大白法・平成21年10月16日刊(第775号より転載)
 
 十月度広布唱題会の砌
 
 皆さん、おはようございます。
 本日は、総本山における十月度の広布唱題会に当たり、多数の方が参加され、まことに御苦労さまでございます。
 先般、九月二十一・二十二日の両日、総本山におきまして「海外信徒二万名大結集第三回総会」が、海外二十の国と地域から約三千名の方々が御登山され、盛大に執り行われました。
 これには、近くは韓国、台湾、遠くはアフリカ・ガーナ、ブラジル、アルゼンチン、イギリス、ドイツなどから多くの方々が、渇仰恋慕の思いをもって、本門戒壇の大御本尊様まします、ここ総本山に登山参詣されてきましたが、皆様が歓喜に燃えて御登山されてきた様子が伺え、まことに頼もしく、その強盛な信心に感服した次第であります。
 特に、当日、体験発表された方の話をはじめ、それぞれの国の代表者が新たな目標達成へ向けて力強く決意を発表されておりましたが、海外の方々の広布にかける意気込みがひしひしと感ぜられ、たいへん身の締まる思いでありました。このことは十月一日号の『大白法』に掲載されておりますので是非、読んでいただきたいと思います。
 また、台湾、韓国、スリランカなどでは、現在、日本をしのぐ勢いで折伏が進んでおり、本家本元の日本がこのままではならないと痛感した次第であります。
 さて、大聖人は『御義口伝』に、
    ()の本法を受持するは信の一字なり。元品(がんぽん)()(みょう)を対治する()(けん)は信の一字なり。()()(わっ)(しん)の釈(これ)を思ふべし云云」(御書 一七六四n)
と仰せであります。
 「元品の無明」とは、衆生が本然的に具えている根本の迷いのことであります。
 「元品」とは、根本あるいは元初、初めという意味であります。「無明」とは、邪見や俗念に妨げられてものの道理が解らず、真理を悟ることができない無知ということで、中道(ほっ)(しょう)の悟りを妨げる一切の(ぼん)(のう)の根本となる惑であります。
 この煩悩を大別いたしますと、(けん)()惑・(じん)(じゃ)惑・無明惑の三つになります。
 見思惑とは「見惑」と「思惑」のことで、「惑」というのは煩悩の異名であります。この二つは共に三界の煩悩のことで、見惑とは物事や道理を(わきま)えず、(よこし)まに分別して考えを起こす後天的、知的な迷いであります。これには身見・辺見・邪見・見取見・(かい)(ごん)取見の五利使と、貪・瞋・癡・慢・疑の五鈍使があります。
 思惑とは、見惑が知的な迷いであるのに対して、貪・瞋・癡・慢の四つを根本とする先天的、情緒的な迷いであります。
 爾前経においては、この見思惑は三界の生死を受ける原因となるものであって、声聞・縁覚はこれを断滅して初めて三界の生死を離れることができるとしているのであります。
 これに対して、菩薩はのちの二惑、いわゆる「塵沙惑」と「無明惑」を断じて生死を離れることができると言われているのであります。
 また、見思惑は声聞・縁覚・菩薩の三乗に通ずる故に「通惑」とも言います。また、それに対しまして塵沙惑・無明惑は、これは「別惑」と言うのであります。
 次に塵沙惑とは、『摩訶止観』に、
    「塵沙と云うは、無知の数多きに譬う」(学林版止観会本上 一四四n)
とありますように、つまり(ちり)(すな)、塵沙の如き数限りなき現実の事象に対して、その都度、的確に判断し、対処する能力のないことから起きる惑であります。これは菩薩が衆生を化導する際に起きるところの惑でありますので「化導障の惑」とも言います。
 次に無明惑とは、非()非無の理に迷って中道の妨げとなる惑のことで、成仏を妨げる一切の煩悩の根本となる惑のことであります。天台大師の『摩訶止観』には、無明惑は空・仮・中の三観のなかの中観によって断ぜられると説かれています。
 また別教では、この無明惑を十二品、十二種に分け、円教ではこれを四十二品に分けて、四十二の最後の無明惑を元品の無明としており、三惑を次第に断じ、最後に元品の無明を断尽すると成仏ができるとされているのであります。
