大白法・平成21年12月1日刊(第778号より転載)御書解説(164)―背景と大意

上野尼御前御返事(御書 1552頁)


 

 一、御述作の由来

 
 本抄は弘安四(一二八一)年一月十三日、日蓮大聖人様が六十歳の御時に(したた)められたお手紙です。御真蹟は現在、総本山大石寺に厳護されています。
 本抄の(たい)(ごう)(しゅう)は、(なん)(じょう)(ひょう)()(しち)(ろう)殿(どの)の妻であり時光(ときみつ)殿の母です。大聖人様は、上野殿母御前とも同尼御前とも呼称されています。
 夫・南条兵衛七郎は、東国御家人として鎌倉幕府に仕えていました。よって、公私にわたる用向きでたびたび鎌倉に(おもむ)く機会があり、そうした関係から、文永元(一二六四)年頃には大聖人様の教化を(こうむ)り正法に帰依し、以後熱心に妙法の信仰に励みました。夫人や子供たちも夫の勧めるままに妙法唱題に励みつつ、一家和楽の日々を過ごしていました。
 ところが翌文永二年春、頼みとする夫・兵衛七郎が死去しました。このとき末っ子の七郎五郎はいまだ夫人の胎内(たいない)にいたといいます。日頃から病弱だったとは言え、大黒柱を失うことは一家にとって青天の霹靂(へきれき)だったことでしょう。
 何の生活保証もない封建(ほうけん)下。小さな子供を抱えながら未亡人となった上野母御前の不安は筆舌に尽くせぬものだったに違いありません。しかし、大聖人様自ら墓参のために、わざわざ南条家を訪問されるなど、大聖人様より、身に余る御配慮と力強い励ましの御指南を戴き、一層の信心を決意したに違いありません。
 その後、竜の口法難や佐渡配流等、大聖人様を取り巻く環境は激動化し、南条家との連絡も途絶えがちとなりました。しかし文永十一年五月十七日、日興上人の勧めにより大聖人様が身延に入山されると、早速南条家では時光殿を遣わして種々の御供養を届けさせました。父・兵衛七郎の死去当時、幼子であった時光殿も、このとき十六歳。父親によく似た若き地頭として、たくましく成長していました。
 母御前はそれまで、夫を失った悲しみを唱題で乗り切り、はるか鎌倉や佐渡に赴かれた大聖人様を(しの)びながら、ひたすら一家の安寧(あんねい)と隆盛を願って信心に励みました。そうした苦難の日々を顧みるにつけても、時光殿も立派に成長して()(とく)を受け継ぎ、ひと安心したところに、思いがけず近隣(きんりん)とも言える身延の地に大聖人様が住まわれることになったのです。まさに、それまでの辛労(しんろう)も吹き飛び、母御前の喜びは一入(ひとしお)だったに違いありません。
 その後、富士熱原方面を中心に大法難が起こり、南条家でも迫害の嵐が吹き荒れましたが、どんなときも日興上人の直接の御指南を受けながら、心を合わせて一層の信心に励んでいったのです。
 ところがそんな折、またもや悲しい出来事が南条家を襲いました。それは、弘安三年九月五日に、時光殿の末の弟である七郎五郎が死去したのです。母御前にとって、父親の顔さえ知らずに生まれてきた末っ子の七郎五郎は殊の外かわいく、その子を失なった母の悲しみは、たいへんなものだったでしょう。
 翌弘安四年の新春、七郎五郎の死去をきっかけに尼となった母御前より、大聖人様に種々の御供養が届けられました。その志に対する返礼と、いまだ息子を失った悲哀から立ち直れずにいたであろう母尼を(いたわ)る慈愛あふれる御言葉を送られた御消息が本抄です。

 二、本抄の大意

 初めに、御供養の品目を挙げ、確かに受け取られた旨を報告されると共に、新春の挨拶文を(つづ)られています。
 続いて、非情の草木ですら秋冬に枯れても、春になれば必ず新芽を出して生まれ変わるのに、どうして青春真っ盛りであった七郎五郎は、二度とこの世に生き返ることがないのであろうか、返す返すも口惜しい旨の心情が述べられています。
 次に、子は親の(かたき)となる場合もあるものの、その多くは親にとってかけがえのない(たから)であるとし、(みょう)(しょう)(ごん)(のう)や生提女が子の信仰によって救われた例を引かれています。
 そして、無上の財である七郎五郎を失ったことは悔やんでも悔やみ切れないことであり、尼御前にとって世界の果て、大地の底までも亡き精霊を求め、さまよい歩かずにはおられない辛さであろうと、尼御前の悲しみを(なぐさ)められています。
 そして最後に、尼御前がこれからの人生において、南無妙法蓮華経の題目を一心に唱え続けるならば、必ず、教主釈尊が使いとなって霊山浄土へと導かれ、そこで我が子と再会できる旨を法華経『方便品』の経文を引用して説かれます。そして、そのためにも、常に唱題に勤めるよう尼御前の一層の信心を激励し、本抄を終えられています。

