大白法・平成27年1月16日刊(第901号)より転載
 
 平成二十七年 元旦勤行の砌
 
 宗旨建立七百六十三年「達成・出陣の年」あけましておめでとうございます。
 御隠尊日顕上人猊下には、御機嫌(うるわ)しく新年をお迎えのことと慶賀に存じ上げます。
 また、山内をはじめ宗内僧俗御一同には、すがすがしく「達成・出陣の年」を迎え、決意も新たに、いよいよの精進・御奉公をお誓いのことと存じます。
 昨年、宗門におきましては、折伏の気運が一段と高揚し、全国の成果を総計しますと、昨年十月末をもって第二祖日興上人御生誕七百七十年、法華講員五〇パーセント増の誓願を達成することができました。
 これもひとえに、各支部の皆様が異体同心・一致団結して、昼夜をおかず真剣に折伏に取り組んできた結果であり、心から敬意を表するものであります。
 ただし、未達成の支部もわずかではありますが残っており、三月の期日までには全支部が必ず誓願を達成され、もって第二祖日興上人への御報恩を尽くされますようにお願いいたします。
 さて、本年は「達成・出陣の年」であります。
 「達成」とは、本年三月の第二祖日興上人御生誕七百七十年の期日までに、全支部が法華講員五〇パーセント増の誓願を達成することであります。
 これは、ただいまも申し上げました通り、たしかに昨年末には全国の折伏成果を総計すると五〇パーセント増の誓願は達成いたしましたが、いまだ全支部達成には至っておらず、したがって、なんとしてでも全支部が三月の期日までには誓願を達成することが急務であり、最重要課題であります。
 全支部が誓願を達成して初めて、与えられた命題を達成したことになるからであります。
 よって未達成の支部は、なお一層、信心を奮い起こし、(しん)(きょう)法重・死身()(ほう)の精神と()くなき実践行動をもって、あらゆる困難と障害を乗り越え、なんとしても期日までには必ず誓願を達成されますよう、くれぐれもお願いいたします。
 次に「出陣」とは、来たるべき平成三十三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年までに法華講員八十万人体勢構築のため、各講中ともに(きょう)(じん)な陣容を整え、勇躍として出陣することであります。
 その出陣の先にあるもの、それは必ず勝利でなければなりません。
 『論語』のなかに、
「知者は(まど)わず、(じん)(しゃ)(うれ)えず、勇者は(おそ)れず」
という言葉がありますが、私達もまた未来広布を展望し、誓願達成・広布達成の大志をもって、法華講員八十万人体勢の構築に向かって、惑わず、憂えず、懼れず、勝利への絶対的確信と意気(しょう)(てん)の勢いをもって、一致団結・異体同心、勇躍として前進することが肝要であります。
 大聖人様は『四条金吾殿御返事』に、
「なにの(ひょう)(ほう)よりも法華経の兵法をもち()ひ給ふべし。『(しょ)()(おん)(てき)(かい)(しつ)(ざい)(めつ)』の金言むなしかるべからず。兵法(けん)(ぎょう)の大事も此の妙法より()でたり。ふかく信心をとり給へ。あへて臆病にては(かな)ふべからず」(御書 一四〇七n)
と仰せであります。
 また、第二祖日興上人は『日興(ゆい)(かい)(おき)(もん)』に、
(いま)だ広宣流布せざる間は(しん)(みょう)を捨てゝ随力弘通を致すべき事」(同 一八八四n)
と仰せであります。
 私どもは、この宗開両祖の御遺誡を一人ひとりが心肝に染めて、講中一丸となって誓願達成へ向かって前進するとき、たとえいかなる障魔が行く手に立ちはだかろうが、必ず諸天善神の加護を得て勝利することができるのであります。
 されば『諌暁八幡抄』には、
「法華経の第五に云はく『諸天、昼夜に常に法の為の故に、(しか)(これ)を衛護す』文。経文の如くんば南無妙法蓮華経と申す人をば大梵天・帝釈・日月・四天等昼夜に守護すべしと見えたり」(同 一五四三n)
と仰せられているのであります。
 皆様には、この御金言を固く信じ、御本仏大聖人の()(こころ)のままに、一切衆生救済、仏国土実現の崇高なる使命をもって、いよいよ妙法広布に励み、まずは全支部が三月の期日までには、第二祖日興上人御生誕七百七十年、法華講員五〇パーセント増の誓願を必ず達成するとともに、新たなる目標である平成三十三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員八十万人体勢構築の実現へ向けて、異体同心・一致団結、勇躍として出陣されますよう心から願うものであります。
 他方、創価学会は「会則」の変更を議決し、あろうことか、
「弘安二年の御本尊は受持の対象にはいたしません」(聖教新聞・平成二六年一一月八日付)
と、本門戒壇の大御本尊への信仰を否定する大謗法を犯すに至りました。
 これは、御本仏宗祖日蓮大聖人への大反逆行為であり、多くの会員を幻惑して不幸に落としめる、()(ざん)極まる所業であります。
 されば、我々は創価学会員に対してその誤りを(ただ)し、一人でも多くの人を(かく)(せい)させ、救っていくことが大事であります。
 血脈正続の本宗に身を置く私どもは、身の福徳を心から感謝するとともに、こうした現状を(もっ)()することなく、なお一層の精進をもって破邪顕正の折伏を実践し、一支部も残らず誓願を達成して、宗開両祖の広大なる御恩徳に報い奉るよう心から念じ、元朝の挨拶といたします。