大白法・平成25年9月16日刊(第869号)より転載
 
 九月度 広布唱題会の砌
 
 皆さん、おはようございます。
 本日は、総本山における九月度の広布唱題会に当たりまして、皆様には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 本年もいよいよ九月に入りましたが、皆様には僧俗一致・異体同心して、日夜、折伏誓願達成へ向けて御精進のことと存じます。
 特に本年度は、十一月には御影堂の大改修落慶法要が行われることになっており、その前、十月末までには全支部が必ず折伏誓願を達成して、晴れて仏祖三宝尊に御報告申し上げたいと思っております。
 もちろん、そのためには今まで以上の努力がなければ誓願を達成することはできませんが、しかし、講中が異体同心して、まさに時機到来と心得、あらゆる困難を乗り越え、全力を傾注して大折伏戦を展開していけば、諸天も加護せられ、必ず誓願は達成できると固く信じております。
 さて、法華経譬喩品を拝しますと、
(もろもろ)の衆生を見るに、生老病死、憂悲(うひ)苦悩の(しょう)(しゃ)する所と()る。(また)、五欲財利を以ての故に、種種の苦を受く。又(とん)(じゃく)(つい)()するを以ての故に、現には(しゅ)()を受け、(のち)には地獄、畜生、餓鬼の苦を受く。()し天上に生れ、及び人間に在っては、(びん)()困苦、愛別離苦、(おん)(ぞう)()()(かく)の如き等の種種の諸苦あり。衆生()の中に(ぼつ)(ざい)して、歓喜し()()して、覚えず知らず、驚かず()じず。亦、(いと)うことを()さず、解脱(げだつ)を求めず。此の三界の火宅に於て、東西に()(そう)して、大苦に遭うと(いえど)も、以て(うれい)()ず」(法華経 一五一n)
とあります。解りやすく申し上げますと、
「世の中の多くの人々は、いつも生老病死の四苦に悩まされ、また様々な欲望のために苦しみ、(ざい)と利を求めて苦しみ、満足することを知らず、()くなく物事に執着して苦しみ、その結果、地獄・餓鬼・畜生の三悪道に堕ちて苦しんでいる。もし天上界に生まれたとしても、あるいは人間界にあっても、心はひどく貧しくて苦しみ、愛する人とは離別し、(うら)み憎む者と出会っては怒り苦しんでいる。にもかかわらず、こうした苦しみのなかにどっぷりとつかって、遊びほうけている。そのため、苦しみに慣れてしまって、苦しみを苦しみとも『覚えず知らず、驚かず怖じず』、また苦しみを(いと)うこともせず、苦から(のが)れようともせず、この苦しみのなかを走り回っていて、大きな苦しみに遭おうとも、惰性に流されてしまって、それを(わずら)わしくも思わないでいる」
と仰せられているのであります。
 たしかに、今の世の中を見ますると、この(たと)え話のような人々がたくさんいる。いつも苦しんでいながら、いつの間にか苦しみに慣れてしまって、苦しみを苦しみとも思わず、惰性に流された生活から抜け出そうともしない。そのくせ、かりそめの楽しみに(ふけ)り、はかないつかの間の喜びに満足して、もっと大きな喜び、本当の喜びがあるにもかかわらず、それを求めようともしない。
 その様は、あたかも「三車火宅の譬え」にあるように、燃えさかる家のなかに在って、危険が迫っているにもかかわらず、遊びほうけている子供達の姿と同じであります。
 私どもは、こうした人々に対して、苦しみの根源は何か、真の幸せを築くためには何をなすべきかを心を込めて説き、一人でも多くの人に大聖人様の仏法を下種結縁して、折伏を行じていかなくてはなりません。
 そもそも今日、多くの人々がこうした混沌(こんとん)とした状態に陥っているのは、ひとえに間違った思想、間違った考えが世の中に遍満(へんまん)しているからであります。では、その間違った思想や考えの根源は何かと言えば、結局、邪義邪宗の謗法の害毒にあることを知らなければなりません。
 大聖人様は『当体義抄』に、
「当世の諸人(これ)多しと(いえど)も二人を出でず。(いわ)ゆる権教の人、実教の人なり」(御書 六九三n)
と仰せられています。
 この「権教の人」すなわち、謗法に毒せられた人を一人でも多く救っていくのが、「実教の人」すなわち、末法の御本仏宗祖日蓮大聖人様の教えを受持信行する我々であり、その責務はまことに重いのであります。
 大聖人様は『持妙法華問答抄』に、
「願はくは『(げん)()(あん)(のん)()(しょう)(ぜん)(しょ)』の妙法を持つのみこそ、(ただ)今生の名聞後世の弄引(ろういん)なるべけれ。(すべから)く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ、他をも(すす)めんのみこそ、今生人界の(おもい)()なるべき」(同 三OOn)
と仰せであります。
 一切衆生救済の秘法たる文底下種の妙法をもって、邪義邪宗の害毒によって不幸に(あえ)ぐ多くの人々を救い、『立正安国論』の原理を体現し、広宣流布・仏国土実現を図っていくのが、我らに課せられた最も大事な使命であります。
 特に今、宗門は来たるべき平成二十七年・三十三年の目標達成へ向けて、僧俗一致の戦いを展開しております。
 この時に当たり、私どもは一人ひとりが地涌の菩薩の眷属(けんぞく)として、(しん)(きょう)(ほう)(じゅう)()(しん)()(ほう)の聖訓を(ほう)(たい)し、もって折伏誓願達成へ向けてしっかりと折伏を行じていくことこそ、最も肝要であることを銘記され、十月末日まであと残り二月(ふたつき)、すべての支部が師子(ふん)(じん)(りき)をもって誓願達成へ向けて戦いきっていただきたいことを心から念じ、本日の挨拶といたします。