大白法・平成27年6月16日刊(第911号)より転載
 
 六月度 広布唱題会の砌
 
 皆さん、おはようございます。
 本日は、六月度の広布唱題会に当たりまして、皆様には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 さて、今、全国の法華講は、先に第二祖日興上人御生誕七百七十年を記念して、法華講員五〇パーセント増の誓願を達成し、また奉祝大法要をはじめ、一連の奉祝行事をめでたく奉修して、新たなる目標である平成三十三年・法華講員八十万人体勢構築へ向けて、勇躍前進をいたしております。
 誓願の達成は、我らに与えられた尊い使命であり、我らはなんとしても誓願を達成しなければなりません。
 今、世界に目を転ずれば、各地では民族間の争いが絶えず、新たな戦争へと発展しかねない多くの問題が山積しており、(とう)(じょう)(けん)()(びゃく)(ほう)(おん)(もつ)の末法濁悪の世相そのままの姿を現じております。また、国内におきましても、人心が荒廃し、犯罪の多発化、凶悪化のほか、(くち)(のえ)()()島の火山噴火など、先行き不安な状況がますます倍増しております。
 大聖人様は『立正安国論』に、こうした世の中の不幸と混乱と苦悩の原因は、すべて間違った教え、すなわち邪義邪宗の謗法の害毒によると仰せであります。つまり、間違った邪義邪宗の教えによって、(とん)(じん)()の三毒が芽生え、この三毒によって、思想・見解が(にご)り、命が濁り、衆生世間が濁り、時代が濁り、世の中が不幸になっていくのであります。
 そもそも、貪瞋癡の三毒とは、善根を害する煩悩であります。この三毒が充満した時には、個人だけでなく、一国をも不幸にするのであります。
 大聖人様は『曽谷殿御返事』(御書一三八六n)に、戦争も(えき)(びょう)も、また()(かち)もすべて、貪瞋癡の三毒より起こると仰せであります。この貪瞋癡の三毒がなくならないかぎり、人々の苦悩や戦争はやみません。
 大聖人様の仏法は、久遠元初の妙法をもって、この貪瞋癡の三毒を、法身・般若・()(だつ)の三徳に転じていく、一切衆生救済の偉大なる教えであります。
 されば『始聞仏乗義』には、
「竜樹菩薩、妙法の妙の一字を釈して『譬へば大薬師の()く毒を(もっ)て薬と()すが如し』等云云。毒と云ふは何物ぞ、我等が煩悩・(ごう)・苦の三道なり。薬とは何物ぞ、法身・般若・解脱なり。『能以毒為薬』とは何物ぞ、三道を変じて三徳と為すのみ」(御書 一二〇八n)
と仰せられているのであります。まさに、一人ひとりの幸せはもとより、すべての人々と法界を浄化していくのが、偉大なる妙法の功徳力であります。
 我々は、大聖人様の弟子檀那として、邪義邪宗の間違った教えが、いかに多くの人々と世の中を混乱と不幸に(おとしい)れているかを知らしめ、一人でも多くの人を()(たん)の苦しみから救っていかなければなりません。
 我々の行う折伏は、慈悲行であります。この地球上からあらゆる苦悩を除き、争いや戦争をなくし、平和な世界を築き、世界中の人々が幸せになるために、折伏を行じているのであります。
 大聖人様は『持妙法華問答抄』に、
「されば(たも)たるゝ法だに第一ならば、持つ人随って第一なるべし」(同 二九八n)
と仰せであります。(いち)(えん)()(だい)第一の御本尊を(たも)つ者、広大無辺なる御本尊の功徳力によって、必ず一閻浮提第一の人となるとの仰せであります。
 私どもは、この大確信のもとに、一人ひとりが、末法の一切衆生救済の誓願に立ち、新たなる目標である平成三十三年・法華講員八十万人体勢構築へ向かって、講中()げて折伏に励み、もって自他共の幸せを築かれますよう心から願い、本日の挨拶といたします。