大白法・平成21年2月1日刊(第758号より転載)
 
 唱題行(一月十一日)の砌
 
 『立正安国論』正義顕揚七百五十年の新年、あけましておめでとうございます。
 皆様には、すがすがしく「正義顕揚の年」を迎え、決意も新たに、いよいよの御奉公、御精進をお誓いのことと存じ上げます。
 さて、昨日より「立正安国論正義顕揚七百五十年記念 支部総登山」が始まりました。この支部総登山は、本年「正義顕揚の年」における「記念大法要」「七万五千名大結集総会」と並んでまことに重要な記念行事であり、本宗僧俗は全力を傾注して必ず達成しなければならない大事な事業であります。
 そもそも、総本山への登山参詣の功徳について、大聖人様は『四条金吾殿御返事』に、
    「毎年度々(たびたび)の御参詣には、無始の罪障も定めて(こん)(じょう)一世に消滅すべきか。(いよいよ)はげむべし」(御書 一五〇二n)
と仰せられ、『南条殿御返事』には、
    「此の(みぎり)に望まん輩は無始の罪障(たちま)ちに消滅し、三業の悪転じて三徳を成ぜん」(同 一五六九n)
と仰せであります。
 「此の砌」とは現時に約せば、すなわち本門戒壇の大御本尊まします、ここ総本山であります。すなわち、総本山に登山参詣する功徳は、過去(おん)(のん)(ごう)の罪障を消滅し、三(ごう)の悪を転じて、(ほっ)(しん)(はん)(にゃ)()(だつ)の三徳を(じょう)ずることは毛頭疑いなく、一生成仏の大果報を受くることができるのであります。
 また、この支部総登山は七万五千名大結集総会と同様、これを推進していくなかで獲得するものは実に計り知れないものがあります。それは個人においても、また組織においても、また信心においても、あるいは生活においても実に顕著に表れてまいります。
 すなわち、支部総登山の推進を図っていく過程において信心が磨かれ、足腰が鍛えられ、団結力が増し、いかなる困難・障魔に遭遇しようとも、それを乗り越え、変毒為薬し、(かん)(ぜん)として広布への道を前進していくことができる強力な力を身につけることができるのであります。そして、そこで(つちか)われたものが、今後の広布への戦いの大きな原動力となって、折伏(ぎゃっ)()の場に発揮されることになるのであります。
 七月二十六日に行われる七万五千名大結集総会は、いまだかつて行われたことがない大結集であり、法華講の精鋭が本門戒壇の大御本尊まします、ここ総本山に集う世紀の大総会であります。そこに集う精鋭は、次の戦いの中核となるべき人材であります。
 この総本山に結集した全国七万五千名の法華講の精鋭が、大御本尊様の御前において、新たに広布の誓いを立て、『立正安国論』の御理想実現へ向けて、勇躍として大折伏戦を展開していけば、自他共の幸せはもちろん、必ず世の中を変え、仏国土を築いていくことができるのであります。
 支部総登山も同様、講中が一丸となって推進していくなかで、広布の団体としての使命を自覚し、一天広布を目指して前進する(きょう)(じん)な講中態勢を構築していくことができるのであります。
 本年「正義顕揚の年」に掲げられた記念大法要も、あるいは七万五千名大結集総会も記念支部総登山も、いずれも一天四海本因妙広宣流布の願業達成に資するための大事な戦いであります。
 どうぞ各位には、本年、支部総登山、さらに七万五千名大結集総会を勝利し、もって広布の大願を目指して、いよいよ御精進されますよう心からお願いをいたします。
 なお、記念総登山におきましては、毎回「布教講演会」が開催されます。また「立正安国論正義顕揚七百五十年記念展」も開催されております。
 布教講演会は、全国布教師の方をはじめ、宗内から選ばれた布教師の方々が交代でお話をいたします。是非、御聴聞いただきたいと存じます。
 記念展は、「地涌倍増大結集記念写真展」「立正安国論記念展」「海外布教写真展」の三つから成っており、いずれも見応えのあるすばらしい内容で、皆様には是非、御覧いただくようお願いする次第であります。
 以上、縷々(るる)申し上げましたが、いよいよ本年「正義顕揚の年」を迎え、皆様方には是非とも記念大法要、七万五千名大結集総会、記念総登山のいずれも完全勝利し、その歓喜と勢いをもって大折伏戦を展開されますよう心からお祈り申し上げ、本日の挨拶といたします。