大白法・平成22年4月16日刊(第787号より転載)
 
 四月度 広布唱題会の砌
 
 本日は、四月度の広布唱題会に当たり、皆様には御多用中のところ多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 本年「広布前進の年」も既に四月に入り、皆様には折伏誓願の達成へ向けて日夜、御精進のことと思います。
 さて、今、末法は「(とう)(じょう)(けん)()(びゃく)(ほう)(おん)(もつ)」と仰せられているように、人心は極度に乱れ、争い事が絶えず、天災、人災を問わず、悲惨で不幸な出来事が(ひん)(ぱん)に起こる時代であります。
 事実、今、世界へ目を転ずれば、果てしなく繰り返される爆弾テロや内戦、暴動など、悲惨な事件や事故が至る所で起きています。
 また、国内でも、政治・経済をはじめ多難な問題を抱えて、だれしもが前途に不安と()()を抱いているのが現状であります。
 しかし、視点を大きく変えて、仏法の上から見ると、実はこの末法という時代にこそ、久遠元初の御本仏が御出現あそばざれ、一切衆生救済の大法をお示しあそばされるのであります。すなわち、釈尊は法華経神力品において、
「日月の光明の ()(もろもろ)(ゆう)(みょう)を除くが如く ()の人世間に行じて 能く衆生の闇を滅す」(法華経 五一六n)
と仰せられ、御本仏の末法御出現を予証せられているのであります。大聖人様はこの御文について、
「経に云はく『日月の光明の能く諸の幽冥を除くが如く、斯の人世間に行じて能く衆生の闇を滅す』と此の文の心よくよく案じさせ給へ。『()(にん)(ぎょう)()(けん)』の五つの文字は、上行菩薩末法の始めの五百年に出現して、南無妙法蓮華経の五字の光明を()()だして、無明煩悩の闇をてらすべしと云ふ事なり。日蓮等此の上行菩薩の御使ひとして、日本国の一切衆生に法華経を()たも()てと(すす)めしは(これ)なり」(御書 一三九三n)
と仰せられています。
 大聖人様は、ここでは「上行菩薩の御使ひとして」と仰せられてはいますが、それはあくまでも()(ゆう)のお姿であって、内証(じん)()の上から拝せば、久遠元初の御本仏にましますのであります。
 つまり、五濁悪世と言われる末法こそ、一閻浮提のすべての人々を救済する偉大なる(りき)(ゆう)を兼備あそばされた久遠元初の御本仏が御出現あそばされ、根源の大法たる南無妙法蓮華経を御顕示あそばされ、もって末法本未有善の衆生を救済あそばされるのであります。末法の衆生は、この根源の大法たる妙法蓮華経の五字を受持信行して、初めて自らの幸せを築き、また世界中のすべての人々の幸せを実現することができるのであります。
 思うに、今、我々は()い難き人界に生を受け、さらに値い難き仏法に値い奉り、一閻浮提第一の大御本尊に巡り値うことができました。この喜びは(せん)(げん)(ばん)()をもってしても言い表すことのできない無上の喜びであります。
 私達は、このたぐいまれなる深い因縁に心から感謝するとともに、仏祖三宝尊へ対し奉り、衷心より御報恩謝徳申し上げていかなければなりません。と同時に、この功徳と歓喜を受け身とし、自分一人だけのものとしていたのでは、せっかくの功徳も半減してしまいます。
 大聖人様は、人間の持つ様々な苦悩と不幸の原因は、すべて謗法の害毒によると仰せられ、その謗法を払い、功徳を積んでいくことができる唯一の方途こそ、折伏であると仰せられています。つまり、折伏することによって、我々は無始以来の謗法の罪障を消滅し、現当二世にわたる功徳を受けて、自他共に幸せになることができるのであります。
 法華経随喜功徳品には「五十展転(てんでん)随喜の功徳」が説かれております。すなわち、仏様の教えを聞いて随喜の心を起こして人に伝え、さらにこの人が随喜して次の先に伝え、また随喜して次の人に伝え、こうして次々と展転して、五十番目に伝え聞いた人の功徳は、四百万億()(そう)()の世界にいる六道や四生の衆生を八十年の間、供養し、さらに導いて阿羅漢にした人よりも大きく、それらの人々の得る功徳の百千万億倍にも相当するほど大きいと。しかも五十番目の人はまだ化他の行はありませんが、それでもかくの如く、このような功徳があり、まして、第一番目の自行化他を具足した者の功徳はさらに大きく、計り知れないほど広大であると説かれているのであります。
 つまり、化他行を伴わない五十番目の人の功徳の大きさを挙げて、化他行を伴う人の功徳がいかに大きいかを示されているわけでありますが、これは取りも直さず、折伏する人の功徳が計り知れないほど大きいことを示されているのであります。
 事実、折伏を行じて大きな功徳をいただいた方々が、たくさんおられます。折伏すれば必ず境界が変わります。御本仏大聖人様の教えに従って、広布のため、世のため、人のために尽くして、変わらないわけはありません。
 特に、本年は「広布前進の年」であります。広布前進とは言葉を換えて言えば、折伏前進ということであります。
 すべての支部は、年頭に当たり、それぞれ本年度の折伏誓願を立てたと思います。いかなることがあろうと、御宝前において立てた誓願は必ず達成するようにしなければなりません。誓願は、あくまで達成するために立てられたものであります。
 『開目抄』には、
「つ()なき者のならひは、約束せし事をまことの時はわするゝなるべし」(同 五七四n)
と仰せであります。
 私達はこのような(あなど)りを、けっして受けてはなりません。御本尊様の御前で立てた誓願を、講中が一致団結、全力を傾注して達成し、晴れて御本尊様の御照覧をいただくことほど無上の喜びはありません。
 全国的には、既に誓願を達成した支部も多くあります。大聖人様は『持妙法華問答抄』に、
「願はくは『(げん)()(あん)(のん)()(しょう)(ぜん)(しょ)』の妙法を持つのみこそ、(ただ)今生の名聞後世の弄引(ろういん)なるべけれ。(すべから)く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ、他をも勧めんのみこそ、今生人界の思出(おもいで)なるべき」(同 三〇〇n)
と仰せられています。
 本日、ここに御参加の皆様には、どうぞ、この御金言を拝し、一人ひとりが大御本尊様への絶対の確信のもと、世のため、人のため、一人も残らず大折伏戦に参加し、三世(じょう)(ごう)にわたる、揺るぎない真の幸せを築かれますよう心からお祈りをいたしまして、本日の挨拶といたします。