大白法・平成12年9月1日刊(第556号より転載)御書解説(89)―背景と大意

内房女房御返事(御書 1489頁)
(別名『報中臣某女書』

一、御述作の由来

 本抄は、弘安三(一二八〇)年八月十四日、大聖人様が五十九歳の御時、駿河国庵原郡内房(うつぶさ)に住む信徒より、父親の百箇日忌の供養のために御供養と願文が送られ、その返書として(したた)められたものです。
 本抄を賜った内房女房殿は、正式には中臣(なかとみ)氏という立派な氏姓を持つ家柄です。
 この中臣氏は、古来からの有力な氏族で、藤原氏もここから出ています。そしてこの中臣氏は政権を担うこととなった藤原氏とは道を異にし、本来の神祇祭祀(じんぎさいし)(つかさど)る神官の家として誇ってきました。
 しかし、内房家は旧来の邪宗を捨てて大聖人様に帰依し、父親をも立派に霊山浄土へと送った様子が、本抄からも伺うことができます。なお、御真蹟は現存しません。

二、本抄の大意

法華経での供養が最高の孝養
 初めに、内房女房殿よりの手紙には、父親の百箇日忌に当たり、その追善供養のために御供養と願文が添えられていました。
 その願文には、法華経一部並びに「方便」「寿量」、そして「自我偈」の読誦及び五万遍の唱題をもって父親の成仏を祈念したことが示されており、それに応える形で筆を運ばれています。
 そして、過去に法華経の読誦、あるいは一、二遍の唱題が行われ、所願成就したことはあるが、五万遍もの唱題は例がないとして称嘆され、その功徳の大きさを説かれています。
 次に、南岳大師や天台大師等が題目を唱えていた事実を示し、華厳経、阿含経等の一切経は法華経の所従、眷属であり、法華経こそが諸経の王であることを論証されています。
 さらに、王とは天地人を貫く意義のあることを示し、この王を(ないがし)ろにするところに、秩序が乱れ、勝劣が混乱し、亡国となることを示されています。特に仏教において華厳宗や真言宗、あるいは念仏宗や禅宗等の人々が法華経を信ぜず、怨敵となっていることがすべての下剋上(げこくじょう)背上向下(はいじょうこうげ)破上下乱(はじょうげらん)の元であることを喝破せられています。
 さらに、邪宗教の家に生まれてきた人は、いかに正直にして持戒尊貴(じかいそんき)であったとして も、また智慧において勝れているとは言っても、根本が下剋上、謗法の思想に立っている故に、正しく世間を治めることができないばかりか、堕地獄は免れないことを御教示されています。
 しかして、法華経は悪を変じて善となし、凡夫を仏とする功徳があることを示し、女房殿の孝養を称嘆されています。
 続いて、輪陀(りんだ)王の故事を挙げられます。 すなわち、輪陀王は白馬の鳴き声を聞いて力を増し、この白馬は白鳥を見て鳴くのですが、王の悪政のためか、過去の悪業のゆえか、白鳥が姿を消したために白馬が鳴かなくなり、王の力は衰えました。そこで王は、白馬を鳴かせるために外道と仏法に祈願をさせ、白鳥を鳴かせた方を信じ、もう一方を我が国に失うべしとの勅宣(ちょくせん)を下しました。そこで一切の外道が集まり祈願をしましたが、白馬を鳴かせることはできませんでした。その時、馬鳴(めみょう)菩薩が現れ、十方の諸仏に祈願したところ、たちまち白鳥が現れ、白馬が鳴き、王の力は再び勢いを増しました。王は勅宣のごとく、一切の外道の寺を仏寺としたということです。
 そして、今の日本国も同じであるとして、これまでの宗教の流れを振り返りつつ、最終的には伝教大師が、法華経こそ国家鎮護の三部経と決定したにもかかわらず、弘法・慈覚・智証等が邪智をもってこれを(くつがえし)し、真言の悪法を用いたことにより、亡国・堕地獄の道を開くことになってしまったことを指摘されています。
 最後に、
     「氏女(うじめ)の慈父は、輪陀王(りんだおう)の如し、氏女は馬鳴(めみょう)菩薩の如し。白鳥は法華経の如し、白馬は日蓮が如し」
と示され、女房殿の強盛な信心によって父親を供養することができたことは、最高の孝養であったと称嘆され、本抄を結ばれています。

