大白法・平成23年2月16日刊(第807号より転載)
 
 二月度 広布唱題会の砌
 
 皆さん、おはようございます。
 本日は、総本山における二月度の広布唱題会に当たりまして、皆様には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 再三申し上げていることでありますが、宗門は昨年、国内外ともに折伏の気運が高まり、大きな成果を挙げて、平成二十七年・三十三年へ向けて大きく前進することができました。
 これもひとえに、指導教師をはじめ御信徒各位が心を一つにして、あらゆる難関を乗り越え、戦ってきた結果であり、心から御健闘を祝すものであります。どうぞ本年「実践行動の年」もこの勢いをもってさらに精進を重ね、すべての支部が必ず誓願を達成されますよう、心からお祈りいたします。
 さて、御承知のとおり、今月は宗祖日蓮大聖人御誕生の月であります。
 大聖人は、貞応元(一二二二)年二月十六日、法華経に予証せられたとおり、()(ゆう)上行菩薩、内証久遠元初自受用身の御本仏として末法に御出現あそばされましたが、その目的は、法華経本門寿量品文底秘沈の大法をもって、末法本未有善の一切衆生をしてことごとく仏道に()らしめ、即身成仏せしめるためであります。
 この御本仏大聖人の一切衆生救済の願業を今に引き継ぎ、その目的達成のために、(しん)(きょう)(ほう)(じゅう)()(しん)()(ほう)の御聖訓のままに、身を(てい)して御奉公に励んでいくところに、今日、本宗僧俗の最も大事な使命があると存ずるものであります。
 すなわち、謗法の害毒によって苦悩にあえぐ多くの人々に、一切衆生救済の秘法たる本因下種の妙法を下種し、折伏していくことが、使命にお応えする最善の方途であります。
 法華経法師品を拝しますと、滅後の弘教について「衣座室の三軌」が説かれております。すなわち、
「如来の室に入り、如来の衣を()、如来の座に()して、(しか)して(いま)し四衆の為に広く()の経を説くべし」(法華経 三二九n)
とあります。
 「如来の室に入り」とは大慈悲の心を起こすことであります。「如来の衣を著」とは柔和(にん)(にく)の衣を着ることであります。「如来の座に坐す」とは、『御義口伝』には、
「座とは()(しゃく)(しん)(みょう)の修行なれば空座に()するなり」(御書 一七五○n)
と仰せであります。
 つまり、柔和忍辱の衣を着て、不自惜身命の境地に立ち、慈悲の心をもって弘通せよと仰せられているのであります。
 たしかに、現代は折伏の方法も千差万別、種々の方法がありますが、基本的にはこの「衣座室の三軌」を心得て折伏することが大事ではないかと思います。
 さらに、それに加えて大事なことは、一人ひとりが大聖人の弟子檀那として、
「千万人と(いえど)()()かん」
との、断固たる決意をもって折伏に立ち上がることであります。
 今、宗門は折伏の気運がおおいに高まり、僧俗一致しての取り組みによって、昨年は国内外ともに大きな成果を挙げることができました。
 そのなかでも特筆すベきことは、インドであります。海外部からの報告によりますと、昨年、インドのムンバイ地方では約一千二百人の方が御授戒をお受けになりました。その活動のもとになったのは、わずか三人からの折伏であります。
 一人は御婦人で、元マレーシア人でありますが、三十年前に日本に帰化し、十年前に入信し、今はインドのムンバイにある旅行会社を経営しています。
 もう一人は、この方の兄に当たる方で、今はインドに帰化して、ムンバイに住んでおります。この方が一昨年、心臓病を(わずら)い緊急手術をいたしました。医者によると九十九パーセント命が助からないとのことでありましたが、前々から妹さんより折伏を受けており、お題目をあげ始めたのであります。その結果、手術も無事成功し、大きな功徳をいただいたのであります。そしてその後、一念発起して、妹さんと、あと一人のインド人の方と三人で折伏に立ち上がったのであります。
 三人目の方はインドの方で、ムンバイ地方の一粒種的存在でありましたが、活動する同志もなく、一人信心を続けていましたが、今、申し上げたように、この御兄妹と出会い、力を合わせ、三人で折伏活動を開始したのであります。その結果、驚くことなかれ、昨年は約千二百人の方々が御授戒を受けられたのであります。まさに驚異的な数字であります。
 さらに今般、現地から海外部に電話があり、「現在六百名の方が御授戒を待っています。いつ御授戒に来てくれますか」と言ってきたということであります。
 わずか三人から始めた折伏も、三人が心を合わせ、身軽法重・死身弘法の御聖訓のままに、何も恐るることなく、本気で折伏を実践していけば、折伏の輪は波状的に広がり、かくの如く、千二百人もの人を入信させることができるのであります。まさに、折伏は「本気になってやればできる」という(あか)しであります。
()さざるなり。(あた)わざるに非ざるなり」
という言葉があります。物事を実現できないのは、それが不可能だからではなく、やろうとしないからであるという意味であります。
 つまり、いくら能力があっても実行力や意思が足りなければ、物事は成就しないのであります。反対に、人はやる気になり、自信を持つと、能力以上の力を発揮するものであります。折伏も全く同じであります。
 言い換えれば、大御本尊様への絶対の確信と、やればできるという何ものにも(くじ)けない(けん)(にん)()(ばつ)の強固なる意志と自信、飽くことなき努力をもってすれば、折伏は必ず達成成就できることを、このインドの三人の方々は証明しているのであります。
 したがって、もし折伏が思うようにできないという方がいらっしゃったら、自分で自分自身に限界の枠を設けず、「為せば成る」との信念を持って、このインドの方々の強盛なる信心を見習い、手本として、心機一転、折伏を行じていただきたいと思います。そうすれば折伏は必ずできます。
 さらに付言すれば、そのためにも折伏に当たっては、まずしっかりと唱題をすることであります。唱題の功徳は計り知れないものがあります。一人でも多くの人を折伏せずにはいられないという強い慈悲の一念をはじめ、折伏に必要なあらゆる力が身に具わります。また、自信もつきます。唱題の功徳と歓喜をもって折伏に打って出ることが、達成成就の()(けつ)であります。
 事実、昨年、誓願を達成した支部は僧俗一致して唱題を行い、歓喜に燃えて折伏に打って出て成果を挙げています。
 どうぞ皆様には、インドの方々に勝るとも劣らない強盛なる信心と実践行動をもって、本年「実践行動の年」にふさわしく折伏を行じ、もって誓願を必ず達成されますよう心からお祈り申し上げ、本日の挨拶といたします。