大白法・平成21年1月16日刊(第757号より転載)
 
 平成二十一年元旦勤行の砌
 
 皆様、新年あけましておめでとうございます。
 『立正安国論』正義顕揚七百五十年の新春、あけましておめでとうございます。
 御隠尊日顕上人猊下には、御機嫌(うるわ)しくしく新年をお迎えのことと慶賀に存じ上げます。
 また、山内をはじめ宗内僧俗の皆様には、すがすがしく「正義顕揚の年」を迎え、決意も新たに、いよいよの御奉公、御精進をお誓いのことと存じます。
 本年、正義顕揚の年は、平成十四年、日顕上人より「地涌倍増」と「大結集」の御命題をいただいてから七年、御命題完結の年であり、本宗僧俗は全力を傾注して、なんとしてでも御命題を達成し、仏祖三宝尊と御命題をくだされた日顕上人猊下の御指南にお応えしていかなければなりません。
 具体的には、七月十五・十六日の「記念大法要」、そして七月二十六日の「七万五千名大結集総会」「記念総登山」、さらに「地涌倍増」であります。なかんずく、七万五千名大結集総会は、いまだかって行われたことがない大結集であり、法華講の精鋭が本門戒壇の大御本尊まします、ここ総木山に集う世紀の大総会であります。
 この七万五千名大結集総会は、今までの七年間の総決算でありますが、ただそれだけではなくして、次の広布への戦いに向けての大出陣式でもあります。したがって、そこに集う精鋭は次の戦いの中核となるべき人材であります。
 総本山に結集した全国七万五千名の法華講の精鋭が、大御本尊様の御前において広布の誓いを立て、広布の使命に燃えて一斉(いっせい)に立ち上がり、大折伏戦を展開していけば、必ず大きな変革が顕れます。まず法華講が変わります。法華講が変われば、必ず世の中が変わります。
 そもそも、折伏は末法濁悪の世に在って、一切衆生救済の最善の方途であります。しかのみならず、折伏は自他共に幸せになるのみにあらず、世の中を変え、娑婆即寂光の原理によって国土世間を変え、仏国土を実現する、計り知れない力を秘めているのであります。
 故に『立正安国論』には、
    「汝早く信仰の寸心を改めて速やかに実乗の一善に帰せよ。(しか)れば(すなわ)ち三界は皆仏国なり、仏国()れ衰へんや。十方は(ことごと)く宝土なり、宝土何ぞ(やぶ)れんや。国に(すい)()無く土に破壊(はえ)無くんば身は(これ)安全にして、心は是禅定ならん。()(ことば)此の(こと)信ずべく崇むべし」(御書 二五〇n)
と仰せであります。
 一人ひとりの折伏は、たしかにわずかではありますが、それが七万五千ともなれば必ず大きな力になります。ときにはその七万五千が国を動かすほどの力ともなるのであります。
 されば、『立正安国論』の御理想実現に向かって、今こそ本宗僧俗は心を一つにして折伏に立ち上がらなければなりません。
 そのためにも、まずなんとしてでも、精鋭集う七万五千名大結集総会を大成功()に収めることであり、その功徳と歓喜と勢いをもって折伏に打って出ていくことが、本年なすべき最も重要なる課題であります。
 また、『立正安国論』正義顕揚七百五十年を記念しての記念大法要は当然、記念総登山も極めて大事であります。法華講は記念総登山によって足腰を鍛え、いかなる事態に遭遇しようが敢然として広布への道を前進していくことができる、(ばん)()()(とう)の強力な力を持たなければなりません。広宣流布の戦いには必ず障魔が現れるからであります。
 しかし、異体同心の団結をもってあらゆる魔を打ち破り、ひたすら一天四海本因妙広宣流布の道を前進するのが法華講であります。
 どうぞ皆様には、以上、あらあら申し上げましたとおり、本年、正義顕揚の年の意義を心肝に染め、勇猛精進、大結集に、折伏に励み、悔いなく戦いきっていただきたいことを心から念願し、元朝の挨拶といたします。