 しかし、これは脱益仏法における所談でありまして、根本無明の煩悩は微細の惑で、初めより感知できませんの
で、方便の手段によって、初めに見思惑を、次に塵沙惑を断じ、最後に無明惑を断ずることにりますが、本来的には、これらの惑はすべて無明煩悩のなかの諸惑であり、一体であります。
 よって、末法においては、先程の『御義口伝』に「元品の無明を対治する利剣は信の一字なり」と仰せのように、三惑を見思、塵沙、無明と次第に断じていくのではなく、三大秘法の御本尊様に対する無疑曰信の信心、すなわち心に疑念のない強盛なる信心によって、直ちに一切煩悩の根本である元品の無明を対治し、即身成仏することができるのであります。つまり、この無疑曰信の信心こそが元品の無明を対治し、一切を開いていくことができるのであります。
 また爾前経においては、煩悩を断ずることが成仏に至る道であると説かれていますが、しかし、法華経において十界互具・一念三千の理が説かれるに及んで、煩悩と菩提は根本において相即不二にして、煩悩を断じ尽くすことなく、妙法蓮華経の広大無辺なる功力によって、そのまま煩悩を菩提に転じて、即身成仏することができると説かれているのであります。
 よって、大聖人は『当体義抄』に、
    「正直に方便を捨て(ただ)法華経を信じ、南無妙法蓮華経と唱ふる人は、煩悩・(ごう)・苦の三道、法身・般若・()(だつ)の三徳と転じて、三観・三諦即一心に顕はれ、其の人の所住の処は常寂光土なり」(御書 六九四n)
と仰せであります。
 「正直に方便を捨て但法華経を信じ、南無妙法蓮華経と唱ふる人は」とは、つぶさには「方便たる爾前権経を捨て、但法華経の本門寿量品文底の教主の御金言を信じて南無妙法蓮華経と唱える人」という意であります。
 「煩悩・業・苦の三道、法身・般若・解脱の三徳と転じて、三観・三諦即一心に顕はれ、其の人の所住の処は常寂光土なり」とは、「煩悩」とは、先程言いました見思・塵沙・無明の三惑。「業」というのは煩悩より起きる身・口・意の三業の所作、五逆とか、あるいは十悪等があるわけであります。「苦」とは煩悩と悪業の結果、その報いとして受ける苦しみ。この三つは互いに因果となってよく通ずる故に「三道」と言うのであります。
 この三道が文底下種の南無妙法蓮華経を信ずることによって、凡智では到底、計り知ることのできない妙法蓮華経の広大なる力用によって、仏様の具える三種の徳相たる「法身」「般若」「解脱」の三徳と転ずることができるのであります。
 「転ずる」とは、その(たい)を改めずに、ただその相を変ずることであります。すなわち、三道を断じて三徳を現ずるのではなく、文底下種の妙法に()い、正境を縁として、三道を転じて三徳を成ずることができるという意味であります。
 「其の人の所住の処は常寂光土なり」とは、依正不二を明かされているのであります。すなわち「其の人」とは三道即三徳の人を指し、正報に当たります。「所住の処」というのは依報を示します。依正不二の原理によって、三大秘法の随一・本門の本尊を信ずることによってその不可思議広大無辺なる功徳により、その人の所住の処が常寂光土になると仰せられているのであります。
 されば、我々は『立正安国論』正義顕揚七百五十年の大佳節の年を迎えた今、仏国土実現を目指し、この御金言を心肝に染めて、一意専心、自行化他の信心に励むことが肝要であります。
 特に今日、我らがなすべき最も大事なことはなんであるか。それは折伏であります。()しき教えによって煩悩・業・苦の三道に苦しむ多くの人達に対して、大御本尊の三道即三徳の広大なる功徳を説き、本因下種の妙法を下種結縁し折伏を行じていくことが、我々本宗僧俗が今なすべき重大なる使命であることを自覚しなければなりません。
 どうぞ、皆様にはいよいよ強盛なる信心をもとに折伏を行じて、もって各講中ともに、まずは本年度の折伏誓願を必ず達成し、その勝利の歓喜と功徳をもって新たなる目標に向かって一意専心、御精進くださることを心から願い、本日の挨拶といたします。