大白法・平成25年1月16日刊(第853号)より転載
 
 唱題行(一月三日)の砌
 
 皆様、新年おめでとうございます。
 宗旨建立七百六十一年の新春を迎え、御隠尊日顕上人猊下をはじめ奉り、宗内僧俗の皆様には、すがすがしく「団結前進の年」をお迎えのことと慶賀に存じます。
 昨年、宗門は僧俗一致・異体同心の団結と、(しん)(きよう)(ほう)(じゆう)()(しん)()(ほう)の活躍により、全国五百八十六支部、すべての支部が折伏誓願を達成いたしました。
 これはまさしく、全国的に各支部の折伏活動が時を得て活発化され、広布へ向かって大きく前進をしている証拠であり、各支部の健闘を心から称賛するものであります。まことにおめでとうございました。
 一方、海外においても、台湾、韓国をはじめアジア、ヨーロッパ、北米、中南米、アフリカなど、総本山から遠く離れた所でも、大聖人様の御聖意を体し、全世界の平和とすべての人々の幸せを願って真剣に折伏を行じ、世界広布へ向けて活動をされています。
 このように、昨年は国内外ともに折伏の気運が大いに高まり、二十七年・三十三年へ向けて大きく前進することができました。
 これもひとえに、国内外の僧俗御一同が、今こそ折伏実践の大事な時であることを深く自覚され、一致団結して身軽法重・死身弘法の折伏を行じてきた結果であり、このことは必ずや、これからの二十七年・三十三年ならびに広宣流布の戦いにとっても大きな推進力となると思います。
 どうぞ、皆様にはこれからもなお一層、自行化他の信心に励み、本年度の折伏誓願の達成と未来広布へ向けて、いよいよの御精進を心から願うものであります。
 
 さて、本年は「団結前進の年」であります。
 元旦にも申し上げましたが、団結前進とは、本宗僧俗一同、(こころざし)を同じくして団結し、折伏を実践し、折伏をもって、遠くは一天四海本因妙広宣流布達成、近くは来たるべき平成二十七年・三十三年の目標達成へ向かって前進することであります。
 この使命を果たすためには、それぞれが大御本尊様の広大無辺なる功徳を信じ、その絶対的確信を持って折伏することが極めて大事であります。
 大聖人様は『観心本尊抄』に、
「釈尊の因行果徳の二法は妙法蓮華経の五字に具足す。我等()の五字を受持すれば()(ねん)()の因果の功徳を譲り与へたまふ」(御書 六五三n)
と仰せであります。
 すなわち「因行果徳の二法」とは、「因行」とは一往は仏果を目指し、菩薩として修する六波羅蜜等の修行を言い、「果徳」とは修行の結果、成仏することによって具わる万徳を言いますが、再往、文底下種の仏法においては、
「三世十方の仏は必ず妙法蓮華経の五字を種として仏に成り給へり」(同 一四四八n)
と仰せのように、三世十方の諸仏の因行果徳は、ことごとく文底下種の妙法に具足しており、末法の衆生はこの妙法五字を受持することによって、仏の因行果徳を譲り与えられることになるのであります。
 したがって、折伏に当たって、まず第一にこの大確信を持って御本尊様の絶対性を説き、心を込めて対話をしていくことが大事であります。
 当然のことでありますが、折伏する当人が確信のない話をしても、相手は微塵も心を動かしません。私どもの確信ある言葉が、相手の心を動かし、やがて入信するに至るのであります。
 しこうして、この大御本尊様への絶対的な確信と、いかなる障魔にも負けない強い折伏意欲はどこから生まれてくるのかと言えば、それは強盛なる唱題から生まれてくるのであります。
 『日女御前御返事』には、
「此の御本尊も(ただ)信心の二字にをさまれり。()(しん)(とく)(にゆう)とは(これ)なり。日蓮が弟子檀那等『正直捨方便』『()(じゆ)()(きよう)(いち)()』と無二に信ずる故に()て、此の御本尊の宝塔の中へ入るべきなり。たのもしたのもし。如何(いか)にも後生をたし()なみ給ふべし、たしなみ給ふべし。(あな)(かしこ)。南無妙法蓮華経とばかり唱へて仏になるべき事尤も大切なり」(同 一三八八n)
と仰せであります。
 まさしく、唱題によって得た功徳と歓喜をもって折伏に打って出る。これが、折伏を達成成就するためには欠すことができない絶対の要件であります。
 このことを忘れず、本年一年、広布のために身を惜しまず、唱題と折伏に励み、本年もまた昨年同様、全支部が誓願を達成し、もって来たるべき平成二十七年・三十三年の目標達成へ向けて大前進されますよう、心から念ずる次第であります。
 特に、本年はかねて進められておりました御影堂の大改修工事が完了し、十一月から十二月にかけて、落慶大法要ならびに落慶記念法要が奉修される予定であります。
 よって、我々はこの大慶事を迎えるに当たり、大改修なった御影堂の偉容にふさわしい信心の内実を図り、折伏を早期に達成し、もって晴れて大法要を迎えるよう、努力することが大切であります。
 なおまた、御影堂大改修工事に当たり、皆様方からいただいた尊い御供養に対し、この席を借りて、心から厚く御礼を申し上げます。まことに有り難うございました。
 法要等の詳細につきましては、追って宗務院よりお知らせいたしますので、なにとぞよろしくお願いをいたします。
 以上、法華講の初登山に当たりまして、皆様方のいよいよの信心倍増と折伏誓願達成、さらに御健勝を心からお祈り申し上げ、本日の挨拶といたします。