大白法・平成24年2月16日刊(第831号より転載)
 
 二月度 広布唱題会の砌
 
 皆さん、おはようございます。
 本日は、二月度の広布唱題会に当たり、皆様には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 昨年、宗門は僧俗一致・異体同心の団結と、(しん)(きょう)(ほう)(じゅう)()(しん)()(ほう)の大活躍によって、全国五百八十四支部中、九十九パーセントに当たる五百七十八支部が折伏誓願を達成し、今までにない大きな成果を()げることができました。
 残念ながら、全支部達成とはいきませんでしたが、しかし、全国の達成数を合計すると誓願数を上回っており、大勝利であったと思います。
 これもひとえに、各支部の方々が僧俗一致・異体同心の団結と、誓願達成の強い思いを込めて、最後の最後まで全力を出しきって戦ってきた結果であり、心からお喜び申し上げます。まことにおめでとうございました。
 是非、この勝利を起爆剤としてさらに前進を重ね、本年度は必ず全支部が誓願を達成されますようお祈りいたします。
 さて、今月は宗祖日蓮大聖人様の御誕生の月であります。
 御承知のとおり、大聖人様は貞応元(一二二二)年二月十六日、()(わの)(くに)に御誕生あそばされました。
 大聖人様の末法御出現は、既に三千年の昔、釈尊が法華経において予証されており、如来神力品には、
(にち)(がつ)の光明の ()(もろもろ)(ゆう)(みょう)を除くが如く ()(ひと)世間に行じて 能く衆生の闇を滅す」(法華経 五一六n)
と仰せられているのであります。
 この神力品の御文は、末法の初めの五百年に上行菩薩、すなわち内証久遠元初自受用身の御本仏宗祖日蓮大聖人が御出現あそばされ、妙法蓮華経の五字をもって無明煩悩の闇を照らし、末法の一切衆生を救済あそばされることを明かされているのであります。
 その末法御出現の御本仏大聖人様が御所持あそばされるところの妙法とは、久遠の本法たる妙法五字であり、人即法、法即人の妙法蓮華経にして、(にん)に約せば久遠元初自受用報身如来の再誕、末法御出現の御本仏宗祖日蓮大聖人様であり、法に約せば久遠元初の妙法であります。この人法一箇の妙法こそが、末法の一切衆生救済の根源の法であります。
 故に大聖人様は『御義口伝』に、
「今日蓮が唱ふる処の南無妙法蓮華経は末法一万年の衆生まで成仏せしむるなり(中略)妙法の大良薬を以て一切衆生の無明の大病を()せん事疑ひ無きなり」(御書 一七三二n)
と仰せられているのであります。
 しかるに、世の多くの人達は一生成仏の正しい法を知らず、邪義邪宗の害毒によって正邪に迷い、その結果、謗法を犯し、苦悩にあえいでいるのが現状であります。
 されば『立正安国論』には、 
「世(みな)正に(そむ)き人(ことごと)く悪に帰す。故に善神(くに)を捨てゝ(あい)去り、聖人(ところ)を辞して(かえ)らず。(ここ)を以て魔来たり()来たり、(さい)起こり難起こる。()はずんばあるべからず。恐れずんばあるべからず」(二三四n)
と仰せられ、今日の如き世の中の不幸と混乱と苦悩の原因は、すべて邪義邪宗の謗法の害毒にあることを明かされているのであります。よって、この不幸と混乱と苦悩の根源たる謗法を()たなければ、己れ自身の幸せも、世の中の平和も実現することはできないのであります。
 故に『立正安国論』には、
「早く天下の(せい)(ひつ)を思はゞ(すべから)く国中の謗法を()つべし」(同 二四七n)
と仰せられているのであります。
 さらに『南条兵衛七郎殿御書』には、
「いかなる大善をつくり、法華経を千万部書写し、一念三千の観道を得たる人なりとも、法華経のかた()きをだにもせめざれば得道ありがたし」(同 三二二n)
と仰せられ、『曽谷殿御返事』には、
謗法(ほうぼう)を責めずして成仏を願はゞ、火の中に水を求め、水の中に火を尋ぬるが如くなるべし。はかなしはかなし」(同 一○四〇n)
と仰せられ、さらに『妙法比丘尼御返事』には、
「仏法の中には仏いま()しめて云はく、法華経のかたきを見て世をはゞかり恐れて申さずば釈迦仏の御敵、いかなる智人善人なりとも必ず無間地獄に堕つべし」(同 一二六二n)
と仰せであります。
 これらの御文は、いずれも折伏についてたいへん厳しい御教示でありますが、しかし、それだけ私どもの成仏にとって、いかに折伏を行ずることが大事であるかを示されたもので、私どもはこの御金言をしっかりと受け止め、御金言のままに折伏を行じていくことが肝要であります。
 『如説修行抄』には、
「権実雑乱(ぞうらん)の時、法華経の御敵を責めずして山林に閉ぢ篭りて摂受の修行をせんは、(あに)法華経修行の時を失ふべき物怪(もっけ)にあらずや。されば末法今の時、法華経の折伏の修行をば誰か経文の如く行じ給へる。誰人にても(おわ)せ、諸経は無得道堕地獄の根源、法華経(ひと)り成仏の法なりと(こえ)も惜しまずよばはり給ひて、諸宗の人法共に折伏して御覧ぜよ」(同 六七三n)
と仰せであります。
 「誰人にても坐せ、諸経は無得道堕地獄の根源、法華経独り成仏の法なりと音も惜しまずよばはり給ひて、諸宗の人法共に折伏して御覧ぜよ」との御金言を、私どもはよくよく(しん)()に染むべきであります。
 今、宗門は真の僧俗一致・異体同心の団結をもって、来たるべき平成二十七年・三十三年へ向けて前進しております。
 この時に当たり、一人ひとりが本年「実行前進の年」にふさわしく、一歩一歩、力強く折伏を実行し、折伏をもって来たるべき二十七年・三十三年の目標へ向かって前進していただきたいと思います。
 広宣流布の戦いには、後退はもちろん、とどまることも、(ちゅう)(ちょ)も無用であります。ただ「実行前進」あるのみであります。
 そのためには、まず唱題が大事であります。何年も連続して折伏誓願を達成している支部は、皆、講中挙げて唱題を行い、その唱題の功徳と歓喜をもって一丸となって折伏を行じ、大きな成果を挙げております。
 唱題と折伏との関係は、まさしく()(そく)()()の関係にあります。
 どうぞ、皆様にはこれからも唱題に励み、折伏を行じ、必ず本年度の誓願を達成されますよう心から念じ、本日の挨拶といたします。