大白法・平成21年4月16日刊(第763号より転載)
 
 四月度広布唱題会の砌
 
 皆さん、おはようございます。
 本日は、四月度の広布唱題会に当たりまして、皆様方には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 皆様方には、いよいよ本年、『立正安国論』正義顕揚七百五十年の大佳節を迎え、御命題の「地涌倍増」と「大結集」の達成へ向けて、僧俗一致・異体同心・一致団結して御精進のことと存じます。
 御承知のように『立正安国論』は、大聖人が日本国の上下万民が謗法の重科によって、天変、()(よう)()(きん)(えき)(れい)ならびに自界(ほん)(ぎゃく)、他国(しん)(ぴつ)難等の重苦に責められ、未来には()(けん)地獄に堕ちて()()の炎にむせぶことを悲嘆せられて、末法の御本仏としての大慈大悲をもって、北条時頼ならびに万民をお(いさ)めあそばされたところの折伏(かん)(ぎょう)書であります。
 この『立正安国論』は、初めに正嘉元(一二五七)年八月二十三日の大地震をはじめ、近年より近日に至るまで頻発する天変、地夭、飢饉、疫癘等の惨状を見て、その原因は世の中の人々が皆、正法に背き、悪法を信じていることにより、国土万民を守護すべきところの諸天善神が去って、悪鬼・魔神が便りを得て住みついているためであるとし、金光明経あるいは大集経等を引かれて、正法を信ぜず、謗法を犯すことによって三災七難等の災難が起こると、経証を挙げてその理由を述べられ、これら不幸と混乱と苦悩を招いている一凶はひとえに法然の念仏であると断ぜられ、この一凶を断ち、謗法を対治して正善の妙法を立つる時、国中に並び起きるところの三災七難等の災難は消えうせ、積み重なる国家の危機も消滅して、安寧にして盤石なる仏国土を出現することができると仰せられ、しかし、もし正法に帰依しなければ、七難のうち、まだ起きていない自界叛逆難と他国侵逼難の二難が競い起こると予言され、速やかに「実乗の一善」に帰するように結んでおられます。
 そして、この『立正安国論』は、(たい)(ごう)(しゅ)は時の最高権力者・北条時頼でありますが、実には一切衆生に与えられた諌言書でもあります。
 また、御文のなかで、
    ()かず()の万祈を修せんよりは此の(いっ)(きょう)を禁ぜんには」(御書 二四一n)
と仰せられているように、一往は(もっぱ)ら法然の謗法を破折しておりますが、再往元意の辺は広く諸宗を破折しておられるのであります。
 また、「立正」の「正」とは、下種の本尊とその三大秘法がその正体であります。また、「安国」の「国」とは、一往は日本国を指すも、再往は全世界、一閻浮提を指しているのであります。
 つまり、立正とは末法万年の闇を照らし弘通するところの本門の本尊と題目と戒壇の三大秘法を立つることであり、安国すなわち正法治国・国土安穏のためには、この本門の本尊と題目と戒壇の三大秘法の正法を立つることこそ、最も肝要であると仰せあそばされているのであります。
 よって『安国論』には、
    (なんじ)早く信仰の寸心を改めて速やかに実乗の一善に帰せよ。(しか)れば(すなわ)ち三界は(みな)仏国なり、仏国()れ衰へんや。十方は(ことごと)く宝土なり、宝土何ぞ(やぶ)れんや。国に(すい)()無く()()()無くんば身は(これ)安全にして、心は是禅定ならん。此の(ことば)此の(こと)信ずべく(あが)むべし」(同 二五〇n)
と仰せられているのであります。
 「実乗の一善に帰せよ」とは、その元意はまさしく三大秘法の随一・本門の本尊に帰依せよと仰せられているのであります。
 したがって、『当体義抄』を拝しますと、
    「正直に方便を捨て(ただ)法華経を信じ、南無妙法蓮華経と唱ふる人は、煩悩(ぼんのう)(ごう)・苦の三道、法身・般若・()(だつ)の三徳と転じて、三観・三諦即一心に顕はれ、其の人の所住の処は常寂光土なり。(のう)()・所居、身土・色心、()(たい)()(ゆう)の無作三身、本門寿量の当体蓮華の仏とは、日蓮が弟子檀那等の中の事なり」(同 六九四n)
と仰せであります。
 御文中、「其の人の所住の処は常寂光土なり」との御文について、総本山第二十六世日寛上人は『当体義抄文段』のなかにおきまして、
