大白法・平成24年2月1日刊(第830号)より転載
 
 唱題行(一月四日)の砌
 
 皆様、新年おめでとうございます。
 宗旨建立七百六十年の新春を迎え、御隠尊日顕上人猊下をはじめ奉り、宗内僧俗の皆様には、すがすがしく「実行前進の年」の新年をお迎えのことと慶賀に存じます。
 昨年、宗門は僧俗一致・異体同心の団結と、(しん)(きょう)(ほう)(じゅう)()(しん)()(ほう)の活躍により、全国で五百七十八の支部が折伏誓願を達成いたしました。
 元旦の発表では、五百七十七支部と申し上げましたが、その後、届け出が遅れた支部が一つあり、五百七十八支部となりましたので、全体で九十九パーセントの支部が誓願を達成したことになります。
 残念ながら、全支部達成とまではいきませんでしたが、しかし、ほぼ完全勝利に近く、かつ全国の達成数を総計すれば誓願数を上回っており、評価すべき大きな勝利であります。まさしくこれは、全国的に法華講の折伏活動が活発化され、大きく変化をしている証拠であります。
 そのなかでも特筆すべきことは、東北地方の大多数の支部が見事、折伏誓願を達成されたことであります。
 予想をはるかに超え、国内観測史上最大と言われる大津波により、壊滅的な打撃を受け、多くの犠牲者を出し、未曽有の災害をもたらした東日本大震災、また、それに伴う福島原発の放射能汚染問題等、幾多の障害と困難と悲しみを乗り越え、誓願を達成されたのも、ひとえに東北地方の方々の粘り強い強盛な信心と、『立正安国論』の御正意を厳粛に受け止め、信心を奮い起こし、災難にくじけることなく、強盛な一念に燃えて折伏に立ち上がった結果によるものと、心から敬意を表するものであります。
 東北地方の一日も早い復興と、皆様の御健勝を心からお祈りするものであります。
 一方、海外におきましても、既に寺院および布教所が建立されているスペイン・フィリピン・パナマ・台湾・韓国・シンガポール・マレーシア・アルゼンチン・アメリカニューヨーク・同じくロサンゼルス・香港・カナダバンクーバー・ガーナをはじめ、いまだ寺院および布教所が建立されていないメキシコ・ペルー・チリ・デンマーク・セルビア・イギリス・トーゴ・ベナン・コンゴ・タイ等の多くの国々でも誓願を達成しております。
 総本山から遠く離れた所でも、このように世界各国で大聖人様の御正意を体し、全世界の平和とすべての人々の幸せを願って真剣に折伏を行じ、活動されていることに心からの敬意と声援を送るものであります。
 このように、昨年は国内外ともに、折伏の気運が高まり、大きな成果を挙げ、二十七年・三十三年の目標達成へ向けて大きく前進することができました。
 これもひとえに、全世界の法華講の方々が、今こそ折伏実行の時であることを深く自覚され、その使命のもとにあらゆる障魔を乗り越え、勇猛果敢に折伏を行じてきた結果であり、いわば努力と団結の結晶であります。本当に御苦労さまでございました。
 国内外の皆様に心からの敬意を表するとともに、これからもなお一層の信心に励まれ、広布へ向けていよいよの御精進くださることを衷心よりお願いいたします。
 なおまた、昨年暮れには、国内および海外の法華講の方々から、『立正安国論』正義顕揚七百五十年の記念事業の遂行に当たり、特別御供養をいただき、まことに有り難うございました。いただいた御供養は、御影堂の大改修工事ならびに関連事業に有効に利用させていただきたいと存じます。ここに改めて厚く御礼申し上げるものであります。
 
 さて、本年は「実行前進の年」であります。
 実行前進とは、折伏を実行し、折伏をもって遠くは一天四海本因妙広宣流布、近くは平成二十七年・三十三年へ向けて、講中挙げて前進することであります。
 大聖人様は『聖愚問答抄』に、
「此の妙法蓮華経を信仰し奉る一行に、功徳として来たらざる事なく、善根として動かざる事なし。譬へば網の目無量なれども、一つの大綱を引くに動かざる目もなく、衣の糸筋巨多(あまた)なれども、一角を取るに糸筋として来たらざることなきが如し」(御書 四〇八n)
と仰せであります。
 この御文は、妙法蓮華経を信仰する功徳がいかに広大であるかを示された御文でありますが、私どもはこの御文を拝し、心から仏祖三宝尊に対し奉り、御報恩謝徳申し上げなければなりません。
 なぜなら、私どもは御本仏日蓮大聖人様の大慈大悲によって、三大秘法の大御本尊を持ち、煩悩・業・苦の三道を法身・般若(はんにゃ)()(だつ)の三徳と転じ、現当二世にわたる一生成仏の道を正しく歩ませていただいているからであります。
 この計り知れない広大無辺なる御恩徳に報い奉るためには、私どもは何をもってすることが最善の道であるのか。
 総本山第二十六世日寛上人は『報恩抄文段』に、
「邪法を退治するは即ち()れ報恩(中略)正法を弘通するは即ち是れ(しゃ)(とく)(中略)()わく、身命を()しまず邪法を退治し、正法を弘通する、(すなわ)ち一切の恩として報ぜざること()きが故なり」(日寛上人御書文段 三八四n)
と仰せであります。
 すなわち、邪法を退治し正法を弘通すること、すなわち破邪顕正の折伏こそが、三宝の恩をはじめ一切の恩に対する最高の報恩行であると御指南あそばされているのであります。
 されば、私どもは一人ひとりが、真剣に、真実の報恩行とは不自惜身命の信心をもって破邪顕正の折伏を実践することであることをしっかりと心肝に染め、本年「実行前進の年」を文字どおり、折伏を実行し、折伏をもって前進すべく、講中一丸となって折伏に励み、平成二十七年・三十三年の誓願達成へ向けて大前進していただきたいと思います。
 依然として、世の中には池田創価学会をはじめ様々な邪義邪宗がはびこり、その害毒によって多くの人が苦しみ、あえぎ、不幸に(おちい)っています。この人達を救う道は、破邪顕正の折伏以外にはありません。折伏は、一切衆生救済の最善の慈悲行であります。
 大聖人様は『持妙法華問答抄』に、
「願はくは『(げん)()(あん)(のん)()(しょう)(ぜん)(しょ)』の妙法を持つのみこそ、(ただ)今生の名聞後世の(ろう)(いん)なるべけれ。(すべから)く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ、他をも(すす)めんのみこそ、今生人界の思出(おもいで)なるべき」(御書 三〇〇n)
と仰せであります。
 皆様には、この御金言を拝し、(たゆ)まず題目を唱え、その歓喜と功徳をもって折伏に打って出て、本年度は必ず全支部が誓願を達成されますよう心からお祈り申し上げ、本日の挨拶といたします。