大白法・平成23年11月16日刊(第825号)より転載
 
 十一月度 広布唱題会の砌
 
 皆さん、おはようございます。
 本日は、十一月度の広布唱題会に当たり、皆様には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 いよいよ本年も十一月に入り、残り二月(ふたつき)となりましたが、各支部ともに本年度の折伏誓願を達成すべく、昼夜を分かたず、僧俗一致の戦いを進めているものと思います。
 御承知のとおり、本年は三月の東日本大震災をはじめ、台風やその他の異常気象などによって大雨・洪水等が発生して各地で大きな被害をもたらし、多くの方々が犠牲になられたことはまことに悲しむべきことであり、心から御冥福をお祈り申し上げるものであります。
 私どもは、こうした悲惨な現状を()の当たりにして、その根本原因が()(へん)にあるかを探り、平穏なる仏国土実現のため、今、何をなすべきかをしっかりと見極めていかなければなりません。
 結論から言えば、天変()(よう)をはじめ世の中の混乱と不幸と苦悩の根本原因は、大聖人様が『立正安国論』に、
「世(みな)正に(そむ)き人(ことごと)く悪に帰す。故に善神国を捨てゝ(あい)去り、聖人(ところ)を辞して(かえ)らず。(ここ)を以て魔来たり()来たり、(さい)起こり難起こる。言はずんばあるべからず。恐れずんばあるべからず」(御書 二三四n)
と仰せられているようにひとえに「世皆正に背き人悉く悪に帰す」故であります。すなわち、その根本原因は、すべて謗法の害毒によるのであります。
 されば今こそ我々は謗法を対治し、折伏を行じていかなければならないのであります。
 大聖人様は『立正安国論』に、
()し先づ国土を(やす)んじて現当を祈らんと(ほっ)せば、(すみ)やかに(じょう)(りょ)(めぐ)らし(いそ)いで対治を加へよ」(同 二四八n)
と仰せであります。
 世の中の人々の幸せを願い、現当二世にわたる国土の安穏を祈らんとすれば、まず不幸の根源たる邪義邪法の謗法を対治することが最も肝要であることを知るべきであります。
 折伏は最大の慈悲行であります。苦悩にあえぐ多くの人々を救い、平和で安穏な世の中を築くためには、この慈悲行をもってすることが最善の方途であります。
 また、折伏によって世の中の人々の心田(しんでん)に妙法を下種結縁し、仏性を目覚めさせ、妙法を唱えせしめることは、まさしく大乗の菩薩のなすべき最高の仏道修行であります。
 故に、菩薩の総願たる「四()誓願」の最初には「衆生無辺誓願度」が置かれているのであります。
 四弘誓願とは、菩薩が発する四つの誓願、すなわち衆生無辺誓願度・煩悩無数誓願断・法門無尽誓願知・仏道無上誓願成のことでありますが、すべての菩薩が共通して起こすので、総願とも言うのであります。
 このうち、衆生無辺誓願度とは、生死の苦しみに(しば)られ、苦悩にあえぐ人々をすべて成仏に導こうと誓うことであります。この衆生無辺誓願度を四弘誓願の最初に置くのは、他の三つが自行の誓願であるのに対し、化他行を重視し、衆生教化を菩薩の本分とするが故であり、また、それが菩薩の修行にとって最も肝要であるからであります。
 よって『御講聞書』には、
「所詮四弘誓願の中には衆生無辺誓願度肝要なり。(いま)日蓮等の(たぐい)は南無妙法蓮華経を以て衆生を度する、是より外には所詮無きなり」(同 一八六二n)
と仰せられているのであります。
 世間的に言っても、世のため人のために尽くすことは、自分自身がそこに生きがいと喜びを感じ、自らの成長が図られ、充実した人生を歩むことができると言われております。
 仏法においてはなおのこと、折伏によって一人でも多くの人々を幸せに導くことは、我ら地涌の菩薩の眷属として最も重要なことであり、これこそ最高の喜びであります。その折伏には、また自らも幸せになり他をも幸せとする、自利利他の大きな功徳を存しているのであります。
 そもそも、末法の衆生は本未有善であります。その本未有善の荒凡夫が成仏をするためには、爾前諸経に説かれるような(りゃっ)(こう)修行や、末法の衆生には到底不可能な六波羅蜜等の修行を経なくとも、ただ寿量品文底秘沈の南無妙法蓮華経を受持し、自行化他の信心に励んでいくことによって、必ず成仏がかなえられるのであります。
 故に、無量義経には、
(いま)だ六波羅蜜を修行することを得ずと(いえど)も、六波羅蜜()(ねん)に在前す」(法華経 四三n)
と説かれ、『観心本尊抄』には、
「釈尊の因行果徳の二法は妙法蓮華経の五字に具足す。我等此の五字を受持すれば()(ねん)に彼の因果の功徳を譲り与へたまふ。四大声聞の(りょう)()に云はく『()(じょう)(ほう)(じゅ)()()()(とく)』云云」(御書 六五三n)
と仰せられているのであります。
 まさしく、正像過時の(ほん)()有善の凡夫と異なり、末法本未有善の荒凡夫が成仏得道しうる秘法は、ただ寿量品文底秘沈の妙法蓮華経にして、この妙法を信受する以外には末法の荒凡夫が幸せになれる道はないのであります。
 さればこそ、我々本宗僧俗は大確信を持って、一人でも多くの人々に対して大御本尊様の広大無辺なる功徳を説き、折伏を行じ、救済していくことが最も肝要となるのであります。
 今、宗門は僧俗挙げて、来たる平成二十七年・三十三年の目標達成へ向けて大前進をしております。この戦いのなかで最も大切なことは、大御本尊様に対する絶対的な確信と、あらゆる困難・障害を排して断固、折伏を実践する、たくましい行動力であります。
 そのためには、しっかりと唱題することが肝要であります。唱題の功徳と歓喜をもって折伏に打って出ることが、誓願達成の秘訣であります。
 唱題の功徳によって、たくましい力と智慧と勇気が湧いてくるのであります。そして、私達の発する確信あるひとこと、ひとことが、必ず相手の心を大きく動かすことになるのであります。
 本年も残り二月(ふたつき)、一人ひとりがこの大確信を持って折伏に励んでいただきたいと思います。
 時間の価値は、その内容によって決まります。広宣流布のために、いかに充実した時間を送れるか否かは、これからの我々の戦いのいかんによります。その結果は、的確に我々の成仏、不成仏につながっているのであります。
 是非とも残り二月、限られた尊い時間を一時(いっとき)も無駄にすることなく、各支部ともに、なお一層の精進をもって、僧俗一致・異体同心して折伏を行じ、もって本年度は必ず全支部が折伏誓願を達成されますよう心からお祈りいたしまして、本日の挨拶といたします。