大白法・平成23年7月16日刊(第817号より転載)
 
 七月度 広布唱題会の砌
 
 皆さん、おはようございます。
 本日は、七月度の広布唱題会に当たりまして、皆様には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 皆様には既に御承知のとおり、今月は『立正安国論』上呈の月であります。『立正安国論』は、文応元(一二六〇)年七月十六日、宗祖日蓮大聖人御年三十九歳の時、宿屋左衛門入道を介して、時の最高権力者・北条時頼に提出された国主への諌暁書であります。
 『立正安国論』上呈の由来につきましては『安国論御勘由来』に、
(しょう)()元年太歳丁巳八月廿三日(いぬ)()の時、前代に超えたる大()(しん)。同二年八月一日大風。同三年()(きん)。正元元年(だい)(やく)(びょう)。同二年四季に(わた)りて大疫()まず。万民既に大半に超えて死を招き(おわ)んぬ。(しか)る間国主(これ)に驚き、内外典に仰せ付けて種々の御()(とう)有り。(しか)りと(いえど)も一分の(しるし)も無く、(かえ)りて飢疫等を増長す。日蓮世間の(てい)を見て(ほぼ)一切経を(かんが)ふるに、御()(しょう)験無く還りて凶悪を増長するの(よし)、道理文証之を得了んぬ。(つい)()むこと無く勘文一通を造り()し其の名を立正安国論と号す。文応元年七月十六日()()()入道に付し故最明寺入道殿に(そう)(しん)し了んぬ。(これ)(ひとえ)に国土の恩を報ぜんが為なり」(御書 三六七n)
と仰せあそばされています。
 すなわち、大聖人様は正嘉元(一二五七)年八月二十三日の大地震をはじめ、相次いで起きた(てん)(ぺん)()(よう)()(きん)(えき)(れい)等の(さん)(じょう)を見て、かかる国土退(たい)(はい)の根本原因は、ひとえに邪義邪宗の謗法の害毒にあると断ぜられ、直ちに邪義邪宗への帰依を(とど)めなければ、()(かい)(ほん)(ぎゃく)()(こく)(しん)(ぴつ)の二難をはじめ様々な難が必ず競い起こると、法華経・大集経・仁王経等、あまたの経証を挙げて警告をされ、こうした災難を防ぐためには、
(なんじ)早く信仰の寸心を改めて速やかに実乗の一善に帰せよ。(しか)れば(すなわ)ち三界は皆仏国なり、仏国其れ(おとろ)へんや。十方は(ことごと)く宝土なり、宝土何ぞ(やぶ)れんや。国に(すい)()無く土に()()無くんば身は(これ)安全にして、心は是禅定ならん。此の(ことば)此の(こと)信ずべく(あが)むべし」(同 二五〇n)
と仰せられて、一刻も早く謗法の念慮を絶ち、「実乗の一善」に帰することであると諌められているのであります。
 「実乗の一善」とは、大聖人様の御正意は文上の法華経ではなく、法華経文底独一本門の妙法蓮華経のことであり、三大秘法の随一大御本尊のことであります。すなわち、この大御本尊に帰依することが、国を安んずる最善の方途であると仰せられているのであります。
 よって日寛上人は、
「立正の両字は三箇の秘法を含むなり」(御書文段 六n)
と仰せであります。
 すなわち「立正」とは、末法万年の闇を照らし、弘通し給うところの本門の本尊と戒壇と題目の三大秘法を立つることであり、正法治国、国土安穏のためには、この本門の本尊と戒壇と題目の三大秘法の正法を立つることこそ肝要であると仰せあそばされているのであります。
 また『安国』の両字については、
「文は(ただ)日本及び現在に在り、意は(えん)()及び未来に通ずべし」(同 五n)
と仰せられています。
 つまり、国とは一往は日本国を指すも、再往は全世界・一閻浮提を指しているのであります。また、この『立正安国論』の(たい)(ごう)(しゅ)は時の最高権力者・北条時頼でありますが、実には一切衆生に与えられた諌言書であります。
 すなわち『立正安国論』は、大聖人様が日本国の上下万民が謗法の重科によって、今生には天変地夭、飢饉疫癘ならびに自界叛逆難、他国侵逼難等の重苦に責められ、未来には無間大城に堕ちて、永劫にわたって阿鼻の大苦に責められることを悲嘆せられ、身命を()して、北条時頼ならびに万人をお諌めあそばされたところの折伏諌暁書であります。
 されば、今日の(こん)(とん)とした現状を見るとき、今こそ我々は『立正安国論』の御正意を体して、一切衆生救済、仏国土実現を目指して、僧俗挙げて折伏に励んでいかなければなりま世ん。
 なぜなら、今回の東日本大震災をはじめ、国の様々な混乱の原因は『立正安国論』に照らして見るに、まさしく、
「世(みな)正に(そむ)き人(ことごと)く悪に帰す」(御書 二三四n)
故であり、その根本原因は、すべからく邪義邪宗の謗法の害毒にあるからであります。したがって今、私どもは、
「早く天下の(せい)(ひつ)を思はゞ(すべから)く国中の謗法を()つべし」(同 二四七n)
との御金言を肝に銘じて、一人ひとりが天下の静謐を祈り、国中の謗法を断つべく、折伏を行じていかなければならないのであります。
 所詮、天下泰平・国土安穏は、我らが等しく願うところであります。
 仏法には依正不二の原理が説かれておりまして、正報たる我ら衆生と依報たる国土世間とは、全く無関係にあるわけではありません。『瑞相御書』には、
「人の(よろこ)び多々なれば、天に(きち)(ずい)をあらはし、地に(たい)(しゃく)(うごき)あり。人の悪心盛んなれば、天に凶変、地に(きょう)(よう)(しゅっ)(たい)す。(しん)()の大小に随ひて天変の大小あり。地夭も又かくのごとし」(同 九二〇n)
と仰せであります。
 すなわち、(しょう)(ほう)たる我ら衆生が一切の謗法を捨てて、大乗の一善たる本門の本尊に帰依すれば、妙法蓮華経の計り知れない(りき)(ゆう)によって、我ら衆生一人ひとりの生命が浄化され、それが個から全体、衆生世間に及び、社会を浄化し、やがて()(ほう)たる国土世間に及び、仏国土と化していくのであります。
 逆に、我ら衆生の生命が謗法によって濁れば、その濁いりが国中に充満し、依報たる国土の上に様々な変化を現じ、天変地夭等となって現れるのであります。
 『立正安国論』には、
()()づ国土を(やす)んじて現当を祈らんと(ほっ)せば、(すみ)やかに(じょう)(りょ)(めぐ)らし(いそ)いで対治を加へよ」(同 二四八n)
と仰せであります。
 国土世間が安穏であることは、我々の幸せにとって極めて大事なことであります。そのためには、謗法を対治しなければならないのであります。
 すなわち、すべての混乱と苦悩と不幸の原因は、ひとえに邪義邪宗の謗法の害毒にあり、この謗法を対治し、折伏を行じ、苦悩にあえぐ多くの人々を救っていくことが今、我々に課せられた最も大事な使命であることを知らなければなりません。
 されば、我ら本宗僧俗は、遠くは一天四海本因妙広宣流布を目指し、近くは来たる平成二十七年・三十三年の目標達成を目指し、まずは全支部が、(ひと)支部たりとも遅れを取ることなく、眼前の目標である本年度の折伏誓願を必ず達成されますよう心からお祈りを申し上げ、本日の挨拶といたします。