大白法・平成29年1月16日刊(第949号)より転載
 
 平成二十九年 元旦勤行の砌
 
 宗旨建立七百六十五年「折伏育成の年」あけましておめでとうございます。
 本日、元旦勤行に参詣の皆様をはじめ、宗内僧俗御一同には、すがすがしく「折伏育成の年」を迎え、決意も新たに、いよいよの精進・御奉公をお誓いのことと存じます。
 昨年、皆様方には、平成三十三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年の記念事業の第一回特別御供養に当たり、()(ごころ)からの御厚志を賜り、心から厚く(おん)(れい)申し上げます。まことに有り難うございました。
 皆様から頂いた尊い御供養は、記念局として、為宗為法、有意義かつ有効に使用させていただき、御報恩に資していきたいと存じます。
 ここに重ねて、皆様方の愛宗護法の志に対し、心から厚く御礼申し上げるものであります。
 さて、今、宗門は僧俗一致・異体同心の団結をもって、来たるべき平成三十三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員八十万人体勢構築実現へ向かい、各講中ともに昼夜を(いと)わず、全力を傾注して力強く前進をしております。
 法華講員八十万人体勢の構築は、私どもが仏祖三宝尊の御宝前に誓った約束であり、かつ邪義邪宗の謗法の害毒によって、()(じょく)乱漫たる末法(こん)()の荒廃した世情を仏国土と化し、真の平和を築くため、なんとしても宗門の総力を結集して達成しなければならない、極めて大事な目標であります。
 大聖人様は『如説修行抄』に、
「今の時は権教即実教の敵と成る。一乗流布の()の時は権教有って敵と成る。まぎ()らはしくば実教より(これ)を責むべし。是を(しょう)(しゃく)の修行の中には法華折伏と申すなり。天台云はく『法華折伏破(ごん)(もん)理』と、(まこと)に故あるかな。(しか)るに(しょう)(じゅ)たる四安楽の修行を今の時行ずるならば、(ふゆ)種子を(くだ)して(やく)を求むる者にあらずや。(にわとり)(あかつき)に鳴くは(ゆう)なり、よい()に鳴くは(もっ)()なり。権実(ぞう)(らん)の時、法華経の御敵を責めずして山林に閉ぢ(こも)りて摂受の修行をせんは、(あに)法華経修行の時を失ふべき物怪にあらずや。されば末法(いま)の時、法華経の折伏の修行をば誰か経文の如く行じ給へる。誰人にても(おわ)せ、諸経は無得道堕地獄の根源、法華経(ひと)り成仏の法なりと(こえ)も惜しまず()ばはり給ひて、諸宗の人法共に折伏して御覧ぜよ。三類の(ごう)(てき)来たらん事は疑ひ無し」(御書 六七二n)
と仰せであります。
 まさしく、邪義邪宗の謗法の害毒によって()(たん)の苦しみに(あえ)ぐ末法今時の衆生を救済しうる教法は、仏法の鏡に照らして見るとき、末法の御本仏たる宗祖日蓮大聖人の仏法よりほかはなく、我らは一切衆生救済の大願に立って「誰人にても坐せ、諸経は無得道堕地獄の根源、法華経独り成仏の法なりと音も惜しまずよばはり給ひて」、破邪顕正の折伏を行じていくところに自他共の真の幸せが存することを、よくよく銘記すべきであります。
 特に、本年は「折伏育成の年」であります。折伏と併せて育成をしっかりと行っていかなければ、広布の戦力とはなりません。
 そもそも、折伏と育成は一体であります。折伏をしたら、その人の信心が確立できるように育成をしていく責任は折伏した者にあり、また講中の責任であります。
 (ちょう)(せき)の勤行をはじめ、信心の基本を教え、折伏することを教え、広布の戦力となるように育成していくなかで、講中もまた大きく、たくましく成長していくのであります。
 大聖人様は『異体同心事』に、
「異体同心なれば万事を(じょう)じ、同体異心なれば諸事(かな)ふ事なし」(同 一三八九n)
と仰せであります。
 講中が異体同心の御金言を心肝に染め、折伏した人も、また、された人も、異体同心して広布へ向けて前進していくことが、今、最も肝要であることを一人ひとりがしっかりと覚知し、折伏と育成の両義を行って、いかなる障魔にも負けない(きょう)(じん)な組織を構築されますよう心から願い、新年の挨拶といたします。