三、拝読のポイント

自行化他にわたる題目で折伏を実践
 第一に、内房女房殿の父親に対する篤い孝養心と報恩の姿を示されています。
 女房殿の願文には、
     「先考(せんこう)の幽霊生存の時、弟子(はる)かに千里の山河を(しの)ぎ、(まのあた)り妙法の題名を受け、然る後三十日を経ずして永く一生の終はりを告ぐ」
とあり、父親が病床にあった時に、わざわざ山河を越えて身延の大聖人様のもとへ参詣し、病気平癒(へいゆ)等の御祈念をしていただき、 亡くなった後は『自我偈』だけでも三百回、一日平均して三回も読誦しています。親を思う一途(いちず)な気持ちと報恩感謝の気持ちが、 私たちにもひしひしと伝わってきます。
 人が真剣に信仰に励むようになるきっかけは様々ですが、家族の病気や死去などもその一つです。普段はあまり考えたりしない人間の生死という根本問題に直面するからなのでしょう。私たちも普段から我が身の生死を見据えると共に、他の生死についても思いを馳せ、折伏に当たっては、今を逃してこの人を救う機会はないと心得て、真剣に折伏を実行してまいりましょう。
 第二に、題目の功徳についてです。
 大聖人様は、
     「一切の諸法に(わた)りて名字あり。其の名字皆其の体徳を顕はせし事なり」
と御教示されています。例えば、日本という二字にその国土の広さも産業も経済も人畜もすべてが納まっているように、妙法蓮華経という題目には法華経一部八巻二十八品はもとより、一切経の功徳が(そな)わってい ることを御教示あそばされています。
 もとより、大聖人様の仰せられている題目は文底秘沈の大法であって、天台・伝教等の唱えられた題目とは違います。しかし、題目にすべての功徳が具わっているという道理は、天台大師や伝教大師等が説かれたとおりです。
 私たちは、その上に立って、(もん)()()の中には意の法華経、(こう)(りゃく)(よう)の中には 要の題目、(しゅ)(じゅく)(だつ)の中には下種の妙法こそが、末法今時の大聖人様の仏法であり、自行化他にわたる題目であることを確信して、しっかりと唱題行に励んでまいりましょう。
 第三に、諸経の王たる法華経に背くことが、亡国・堕地獄の根本原因であることです。
 王とは、天の主、地の主、人の主ということであり、天地の理に則り人を治める徳をもっているのです。その徳をもつ国王を蔑ろにし、また背くことをすれば、国が亡ぶのは当然です。それと同じように、仏法にも浅深、次第があって、一切の功徳と道理は法華経にあるのですから、この法華経に背けば堕地獄の原因となるのは当然です。たとえ世間的に有能な人であっても、真に尊いものを知らなければ人を救うどころか、かえって不幸にしてしまいます。
 すなわち『自我偈』に、
     「不聞三宝名」(法華経 四四一頁)
と示されるように、罪障の深い人は真の三宝を知らないのです。
 私たちは、大聖人様が末法の御本仏であることを深く拝し、またそのすべてが三大秘法総在の本門戒壇の大御本尊として顕され、そしてそれが唯授一人の血脈によって代々の御法主上人猊下に相伝されていることを知らなければなりません。それ故に私たちは、この道理、筋道をしっかり(はら)に入 れて、正法外護と広宣流布に邁進していくことが大切です。
 第四に、善知識に巡り合うことの大切さです。輪陀王の故事にも見られるように、私たちは知らず知らずのうちに謗法を犯していたり、また過去の宿業によって様々な苦難に見舞われることがあります。その時、私たちの救いの鍵となるのが善知識としての正法を持つ僧侶であったり、親・兄弟であったり、また友人・知人であったりします。その折伏によって御本尊様に縁し、我が身の信力・行力によって仏力・法力とが合して悪業を消滅することができるのです。
 そこを信解すれば、今度は私たち一人ひとりが、一切衆生の善知識として折伏をしていかなければならないこともよく判ります。大聖人様は『米穀御書』に、
     「其の国の仏法は貴辺にまかせたてまつり候ぞ。仏種は縁に従って起こる、是の故に一乗を説くなるべし」(御書 1242頁)
と仰せです。良き仏の使いとして、一切衆生を折伏してまいりましょう。

四、結 び

三十万総登山に向かってさらなる精進を
 御法主日顕上人猊下は、先の全国青年部大会の砌、
     「根本の正しい妙法に縁するところ、あらゆる苦悩を乗り越え、その時どき、事ごとに応じて自由自在の対応をなし、安楽と喜びの境地に住しきれるのは、一心法界の妙法に宇宙人生の一切を含むからであり、すなわち法界のすべて、十界三千の数多(あまた)の内容を具えるからであります」(大白法 五四八号)
と御教示くださっています。
 この御指南をしっかりと心肝に染めて、真剣に広宣流布を願い、真の題目を唱えられるような立派な信徒に成長することを期し、来たる平成十四年・宗旨建立七百五十年の法華講三十万総登山に向かって、共々に精進してまいりましょう。