 三、拝読のポイント

 法統相続に全力を傾けて
 大聖人様は、
    「南無妙法蓮華経とばかり唱へて仏になるべき事(もっと)も大切なり。信心の厚薄によるべきなり。仏法の根本は信を以て源とす」(御書 一三八八n)
と教えられています。つまり、功徳あふれる人生と成仏の境界を築く源は、御本尊様に対する()るぎない信心であるという意味です。ですから、何物にも代え難い大切な子孫に、功徳の源である信心を伝えていくことは、一家の繁栄(はんえい)を築いていくために必要不可欠と言えます。
 南条家において大黒柱を失った尼御前が夫の遺志を受け継ぎ、立派に子供たちを育て上げて、後の一族の繁栄をもたらしたのは、ひとえに母尼が親としての責任のもと、法統相続に心を砕いたからに他なりません。
 一方、本抄で大聖人様が、妙荘厳王と生提女の例を引かれるように、子の信心によって親が救われる意義も存します。(すなわ)ち、妙荘厳王は当初、外道バラモンの教えを(あつ)く信仰していたものの、夫人と二人の息子の導きによって仏弟子となり、多くの功徳を積むことができました。また、生提女は生前の自身の報いから()()(どう)の苦しみに(あえ)いでいたものの、息子・目連尊者が法華経への信心により成仏することで、初めてその母である生提女も成仏することができたとされるのです。このように、子が正しい信心を行ってこそ、親の成仏も叶うとの意義から、まさに我が子は無上の財である旨を大聖人様は説かれているのです。
 私たちにとって、子孫は我が家の跡継ぎであると同時に、広宣流布の大切な人材でもあります。六年後、十二年後の御命題達成の(かぎ)は、そうした人材となるべき子供たちに、自行化他の実践を伝えていくことにあると言っても過言ではありません。
 御命題の佳節には、私たちの子や孫が、最高の財として、広布前進の闘いの陣頭に立って活躍できるよう、私たちが(そっ)(せん)(すい)(はん)していくことが肝要です。
 
 いかなる艱難(かんなん)をも乗り越えて
 上野尼御前は、若くして夫を亡くしながらも、信心根本に子供たちを育て上げていきました。しかし、そんな中、長男や末の息子に先立たれるといった試練の日々が続きました。また、熱原法難後、南条家は幕府の迫害によって重税に悩まされましたが、一家は一瞬たりとも妙法を疑わず、大聖人様の(おお)せのまま、ただ一途に自行化他の信心に励んでいきました。その結果、数々の試練を克服し、一生成仏の大功徳の実証を示すことができたのです。
 大聖人様は、
    「我並びに我が弟子、諸難ありとも疑ふ心なくば、()(ねん)に仏界にいたるべし。天の加護なき事を疑はざれ。現世の安穏ならざる事をなげかざれ」(同 五七四n)
と仰せです。これは、広宣流布の闘いの中で、いかに諸難が競おうとも、常に御本尊様に対する磐石な信心をもって前進する者は、必ず目標を達成し成仏することができる旨を教えられた御言葉です。
 信心修行の上で起こる種々の難は自身の信心を(きた)え上げていくための善知識となることを忘れず、どんなときも本抄で引用される『方便品』の「(にゃく)()(もん)(ぽう)(しゃ)()(いち)()(じょう)(ぶつ)」の文言を信じ、(ごう)(じょう)な信力・行力を(ふる)い立たせていくことが大事です。

 四、結 び

 御法主日如上人猊下は、
    「末法の一切衆生が救済される唯一の方途こそ折伏であり、折伏を忘れた信心は自行だけの信心に(おちい)り、自らも救済できないことにもなりかねないのであります。
     自行だけの信心は、大聖人のお心にかなう信心とはいえません」(大白法 七七三号)
と仰せられ、自行の着実な()(こう)と同時に化他の折伏行に精進してこそ、真の成仏の功徳善根を積み上げ、一家の繁栄をもたらすことができる旨を教えられています。
 私たちは、いかなる難にも負けることなく、何としてでも本年の折伏誓願目標を必ず達成し、来たる平成二十二年の活動に(はず)みをつけて、近くは六年後、十二年後の御命題達成、遠くは広宣流布大願成就のために、破邪顕正の闘いを着実に進めていきましょう。