大白法・平成26年8月16日刊(第891号)より転載
 
 八月度 広布唱題会の砌
 
 皆さん、おはようございます。
 本日は、八月度の広布唱題会に当たり、皆様には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 本年も既に八月に入りましたが、第二祖日興上人御生誕七百七十年の佳節まであと二百十日余、皆様方には折伏誓願達成へ向けて、講中一結・異体同心して、日夜、御精進のことと存じます。
 さて、最近の(こん)(とん)とした世情を見ますると、人心は極度に(こう)(らん)し、ために国内外ともに悲惨で残酷な事件や事故が(ひん)(ぱつ)し、悪世末法そのままの様相を(てい)しております。
 こうした混迷を極める(じょく)(あく)の世に在って、今こそ、私どもは末法の御本仏宗祖日蓮大聖人様の仏法をもって、一人でも多くの人々に光を与え、救済する大事な使命があることを、一人ひとりが銘記すべきであります。
 大聖人様は『六難九易抄』に、
「悪人も女人も畜生も地獄の衆生も十界ともに即身成仏と説かれて候は、水の底なる石に火のあるが如く、百千万年くらき所にも(ともしび)を入れぬればあか()くなる。世間のあだなるものすら(なお)加様に不思議あり。(いか)(いわ)んや仏法の(たえ)なる()(のり)の御力をや。我等衆生の(あく)(ごう)(ぼん)(のう)(しょう)()()(ばく)の身が、正・了・縁の三仏性の因によりて即ち法・報・応の三身と顕はれん事疑ひなかるべし。『妙法の経(りき)をもって即身に成仏す』と伝教大師も釈せられて候。心は法華経の力にては、く()なはの竜女も即身成仏したりと申す事なり。御疑ひ候べからず」(御書 一二四四n)
と仰せられています。
 「水の底なる石に火のあるが如く、百千万年くらき所にも灯を入れぬればあかくなる」とは、たとえいかに悪業(じん)(じゅう)の者であっても、妙法の縁に触れて仏性を顕し、必ず救われることを示されているのであります。すなわち、川底に沈んでいる石でも、火打ち石の原理で火を出すことができ、百万年も続いた暗闇にでも(ともし)()を入れれば、たちまち明るくなるように、妙法の力は過去(おん)(のん)(ごう)からの悪業深重の身を、三身如来と顕すことができると仰せられているのであります。
 「悪業・煩悩・生死果縛の身」とは業・煩悩・苦の三道を言いまして、正了縁の三因仏性によって、この三道が法報応の三身と顕れるとは、煩悩が報身に、そして業が応身に、苦が法身へと転ずることを言いますが、これは『三世諸仏総勘文教相廃立』に、
「縁とは三因仏性は有りと(いえど)も善知識の縁に()はざれば、悟らず知らず顕はれず。善知識の縁に値へば必ず顕はるゝが故に縁と云ふなり」(同 一四二六n)
と仰せのように、凡夫に本来的に内在する三因仏性は、妙法の縁に触れて初めて仏性が仏性としての(はたら)きをするのでありまして、仏性がただ存在しているだけでは成仏に至らないのであります。したがって、妙法の縁に触れるということが極めて大事なのであります。
 故に『当体義抄』には、
「正直に方便を捨て(ただ)法華経を信じ、南無妙法蓮華経と唱ふる人は、(ぼん)(のう)(ごう)・苦の三道、法身・般若・()(だつ)の三徳と転じて、(さん)(がん)(さん)(たい)(そく)一心に顕はれ、()の人の所住の(ところ)(じょう)(じゃっ)(こう)()なり」(同 六九四n)
と仰せられているのであります。
 まさしく、煩悩・業・苦の三道が法身・般若・解脱の三徳と転ずる所以(ゆえん)は、ひとえに妙法の偉大なる力によるものであり、これを伝教大師は「妙法の経力をもって即身に成仏す」と釈され、もって今まで、爾前経では絶対に成仏しないと言われてきた()(しん)の竜女も、妙法の経力によって即身成仏したことを明かされているのであります。
 かくの如く、妙法の力は広大無辺にして、いかに罪障深き者でも必ず救うことができますが、ただし、これも信心の厚薄によることを忘れてはなりません。
 故に『日女御前御返事』には、
「南無妙法蓮華経とばかり唱へて仏になるべき事(もっと)も大切なり。信心の厚薄によるべきなり」(同 一三八八n)
と仰せられているのであります。
 今、宗門は来るべき平成二十七年、法華講員五〇パーセント増の誓願達成へ向けて、僧俗が一体となり、昼夜を分かたず前進しております。
 この時に当たり、我々は一人も残らず折伏に立ち上がり邪義邪宗の害毒によって()(たん)の苦しみに(あえ)ぐ、多くの人達を救済していかなければなりません。
 悪逆非道の提婆達多であろうが、蛇身の竜女であろうが、一切衆生ことごとくを救済し、成仏の直道に導けるのは大聖人様の仏法以外にはないことを、一人ひとりが銘記し、講中の総力を結集し、異体同心して折伏を行じ、もって誓願は必ず達成されますよう心からお祈りする次第であります。
 されば皆様には、
「いかなる大善をつくり、法華経を千万部書写し、一念三千の観道を得たる人なりとも法華経のか()きをだにもせめざれば得道ありがたし」(同 三二二n)
との御金言を御本仏の慈訓と拝して我が命に刻み、なお一層、気を引き締めて、全支部が必ず誓願を達成されますよう心からお祈りをいたしまして、本日の挨拶といたします。