大白法 平成20年8月1日刊(第746号より転載)

 
 『立正安国論』正義顕揚の背景

 三、身延期 @


 第三の国諌(こっかん)

 (しっ)(けん)(ほう)(じょう)(とき)(むね)の発した()()()(ざい)(しゃ)(めん)(じょう)を受けとられた大聖人は、文永(ぶんえい)十一(一二七四)年三月十四日、無事佐渡の()(うら)()から(しゅっ)(ぱん)されました。(えち)()から鎌倉(かまくら)までの()(ちゅう)、「日蓮(ぼう)赦免」の報せを聞きつけた越後や(しな)()念仏(ねんぶつ)者や()(さい)・真言の法師たちは大聖人の御命を(ねら)って信濃の善光寺に待ち()せていましたが、越後の国府より数多くの兵士の警固もあり、何事もなく三月二十六日、鎌倉に入られました。
 間もなく鎌倉幕府より出頭の命令が到来(とうらい)し、四月八日、大聖人は、幕府の館において、(へいの)()()(もんの)(じょう)(より)(つな)をはじめとする幕府の要人と対面されました。いわゆる殿(でん)(ちゅう)(もん)(どう)です。
 『種々(おん)(ふる)(まい)()(しょ)』に、
    「四月八日平左衛門尉に見参しぬ。さき()にはにるべくもなく威儀(いぎ)(やわ)らげてたゞ()しくする云云」(御書一〇六七頁)
とあるように、竜の口法難の時には()(たけ)(だか)だった平左衛門尉が、態度を(やわ)らげて礼儀正しく大聖人を(むか)えたのです。そして平左衛門尉は、()(ぜん)(ぎょう)での成仏の有無について質問し、その他同席した要人たちは、それぞれ、念仏・真言・(ぜん)等の信仰(しんこう)について、質問してきました。大聖人は、それぞれの質問について、一つひとつ経文を引いて丁寧(ていねい)に答えられ、法華経以外の爾前の諸経では成仏はできないことを説かれました。
 さらに大聖人は、
    「念仏は()(けん)()(ごく)()ちる(ごう)であり、禅宗は(てん)()()(わざ)であることは疑いない。ことに真言宗が(ひろ)まることが、この国の大なる災難を引きおこす原因であるから、(もう)()国を降伏させる()(とう)を真言師に申しつけてはならない。もし真言(そう)たちに祈祷を申しつけられるならば、ますます早急にこの国が(ほろ)びるであろう」(同 八六七頁・趣意)
と強く述べられました。
 そこで平左衛門尉は、幕府の最も関心事である蒙古(しゅう)(らい)の時期を質問したのです。
 これに対し、大聖人は「経文にはいつとは書いていないが、(てん)(ぺん)()(よう)の様子から見て、天の(いか)りが少なくない。蒙古が今年中に(おそ)ってくることは間違いない」と、はっきりと言われたのです。これが、大聖人の三度目の高名に当たります。
 この三度の高名とは、大聖人の三度にわたる国主(かん)(ぎょう)をいいます。
 一度目は、文応元年七月十六日に、宿屋入道を(かい)し、『(りっ)(しょう)(あん)(こく)(ろん)』をもって幕府の最高実力者である前執権・(さい)(みょう)()入道時頼(ときより)を諌暁したこと。
 二度目は、文永八年九月十二日、竜の口法難の時、大聖人を()らえにきた平左衛門尉に向かって、
    「日蓮は日本国の(とう)(りょう)なり。()を失ふは日本国の(はし)()を倒すなり」(同 八六七頁)
(いさ)められたこと。
 三度目は、先に述べた平左衛門尉との殿中問答です。『高橋入道殿御返事』に、
    ()の事をいま一度平左衛門に(もう)しきかせて、日本国にせめのこされん衆生をたすけんがためにのぼりて候ひき」(同 八八九頁)
(おお)せのように、(だい)()(だい)()の上から一切衆生(きゅう)(さい)のため、また日本国を助けるために、佐渡()(はい)()から(もど)られた後、今一度、平左衛門尉をはじめとする幕府の要人たちに諌暁なされたものでした。
 しかし、この三度目の国諌(こっかん)も用いられることはありませんでした。
 幕府は、今年中に蒙古が来襲してくることを予言された大聖人の言葉のみ(おそ)れて、土地や堂舎を寄進することを条件に、他宗の僧と同じく国家の安泰(あんたい)()(とう)してほしいと願ったのです。
 大聖人は、
    「世間法とは、国王大臣より所領をたまはり官位をたまふ(とも)(それ)には染せられず、謗法(ほうぼう)の供養を受けざるを(もっ)()(せん)世間法とは()ふなり」(同 一八四七頁)
との()(せい)(しん)から、幕府の要請(ようせい)(いっ)(しゅう)されました。
 このことは、大聖人が、世間的な名声や権力による庇護(ひご)を望まれたのではなく、ただ人々の不幸の原因である邪教を対治し、正法をもって平和な国土の建設を願われていたからに他なりません。

 真言亡国(ぼうこく)の相

 また当時、(おり)からの(かん)ばつによって井戸は()れ、作物も全く実らず、今やなすべきもない状態に(おちい)っていたことから、幕府は阿弥陀(あみだ)堂の別当(べっとう)()()(ほう)(いん)祈雨(きう)を命じました。四月十日より真言の修法が行われると、翌日の十一日には雨が静かに降ってきたのです。このため執権の時宗は多大な恩賞を加賀法印に(おく)り、鎌倉中の上下万人も感嘆(かんたん)し、真言祈祷の誤りを説く大聖人を(ちょう)(しょう)しました。
 大聖人は、
    「しばし()て(中略)()(さい)ぞあらんずらん」(同 一〇六八頁)
と仰せられると、翌日の十二日には雨もやみ、突如(とつじょ)大風が()()れ、鎌倉の大小の舎宅・堂塔(どうとう)・古木・御所等が(そん)(しょう)し、人々も牛馬も多く吹き殺される事態になりました。こうして真言の(いの)りは正しいものでないことが現証として()(けん)したのです。
 また大聖人は『八幡宮造営(はちまんぐうぞうえい)事』に、
    ()(ゆえ)()ぬる文永十一年四月十二日に、大風(だいふう)ふきて其の年他国よりおそひ来たるべき前相なり。風は是天地の使ひなり。まつり事あらければ風あらしと申すは(これ)なり」(同一五五七頁)
と、この悪風は(まつりごと)の乱れの(しょう)(ちょう)であり、また蒙古襲来の(ぜん)(ちょう)であると仰せられています。
 こうして第三の国諌の時に仰せられた、
    「大蒙古を調(じょう)(ぶく)せん(こと)真言師には仰せ付けらるべからず。()し大事を真言師調伏するならば、いよいよいそいで此の国ほろぶべし(中略)天の()()(しき)いかりすくなからず、きう()に見へて候。よも今年はすごし候はじと語りたりき」(同 八六七頁)
との大聖人の予言は的中したのです。この年文永十一年十月、蒙古の大軍は、壱岐(いき)対馬(つしま)()め入り、ありとあらゆる(ぼう)(ぎゃく)()くし、さらにその大軍は北九州の沿岸(えんがん)へと()()せてきたのです。
 いわゆる「文永(ぶんえい)(えき)」という未曽有(みぞう)の大事件が起きたのです。
 
『基本を学ぼう』目次へ戻る