大白法・平成24年8月16日刊(第843号)より転載
 
 唱題行(七月三十一日)の砌
 
 今月一日より行ってまいりました七月度の唱題行も、本日をもって終了いたします。今まで参加されていた皆様には、たいへん御苦労さまでした。
 どうぞこれからも、それぞれの寺院において行われる唱題行には、こぞって参加されますよう、お祈りいたします。また、各家庭においても唱題行を続けられ、たくさん功徳を積んでいただきたいと思います。
 さて、大聖人様は『持妙法華問答抄』に、
「願はくは『(げん)()(あん)(のん)()(しょう)(ぜん)(しょ)』の妙法を持つのみこそ、只今生の(みょう)(もん)後世の(ろう)(いん)なるべけれ。(すべから)く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ、他をも(すす)めんのみこそ、今生人界の(おも)(いで)なるべき」(御書 三〇〇n)
と仰せであります。
 「現世安穏後生善処」とは法華経薬草喩品の御文でありまして「現世安穏にして(のち)に善処に生ず」と読みます。
 すなわち、これは如来が説く法の勝れた法力を説いたもので、妙法を信受する衆生の、過去・現在・未来の三世にわたる功徳を述べられており、現世では安穏なる境界となり、未来世においても必ず善処に生まれ、妙法を受持することができるとの意味であります。つまり、現世に妙法信受に励んだ因は自らの境界を開き、因果の二法によって必ず未来世には善処へ生まれるとしているのであります。
 よって、私どもにとって、この現世安穏後生善処の妙法を持つことのみが、今生にあっては真の名聞・名誉であり、後世には成仏の弄引、すなわち成仏の手引きとなると仰せであります。
 されば、すべからく心を一つにして南無妙法蓮華経と我も唱え、また他の人にも勧めることが、今生に人間として生まれてきた思い出になる、と仰せられているのであります。
 まさしく、この御文は自行化他にわたる信心を勧められており、一人ひとりがこの御文を銘記され、唱題と折伏に励むことが、人間として(まれ)なる生を受け、()い難き仏法に巡り値えた我らが、まず第一になすべき、最も大事な仏道修行であることを知るべきであります。
 今、宗門は、僧俗一致・異体同心して、来たるべき平成二十七年・三十三年の目標達成へ向けて力強く前進をしております。
 特に、本年は全支部折伏誓願達成が目標であり、既に多くの支部が本年度の誓顕を達成しております。なかには、二十七年の目標である法華講員五十パーセント増を近々、達成する支部もあり、このままいけば全支部達成は必ずかなうと思います。
 どうぞ皆様には、これから暑さも増すことと思いますが、暑さに負けず、唱題を重ね、折伏を行じ、もって本年度は必ず全支部が誓願を達成されますよう心からお祈りをいたしまして、簡単でありますが本日の挨拶といたします。