    「此の(しも)は依正不二を明かすなり。『其の人』とは即ち是れ三道即三徳の妙人、是れ正報なり。『所住の処』等とは依報なり。中に於て『所住之処』の四字は依報の中の因なり。『常寂光土』の四字は依報の中の果なり。(まさ)に知るべし、依正不二なる故に、依報の因果も(また)是れ倶時なり。是れ正報の因果倶時なるに()る故なり。当に知るべし、依正の因果は(ことごと)く是れ蓮華の法なり」(御書文段 六二二n)
と、このように御指南をあそばされております。
 すなわち、依正不二の原理によって、実乗の一善たる三大秘法の随一・本門の本尊に帰依すれば、その不可思議広大無辺なる功徳によって、その人の所住の処が仏国土となると仰せられているのであります。
 また『立正安国論』の最後の言葉には、
    (いよいよ)貴公の()(かい)を仰ぎ、(ますます)愚客の()(しん)を開き、速やかに対治を(めぐ)らして早く泰平を致し、先づ(しょう)(ぜん)(やす)んじ更に(もつ)()(たす)けん。(ただ)我が信ずるのみに非ず、又他の誤りをも(いまし)めんのみ」(御書 二五〇n)
と仰せであります。
 御文の意は、「いよいよ貴公の慈悲あふれる教訓を仰ぎ、ますます愚かな自分の迷いを悟ることができた。この上は、速やかに謗法を対治して、早く天下泰平を実現し、まず今世における幸せを確立し、さらに後世をもまた幸せとなるように現当二世にわたる信心に励んでいくためには、ただ自分一人だけが信ずるだけではなく、謗法の害毒によって(むしば)まれた他の多くの人達の誤りも誡めて、折伏していきたいと思う」と決意を述べられているのであります。
 この最後の第十段は、客の問いがそのまま主人の答えであり、ここに『立正安国論』の結論が出ているのであります。
 すなわち、この最後の御文こそ、立正安国の原理を実践に移し、もって謗法の害毒に蝕まれている多くの人々を救い、仏国土実現へ向けて慈悲の折伏を行じていくことこそ最も肝要であると示された、極めて重要なる御教示なのであります。
 『立正安国論』の冒頭にお示しのように、世の中の不幸と混乱と苦悩の原因は、すべて謗法の害毒にあり、この謗法を対治しなければ世の中は幸せにならないのであります。
 よって、今こそ私どもは、一人ひとりが『立正安国論』の御聖意を(ほう)(たい)し、御命題の地涌倍増の達成へ向けて総力を結集して折伏に励み、もって大前進を図っていかなければならないと存じます。
 次に、大結集について申し上げれば、これは本年一月三日の「出陣式」の時にも申し上げましたが、「七万五千名大結集総会」は、いまだかつて行われたことがない大結集であり、法華講の精鋭が本門戒壇の大御本尊まします、ここ総本山に集う世紀の大総会であります。
 精鋭とは、広布の使命に燃え、一天四海本因妙広宣流布の願業達成を目指して、一身をなげうって広布に尽くす死身弘法の法華講員のことであります。いわば、広布の戦士であります。大結集総会に集う七万五千名の法華講員の精鋭は、そのまま一人も漏れず、次の広布への戦いの中核となるべき人材であります。
 各講中は、この大結集に当たって、改めて組織を掘り起こし、埋もれている優れた人材を発掘し、大総会に臨むよう推進を図っていく必要があります。講中が強力に推進運動を進めていけば、組織全体が活性化し、(きょう)(じん)な広布の組織が必ず構築できるのであります。
 特に、大結集総会に集った七万五千名の精鋭が一斉に立ち上がり、折伏に打って出れば、その波動は全国、否、全世界に広がり、大きな流れとなって、『立正安国論』の御理想実現へ向かって大きく動き出すことは間違いないのであります。
 近年(まれ)に見る世界的な経済不況と混乱、民族間の争いや、戦争がいつ起きても不思議でない現在の(こん)(とん)とした世相を見るとき、この窮状を救えるのは、ただ末法の御本仏宗祖日蓮大聖人の三大秘法の仏法以外にはないのであります。
 されば、本宗僧俗の一人ひとりが広布の使命に燃えて、真剣に地涌倍増と大結集の達成に励み、二人、三人、十人、百千万億人と次第に唱え伝えていくならば、広布の大願もけっして夢ではないのであります。
 どうぞ、皆様方には、本年『立正安国論』正義顕揚七百五十年の大佳節を迎え、さらなる精進と異体同心の団結をもって、御命題の地涌倍増と大結集の達成へ向けて御精進くださることを心から念じ、本日の挨拶といたします。