大白法・平成22年1月16日刊(第781号より転載)
 
 一月度 広布唱題会の砌
 
「広布前進の年」の新春、あけましておめでとうございます。
 御隠尊日顕上人猊下には、御機嫌(うるわ)しく新年をお迎えの御ことと慶賀に存じ上げます。
 また、宗内僧俗御一同様には、すがすがしく「広布前進の年」を迎え、決意も新たに、いよいよの御奉公・御精進をお誓いのことと存じます。
 総本山におきましては『本年も恒例により一月中、本日は元日につき午前九時から行いましたが、原則的には午前八時より一時間の唱題行を執り行いますので、各位にはこぞって御参加くださるよう願います。
 特に、本年は「広布前進の年」であります。「広布前進の年」とは言葉を換えて言えば「折伏前進の年」であります。広宣流布の達成は、折伏をもって初めて達成することができるからであります。
 その折伏を実践するために大切なことは唱題であります。唱題は仏道修行の根本をなすもので、成仏のための大切な行であります。
 大聖人は『妙法尼御前御返事』に、
白粉(おしろい)の力は(うるし)を変じて雪のごとく白くなす。(しゅ)()(せん)に近づく衆色は皆金色なり。法華経の名号を(たも)つ人は、一生(ない)()()()(おん)(のん)(ごう)の黒業の漆変じて(びゃく)(ごう)の大善となる。いわうや無始の善根皆変じで金色となり候なり。しかれば故聖霊、最後臨終に南無妙法蓮華経ととな()へさせ給ひしかば、一生乃至無始の悪業変じて仏の種となり給ふ。(ぼん)(のう)(そく)()(だい)(しょう)()(そく)()(はん)、即身成仏と申す法門なり」(御書 一四八三n)
と仰せられ、唱題によって過去遠々劫の悪業も転じて善業となると明かされ、さらに無始以来の宿業がそのまま成仏の因となることを説かれたのが、煩悩即菩提、生死即涅槃、即身成仏の法門であると明かされておられます。
 また『法華題目抄』には、
(しか)るに今の代の世間の学者の云はく、(ただ)信心(ばか)りにて()(しん)なく、南無妙法蓮華経と唱ふる計りにて、(いか)でか悪趣をまぬかるべき等云云。此の人々は経文の如くならば、阿鼻大城まぬ()かれがたし。さればさせる()はなくとも、南無妙法蓮華経と唱ふるならば、悪道をまぬかるべし」(同 三五四n)
と仰せられ、世間の学者らが解を重んじて信心を軽んずる非を厳しく責め、仏法においては信心が根本であり、信心の実践なくしては、いかなる功徳も享受することができないこと示されているのであります。
 換言すれば、宗教・仏教から信心・信仰という行為を取ってしまえば、それは単なる理論であって、仏法でもなく宗教でもないのであります。
 単なる理論では、いかに立派であっても、いかなる功徳も受けることはできず、それによって成仏はできないのであります。
 そこに、仏教においては、
(それ)仏道に()る根本は信をもて(もと)とす」(同 三五三n)
と仰せられた深い意義が存しているのであります。
 つまり、我ら末法の荒凡夫は自分の力だけでは正しく真理を証得し、絶対的な幸福境界を築くことは到底できませんが、『御義口伝』に、
「三世の諸仏の智慧をかうは信の一字なり。智慧とは南無妙法蓮華経なり。信は智慧の因にして名字即なり。信の(ほか)()無く、解の外に信無し。信の一字を以て妙覚の種子と定めたり。(いま)日蓮等の(たぐい)南無妙法蓮華経と信受領納する故に()(じょう)(ほう)(じゅ)()()()(とく)の大宝珠を得るなり。信は智慧の種なり」(同 一七三七n)
と仰せのように、宇宙法界の根源の法を内薫自悟せられた御本仏大聖人の教えを信じて実践することによって、我らもまた、既に仏が証得せられたと同じ智慧を持ち、「無上宝聚不求自得の大宝珠」つまり、絶対的な幸福境界を得ることができるのであります。
 その信心の実践こそ唱題であり、唱題なくして仏法の広大無辺なる功徳を享受することはできないのであります。
 しかも、末法の題目は正像二時の自行の題目と異なり、自行化他にわたる題目であります。故に『三大秘法抄』には、
「題目とは二意有り。所謂(いわゆる)正像と末法となり。正法には天親菩薩・竜樹菩薩、題目を唱へさせ給ひしかども、自行計りにして唱へてさて()みぬ。像法には南岳・天台等は南無妙法蓮華経と唱へ給ひて、自行の為にして広く化他の為に説かず。(これ)理行の題目なり。末法に入って今日蓮が唱ふる所の題目は前代に異なり、自行化他に(わた)りて南無妙法蓮華経なり」(同 一五九四n)
と仰せであります。
 すなわち、末法の題目は自行化他にわたるもので、自らも救い、他をも救わんとするものであります。
 つまり、自行の題目とは唱題行であり、化他の題目とは折伏行であります。唱題と折伏は一体のものであり、信心を根本とした唱題こそが折伏の源泉となるのであります。この故に日寛上人は『観心本尊抄文段』に、
「自行()し満つれば必ず化他有り。化他は即ち是れ慈悲なり」(御書文段 二一九n)
と、唱題行の功徳が満ちるところに、必ず折伏の実践が伴うことを御指南あそばされています。
 されば、くれぐれも大事なことは、唱題も折伏も一体であり、唱題行が、ただ唱題行だけに終わるのではなくして、その功徳と歓喜をもって折伏を行ずることが最も大事なのであります。唱題だけでは自行化他にわたる事の題目にならず、ややもすれば正法・像法の理の題目になずんでしまいかねないからであります。
 よって、本年「広布前進の年」は、一人ひとりがしっかりと唱題に励み、折伏を行じ、自行化他の信心に住し、もって本年の誓願を必ず達成するよう、仏祖三宝尊の御宝前に誓い、広布の大願を目指して勇猛精進していただきたいと思います。
 特に、現今の混沌(こんとん)とした国内外の世相を見るとき、我々大聖人様の弟子檀那は憂国(ゆうこく)の士となって、世のため、人のため、「身軽法重・死身弘法」の御聖訓を体し、我が身を呈して仏国土実現へ向けて尽力していくことが肝要であろうと存じます。
 「槿(きん)()一日の(えい)」に(とら)われて今なすべきことをなさずにいることほど愚かなことはありません。
 どうぞ、各位には受け難き人界に生を受け、値い難き仏法に値い奉り、御本仏の弟子檀那となった深い因縁を心に刻み、この日本を救い、世界を救い、真の世界平和実現を目指して、いよいよ御精進くださることを心から念じ、本日の挨拶といたします。