大白法・平成26年8月16日刊(第891号)より転載
 
 唱題行(七月三十一日)の砌
 
 皆さん、おはようございます。
 今月の一日より行ってまいりました七月度の唱題行も、本日をもって終了いたします。これまで参加されていた皆様には、たいヘん御苦労さまでございました。 皆様にはこれからも、それぞれの所属の寺院において行われる唱題行には、進んで参加されますよう、心からお祈りいたします。また、各家庭におきましても唱題行を続けられ、さらにその功徳と歓喜をもって折伏に励み、一人ひとりが大きな功徳を積んでいただきたいと思います。
 さて、大聖人様は『教機時国抄』に、
「日本国の当世は如来の滅後二千二百一十余年、後五百歳に当たって妙法蓮華経広宣流布の時刻なり。(これ)時を知るなり」(御書 二七二n)
と仰せられています。
 御承知の通り、今、宗門は総力を結集して、明年の日興上人御生誕七百七十年、法華講員五〇パーセント増の誓願達成向けて、僧俗一致して前進しておりますが、私どもはこの(せん)(ざい)(いち)(ぐう)の好機を(のが)すことなく、まさに時を知り、すべての支部が必ず誓願を達成し、もって仏祖三宝尊に御報恩謝徳申し上げなければならないと思います。
 幸いに今、私どもは()い難き人界に生を受け、値い難き末法の御本仏宗祖日蓮大聖人様の仏法に値い奉り、妙法を唱え、信心に励む身の福運を心から感謝するとともに、今こそ一人ひとりが、仏恩報謝の念をもって誓願達成を目指して、悔いなく戦いきり、自他共の成仏を期していただきたいと思います。
 大聖人様は『如説修行抄』に、
「されば末法今の時、法華経の折伏の修行をば誰か経文の如く行じ給へる。誰人にても(おわ)せ、諸経は無得道堕地獄の根源、法華経(ひと)り成仏の法なりと(こえ)も惜しまずよばはり給ひて、諸宗の人法共に折伏して御覧ぜよ」(同 六七三n)
と仰せられています。
 今日の世相を見ると、真実の仏法を知らない多くの人々が、三界六道の苦しみを受け、転々として苦しみを繰り返し、この苦しみの世界から出ることができずに(あえ)いでいます。これはすべて、邪義邪宗の謗法の害毒によるものであります。
 私どもは、こうした苦悩に喘ぐ多くの人々に対して、邪義邪宗の害毒の(へい)(がい)を説き、折伏を行じ、救っていかなければなりません。
 されば、明年の日興上人御生誕七百七十年の佳節まで、残りあとに七ヵ月余り、私どもはこの七ヵ月余りを有効的に悔いなく戦いきり、すべての支部が必ず誓願を達成されますよう心からお願いをいたしまして、本日の挨拶といたします。