大白法 平成19年7月1日刊(第720号より転載)

 
 (しゃく) (ぶく) と は B
 

@(しゃく)(ぶく)の心構え
 −()()(しつ)(さん)()

 私たちの(しゃく)(ぶく)()(きょう)の心構えとして、『(ほっ)()(ほん)第十』には「()()(しつ)(さん)()」が説かれています。
 衣座室の三軌とは、(にょ)(らい)の室に入り、如来の衣を着、如来の座に座して、(おこた)ることなく、広く妙法を説き(ひろ)めることで、日蓮大聖人様は、
「衣とは(にゅう)()(にん)(にく)(ころも)(とう)(じゃく)(にん)(にく)(がい)(これ)なり。座とは()(しゃく)(しん)(みょう)の修行なれば(くう)座に居するなり。室とは慈悲(じひ)に住して弘むる(ゆえ)なり。母の子を思ふが(ごと)くなり」(御書一七五〇頁)
と示されています。
 
(にょ)(らい)の衣」
 「如来の衣」とは「柔和忍辱の心」を持つことで、柔和とは三大秘法の教えに、正直に深く()()することであり、忍辱とは(よろい)とも示されるように、いかなる()(じょく)にも()え、いかなる危害をも(しの)んでいくことです。
 私たちは、「御本尊様への確信に満ちた姿勢と言動」をもって折伏を行じることが大切です。あやふやなことを言っても、相手の心に正しく伝わりません。確信ある行動が、相手の心に(ひび)くのです。
 また、唱題や折伏を行じていけば、()(はたら)きが活発になり、様々な問題が生じてきます。正法を害せんとする魔の用きに対して、自らの信心を(ふる)い起こし、()え忍ぶ(かく)()が必要です。
 この柔和忍辱の心を持って、折伏に(はげ)むならば、必ず御本尊様の(みょう)()(こうむ)り、折伏成就の大きな()(どく)を得ることができるのです。
 
「如来の座」
 「如来の座」とは、『法師品』に、
(しょ)(ほう)(くう)を座と()す」(法華経三三二頁)
と説かれています。諸法空というのは、一切のものごとは本来(くう)であって実体がないことから、欲得等の(とら)われから(はな)れることをいいます。
 御法主日如上人猊下は、
「一切の(ぼん)(のう)に執われず、一切の(しゅう)(じゃく)に執われず、(たい)(ぜん)として大聖人様の教えを()(づう)することであり、まさしくそれは()()(しゃく)(しん)(みょう)の修行そのものであります」(大白法六八五号)
(おお)せられています。私たちは(ぼん)()の心の用きである煩悩や執着、またはしがらみなどに執われずに、ひたすら大聖人様の教えのままに信心修行することが大切なのです。
 
「如来の室」
 最後に「如来の室」については「慈悲に住して弘むる」とあります。
 慈悲とは、苦を()き楽を(あた)えるという意味で、様々な苦しみに(あえ)ぐ人々から、苦しみの原因を取り除き、(しょう)(ぼう)(しん)(こう)による安楽を与えようと志す大きな心をいいます。
 私たちは、我が子を自らの命に代えてでも救おうとする親のごとく、折伏対象者に対して「何としても()(ちが)った道から引き返させ、苦しみから救うのだ」と、必死になって折伏を行じていくことが(かん)(よう)です。
 時には強い言葉で相手に対して法を説かなければならない時もありますが、慈悲をもって行えば必ず入信に導くことができるでしょう。
 

A(ほう)(ぼう)()(どう)(ざい)から(だっ)する

 大聖人様は『()()殿(どの)御返事』に、
(ほう)(ぼう)を責めずして(じょう)(ぶつ)を願はゞ、火の中に水を求め、水の中に火を(たず)ぬるが如くなるべし。はかなしはかなし」(御書一〇四〇頁)
と仰せです。たとえ自分自身が謗法を(おか)していなくても、折伏行に努めなければ、謗法に()(どう)していることとなり、同じ罪を受けます。
 そこで、第二十六世日寛上人は、
「常に心に折伏を忘れて四箇(しか)の名言を思わずんば、心が謗法になるなり。口に折伏を言わずんば、口が謗法に同ずるなり。手に(じゅ)()を持ちて本尊に向かわずんば、身が謗法に同ずるなり」(御書文段六〇八頁)
と、身と口と意の(さん)(ごう)をもって折伏を行じることが大切であると()()(なん)されています。
 折伏は(ぶっ)()(かな)う修行であり、自分自身の(ざい)(しょう)(しょう)(めつ)と功徳になるのみならず、(じゅん)(えん)(ぎゃく)(えん)を問わず、相手を救う尊い()()いなのです。
 

B(りっ)(しょう)(あん)(こく)の原理と日蓮正宗(そう)(ぞく)の使命

 『(りっ)(しょう)(あん)(こく)(ろん)』において、世に競い起こる様々な災難(三災七難)の根本原因は、人々が仏法の(せい)(じゃ)(わきま)えず、邪宗邪義を信じて正法を信仰しないところにあると明かされています。
 そして、その解決の方法について、
「早く天下の(せい)(ひつ)を思はゞ(すべから)く国中の謗法を()つべし」(御書二四七頁)
(なんじ)早く信仰の寸心を改めて速やかに(じつ)(じょう)の一善に帰せよ」(同 二五〇頁)
と、社会に(まん)(えん)する邪宗邪義の謗法を断ち、人々が真実の正法に帰依することが急務であると仰せです。そうすることによって、この世界は仏国土となり、真の平和な社会が築かれるのです。
 また、第二十六世日寛上人は『立正安国論』の「立正」について、
「立正の両字は三箇の秘法を(ふく)むなり」(御書文段 六頁)
と仰せです。すなわち、真実の正法とは三大秘法であり、三大秘法総在の(ほん)(もん)(かい)(だん)の大御本尊が「立正安国」実現の根幹です。
 私たちには、この三大秘法の大仏法を世に打ち立て、邪宗邪義の謗法を破し、あらゆる人々の成仏と(あん)(のん)な仏国土建設を成し()げる使命があるのです。
 平成二十一年・『立正安国論』(しょう)()(けん)(よう)七百五十年の御命題成就に向かって、日々、唱題行と折伏行に(まい)(しん)してまいりましょう。
『基本を学ぼう』目次へ戻る