大白法・平成21年2月16日刊(第759号より転載)
 
 二月度広布唱題会の砌
 
 本日は、二月度の広布唱題会に当たりまして、皆様方には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 御承知のとおり、本年「正義顕揚の年」は御命題完結の年であり、我々はなんとしても、本年掲げた「記念大法要」「七万五千名大結集総会」「記念総登山」を必ず達成しなければなりません。
 また同時に、全国の各支部は本年度の折伏誓願を必ず達成し、仏祖三宝尊に対し奉り御報恩申し上げていかなければならないと思います。
 一月三日の出陣式の折にも申し上げましたが、七万五千名大結集総会はいまだかつて行われたことがない大総会であり、法華講の精鋭七万五千名が集う世紀の総会であります。
 総本山に集う七万五千名の法華講の精鋭は、そのまま次の広布への戦いの中核をなす人材であります。戒壇の御本尊まします総本山に集う七万五千名の法華講の精鋭が(いっ)(せい)に立ち上がり、広布の戦士として死身弘法の大折伏戦を展開すれば、必ず大きな変化が現れ、広宣流布の道は大きく開かれてくるのであります。
 したがって、今日ここにお集まりの方々は、一人も漏れず、七万五千名大結集総会に参加して、広布の戦士としての陣列に加わっていただきたいと思います。
 さて御案内のとおり、今月は大聖人御誕生の月であります。御本仏大聖人の御出現は、末法の一切衆生をして等しく成仏せしめるためであります。その御本仏の御(ゆい)(めい)を今に正しく継ぐ者こそ、我ら日蓮正宗の僧俗であります。
 今、世間は混迷を極めております。人心は極度に悪化し、何もかも先の見えない状態であります。大聖人は『兵衛志殿御書』に、
    「つねざまには()すえになり候へば聖人賢人もみなかくれ、たゞざん()じん()ねい()じん()()ざん()きょく()()の者のみこそ国には充満すべきと見へて候へば、(たと)へば水すくなくなれば池さは()がしく、風ふけば大海しづ()かならず。代の末になり候へばかん()ばち()えき()れい()・大雨・大風ふきかさなり候へば、広き心もせばくなり、道心ある人も邪見になるとこそ見へて候へ。されば他人はさてをきぬ。父母と夫妻と 兄弟と(あらそ)ふ事れつ()()しか(鹿)と、ねこ()ねずみ()と、たか()きじ()との如しと見へて候」(御書一二七〇n)
と仰せられています。
 解りやすく申し上げますと、「末法になると、聖人・賢人も現れず、ただ讒人、人を(おとしい)れるため事実を曲げ、また偽ってその人を悪く言う人や、佞人、()びへつらう人や、和讒、表面は柔らかで陰に回って人を陥れたりする人や、曲理、理を曲げて我意をとおす者ばかりが国中に充満するようになる。ちょうど水が少ないと池が騒がしく、風が吹くと大海が穏やかでないのと同じように、世が末になると、旱魃、疫病、大雨、大風が重なるから、心の広い人も狭くなり、道心ある人も邪見になる。それ故、他人と他人との間はもちろんのこと、父母、夫婦、兄弟等の肉親までが(あい)争うことは、あたかも猟師と鹿、猫と鼠、鷹と雉のようなものである」と仰せられているのであります。
 末代濁悪の世になりますと、人心が乱れ、人心が乱れるから世の中が乱れ、世の中全体が乱れると、それが広く国土世間にまで及び、旱魃、疫病、大雨、大風等が起き、それがまた原因となり、悪循環となって、ますます人心が乱れ、世の中が乱れ、骨肉相()む悲惨な様相を呈し、一国が皆、無間大城の苦しみを受けることになるのであります。
 では、人心が乱れる最大の原因は何かと言えば、間違った思想、間違った考え、間違った教え、具体的に言えば、三宝破壊の池田教をはじめ邪義邪宗の謗法の害毒によるのであります。故に『秋元御書』には、
    「謗法の者其の国に住すれば其の一国(みな)無間大城になるなり」(同一四五〇n)
と仰せられているのであります。
 恐ろしきは謗法であります。この謗法を退治してこそ、世の中は平和になるのであります。
 ここに今、私どもが、真の幸せと仏国土実現を願って謗法を退治し、折伏を行じていかなければならない大事な理由が存しているのであります。
 大聖人は『阿仏房尼御前御返事』に、
    「相構へて相構へて、力あらん程は謗法をばせめさせ給ふべし」(同九〇七n)
と仰せであります。
 私どもはこの御金言を生涯、忘れてはなりません。
 されば、御命題完結の本年、この御金言を心肝に染め、折伏に励み、もって「地涌倍増」の御命題にお応えしなければなりません。
 どうぞ、皆様には、本年は七万五千名大結集総会、記念総登山を必ず達成するとともに、全支部が折伏誓願を達成し、もって御命題にお応えくださるようお願いをいたしまして、本日の挨拶といたします。