と大結集の御命題達成に向かって折伏行に邁進(まいしん)し、混濁(こんだく)した世の中を真の安国に導くべく力強く、前進してまいりましょう。
 
『基本を学ぼう』目次へ戻る