大白法・平成21年6月16日刊(第767号より転載)
 
 六月度広布唱題会の砌
 
 皆さん、おはようございます。
 本日は、六月度の広布唱題会に当たりまして、皆様方には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 本年も六月に入り、御命題の「大結集」まで、いよいよあと(ひと)(つき)()となりましたが、皆様には大結集の達成へ向けて日夜、御精進のことと存じます。
 御承知のとおり、御命題の大結集は、平成十四年、「地涌倍増」と併せて、日顕上人より賜った御命題であります。したがって、本年、御命題完結の年、我々はなんとしても大結集を達成し、仏祖三宝尊と御命題をくだされた日顕上人に、晴れて大結集の完全勝利を御報告申し上げたいと思っております。
 また、この大結集は、次の戦いに向けての大事な出陣式でもあります。したがって、七月二十六日、総本山に集う七万五千名は次の戦いの中核となるべき人材であり、広布の戦士であります。
 今日の日本乃至世界の混沌とした状況を見るとき、だれもが不安と危機を感じておりますが、では、いかにしたら、これら混沌とした危機を脱することができるのか。世間では、その根本的解決の方途について暗中模索、残念ながら、いたずらに(けん)(そう)(きわ)めるばかりで具体的打開策を持たず、ただ単に時間が過ぎていくだけであります。
 そこに、我々は大聖人が示された『立正安国論』の御聖意を拝信し、その御理想実現へ向かって、異体同心・一意団結して前進していかなければならない、重大にして尊い使命があることを自覚しなければなりません。
 既に『立正安国論』には、災難が起こり、世の中が混乱する理由を明かされて、
    (つらつら)()(かん)を傾け(いささか)経文を(ひら)きたるに、世(みな)正に(そむ)き人(ことごと)く悪に帰す。故に善神国を捨てゝ(あい)去り、聖人所を辞して(かえ)らず。(ここ)を以て魔来たり鬼来たり、災起こり難起こる。言はずんばあるべからず。恐れずんばあるべからず」(御書 二三四n)
と仰せであります。
 混乱と不幸と苦悩の根本原因は、「世皆正に背き人悉く悪に帰す」すなわち、間違った教え、間違った考え、間違った思想、つまり三宝破壊の池田創価学会等をはじめ邪義邪宗の間違った教えにあり、この邪義邪宗の謗法を退治し、万民一同が「実乗の一善」に帰依しなければ、真の幸せを築くことはできないの
であります。
 もちろん、ここで実乗の一善とあるのは、一往は法華経のことでありますが、ただし再往、大聖人様の御正意は文上の法華経ではなく、法華経文底独一本門の妙法蓮華経にして、三大秘法の随一・本門戒壇の大御本尊に帰依することが実乗の一善に帰することであります。
 しかし、日本乃至全世界の人々が実乗の一善に帰するためには、我々が折伏を実践する以外に道はないのであります。されば、まず私どもは、一天四海本因妙広宣流布達成を目指して、法華講の精鋭が集い、新たなる前進を誓う大出陣式でもある七万五千名の大結集へ向けて、全力を傾注して戦うべきであります。
 既に目標を達成している支部は、当日に欠席が出ないように、再度、家庭訪問等を行い、万全を期することが肝要であります。
 また、いまだ目標を達成していない支部は、これからが肝心でありまして、登山の功徳、七万五千名大結集の意義等を伝え、必ず目標を達成するようにしなければなりません。
 当然「好事、魔多し」で、様々な障害や難が(じゃっ)()することは、もとより覚悟の上のことであります。なぜならば、妙法の修行に難が起こるのは(ひつ)(じょう)であり、それを(ごう)(じょう)なる信心で乗り越えていくところに、計り知れない大きな功徳と感動があるのであります。大御本尊様への絶対の確信を持って、障害や難が起これば起こるほど、ますます強盛な信心の炎を燃やしていくことが肝要であります。
 故に、大聖人様は、
    「大難来たりなば強盛の信心(いよ)(いよ)(よろこ)びをなすべし。火に(たきぎ)くわ()へんにさか()んなる事なかるべしや。大海へ(しゅ)()入る、されども大海は河の水を返す事ありや。法華大海の行者に(しょ)()の水は大難の如く入れども、かへす事とがむる事なし。諸河の水入る事なくば大海あるべからず。大難なくば法華経の行者にはあらじ」(同 一五五五n)
と仰せであります。
 私どもは、「大難来たりなば強盛の信心弥々悦びをなすべし」との御金言をよくよく拝し、確信を持って広布へ向けて前進することが大事であります。
 要は、いかなる障魔や大難が競い起きようが、今回の七万五千名大結集への参加は、一生成仏への絶好のチャンスであり、講中一同が心を合わせ、なんとしてでも七万五千名大結集を達成することであります。
 皆様には、全支部共に大結集の達成へ向けて、残り一月余を、僧俗一致・異体同心の団結をもっていよいよ御精進くださることを心から念じ、本日の挨拶といたします。