大白法・平成27年8月16日刊(第915号)より転載
 
 八月度 広布唱題会の砌
 
 皆さん、おはようございます。
 本日は、八月度の広布唱題会に当たり、皆様には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 さて、今、全国の法華講は、新たなる目標である平成三十三年・法華講員八十万人体勢構築へ向けて、僧俗一致の体勢をもって勇躍前進しております。
 誓願の達成は、我らに与えられた尊い使命であり、我らはなんとしてでも誓願を達成しなければなりません。
 されば、我々は、一人ひとりが誓願達成の強い意志と異体同心の団結と果敢なる行動をもって、ますます信心(ごう)(じょう)に折伏に励んでいくことが肝要であります。
 さて、大聖人様は『南条兵衛七郎殿御書』に、
「善なれども大善をやぶ()る小善は悪道に()つるなるべし」(御書 三二三n)
と仰せられています。
 すなわち、自分だけの幸せを求める考えは、たとえそれが善であったとしても、結局、その善は「大善をやぶる小善」にして、「悪道に堕つる」ことになると仰せられているのであります。つまり、自分だけの幸せを追い求める利己的な姿勢、いわゆる「大善をやぶる小善」こそ、実は仏が最も嫌った姿勢であります。
 爾前経において、二乗が(よう)不成仏、すなわち永遠に成仏することができないと言われたことも、ここに起因するのであります。
 しかれば、大善とは何か。ひとことで言えば、それはすべての人を正しい真実の道に導き、間違った教えや考えによって自分だけの幸せを求めている人達、あるいは間違った謗法の教えによって知らず知らずのうちに(とん)(じん)()の三毒にむしばまれ、()(たん)の苦しみに(あえ)いでいる多くの不幸な人々を救うことであります。
 そもそも、人を不幸に(おとしい)れる、その根本原因は何かと言えば、それはすべて謗法の害毒にあることをよくよく知らなければなりません。
 法華経譬喩品第三には、
()(ひと)信ぜずして ()の経を()(ぼう)せば (すなわ)ち一切 世間の仏種を断ぜん」(法華経 一七五n)
と仰せであります。
 「此の経」とは、(こん)()末法から拝せば、本因下種の南無妙法蓮華経にして、もし人が信ぜずして本因下種の南無妙法蓮華経を毀謗、つまり(そし)れば「一切世間の仏種を断ぜん」すなわち、成仏の種子を断ずることになると仰せられているのであります。
 また『顕謗法抄』には、
「問うて云はく、五逆罪より(ほか)の罪によりて()(けん)地獄に堕ちんことあるべしや。答へて云はく、()(ぼう)(しょう)(ぼう)の重罪なり。問うて云はく、証文如何(いかん)。答へて云はく、法華経第二に云はく『()し人信ぜずして此の経を()(ぼう)せば(ない)()()の人(みょう)(じゅう)して()()獄に入らん』等云云」(御書 二七九n)
と仰せであります。
 謗法の罪は五逆罪、すなわち父を殺し、母を殺し、()()(かん)を殺し、仏身より血を()だし、和合僧を破るの五逆罪よりも重く、阿鼻地獄に堕ちることは(ひつ)(じょう)であると仰せられているのであります。
 さらに『十法界明因果抄』には、
(けん)(どん)(ちゅう)(とう)等の罪に()って餓鬼道に堕することは世人知り(やす)し。慳貪等無き(もろもろ)の善人も謗法に依り(また)謗法の人に(しん)(ごん)し自然に其の義を信ずるに依って餓鬼道に堕することは、智者に(あら)ざれば(これ)を知らず。()く能く恐るべきか」(同 二〇八n)
と仰せであります。ここでは、たとえ慳貪等の罪がなくとも、謗法によって、また謗法の人に親近すれば餓鬼道に堕ちると仰せであります。
 さらにまた『善無畏抄』には、
(たと)ひ八万(しょう)(ぎょう)を読み大地微塵の塔婆を立て、大小乗の戒行を尽くし、十方世界の衆生を一子の如くに()すとも、法華経謗法の罪はきゆ()べからず。我等過去現在未来の三世の間に仏に成らずして六道の苦を受くるは偏(ひとえ)に法華経誹謗の罪なるべし」(同 五〇九n)
と、普段はお経を読み、塔婆を立て、型通りの信心をしていても、法華経誹謗の罪は、過去・現在・未来の三世わたって長くあとを引き、その罪はまことに深いと仰せであります。
 さらに『曽谷殿御返事』には、
(ほう)(ぼう)を責めずして成仏を願はゞ、火の中に水を求め、水の中に火を尋ぬるが如くなるべし。はかなしはかなし。(いか)に法華経を信じ給ふとも、謗法あらは必ず地獄に()つべし・う()し千ばい()(かに)の足一つ入れたらんが如し」(同 一〇四〇n)
と仰せであります。
 大聖人様はここでも、いかに法華経を信じていたとしても、もし謗法があれば必ず地獄に堕ちると、厳しく御教示あそばされているのであります。この御制誡を、我々は身に()みてよく知るべきであります。
 謗法の恐ろしさについては、このほかの経典、御書にも数多く説かれており、謗法に対して我々は重々、気をつけていかなければならないのであります。
 したがって、いかに謗法を対治し、過去(おん)(のん)(ごう)からの罪障を消滅して、自分自身の確固たる信心を築いていくか、ここが一生成仏にとって最も大事なところとなるのであります。
 不幸の根源となる謗法を対治するためには、まず第一に大御本尊様への微動だにもしない、確固()(ばつ)の絶対的確信を持つことであります。その大御本尊様への絶対信のもとに、謗法厳誡の宗是を堅く守り、自行化他の信心に励むところ、必ず転迷開悟の大功徳を享受することができるのであります。
 大聖人様は『御講聞書』に、
「今末法は南無妙法蓮華経の七字を弘めて()(しょう)(とく)(やく)有るべき時なり。されば此の題目には余事を(まじ)へば(ひが)(ごと)なるべし。此の妙法の大曼荼羅を身に(たも)ち心に念じ口に唱へ奉るべき時なり」(同 一八一八n)
と仰せであります。
 されば、各位にはこの御金言を拝し、謗法を破折して、一意専心、妙法広布に我が身を捧げ、強盛に信心に励む時、おのずと我らの成仏がかなうものであることを覚知され、いよいよ信心に励まれますよう心から念じ、本日の挨拶といたします。