大白法・平成21年2月1日刊(第758号より転載)
 
 唱題行(一月一日)の砌
 
 『立正安国論』正義顕揚七百五十年の新春、あけましておめでとうございます。
 御隠尊日顕上人猊下には、御機嫌(うるわ)しく新年をお迎えのことと慶賀に存じ上げます。
 また、宗内僧俗御一同様には、すがすがしく「正義顕場の年」を迎え、決意も新たに、いよいよの御奉公、御精進をお誓いのことと存じます。
 総本山におきましては、本年も恒例により、一月中、今日は元日につき九時から行いましたが、原則的には午前八時より一時間、唱題会を執り行いますので、各位にはこぞって御参加くださるよう願います。
 さて、本年、「正義顕揚の年」は、平成十四年、日顕上人より「地涌倍増」と「大結集」の御命題をいただいてから七年、御命題完結の年であり、本宗僧俗は全力を挙げて、なんとしてでも御命題を達成し、仏祖三宝尊と御命題をくだされた日顕上人猊下の御指南にお応えしなければなりません。
 なかんずく「七万五千名大結集総会」は、いまだかって行われたことがない大結集であり、法華講の精鋭が本門戒壇の大御本尊まします、ここ総本山に集う世紀の大総会であります。
 この七万五千名大結集総会をはじめ「記念総登山」、さらに地涌倍増と、いずれも本年は完全達成し、次の広布への戦いに進まなければなりません。そのためには、まず基本となる唱題行をしっかりと行うことが大事であります。
 日顕上人は、
    「一切を開く(かぎ)は唱題行にある。そこに僧俗一人一人の現在の位置と人格をめぐって、不思議な折伏教化の因縁がおのずと顕れる」(大日蓮・平成一一年一月号 五年)
と仰せられています。また、
    「かぎりなく 境涯ひらく 題目を常にとなえつ 広布目指さん」(同・同年三月号 七二n)
と歌を詠まれておられます。
 この御指南を拝し、唱題の功徳がいかに大であるかを知るべきであります。そして、私どもはこの御指南の(ぎょ)()を深く拝し、唱題の功徳をもって折伏に立ち上がることが肝要であります。
 広宣流布の願業は大聖人様の(ぎょ)(めい)であります。されば、本年、我々は一人も漏れず、七万五千名大結集総会、記念総登山の達成を目指し、さらに「正義顕揚の年」にふさわしい勇猛果敢なる大折伏戦を展開すべく、題目を唱え、もって本年与えられた御命題を必ず達成するように心から念じ、本日の挨拶といたします。