大白法・平成20年6月16日刊(第743号より転載)
 
 六月度広布唱題会の砌
 
 皆さんこんばんは。本日は、総本山における六月度の広布唱題会に当たりまして、法華講夏期講習会第二期に参加の皆様を含め、多数の方々が参加され、まことに御苦労さまでございます。
 本来であれば、この広布唱題会は、毎月第一日曜日に行われることになっておりますが、本日は総本山におきまして法華講夏期講習会が開催中でございますので、一日繰り上げてただいま執り行った次第でございます。
 さて、「地涌倍増大結集推進決起大会」も、去る二月三日、大阪・京セラドームにおいて行われた「西日本大会」をはじめ「九州大会」「北海道大会」と、いずれも大勝利のもとに行われ、いよいよ、あとは「東日本大会」を残すのみとなりました。
 東日本大会も、僧俗一致の態勢のもとに、必ずや大成功()に開催されるものと確信しております。
 御承知のとおり、この決起大会は、明年の「地涌倍増」と「七万五千の大結集」の御命題、そして「記念総登山」の達成を期して行われるものであります。したがって、この決起大会を単なるイベントとして終わらせてはならないのであります。
 各地域において僧俗一致の上に勝ち取った決起大会の感動と大成功を次の闘いに()かしていかなければ、決起大会を開催した意味がありません。
 もちろん、決起大会以後、既に本年度の折伏誓願目標を早々に達成した、そしてまた大きな成果を上げている支部もありまして、全国的にもその気運は高まっており、各支部ともに、このあと果敢なる大折伏戦を展開して、本年度の誓願はすべての支部が必ず達成されていくものと思っております。否、今こそ我々は全力を傾注して、一切衆生救済のために大折伏戦を敢行していかなければならないのであります。
 今日、日本乃至世界の情勢を見ますると、国内では、凶悪で悲惨な事件や事故が(ひん)(ぱつ)し、政治も経済も、あらゆる面で不安定で(こん)(とん)とした状況であります。
 また、国外に日を転ずれば、ミャンマーでのサイクロン、あるいは中国()(せん)省の大地震、こうした(てん)(ぺん)()(よう)(さん)(たん)たる現状を見る時、我々はけっしてこれらを無視して過ごすことはできません。
 我々は、大聖人がかねてお示しあそばされた『立正安国論』の原理に基いて、一切衆生救済の秘法たる本因下種の妙法を、日本はおろか、世界中の一人でも多くの人に下種結縁し、折伏を行じていくことが今、なすべき最大事であろうと存じます。
 しかし、当然のことのように、こうした天変地夭等の災害や災難が積み重なり、人心が極度に荒廃をする末法濁悪の世に正しい仏法を弘めていこうとするならば、あらゆる障魔が競い起こってくることは(ひつ)(じょう)であります。
 法華経勧持品には、
    「仏の滅度の後の 恐怖(くふ)悪世の中に於て 我等(まさ)に広く説くべし (もろもろ)の無智の人の 悪口罵詈(めり)等し 及び刀杖を加うる者有らん 我等(みな)当に忍ぶべし」(法華経 三七五頁)
と、このように仰せであります。また同じく勧持品には、
    「濁劫悪世の中には 多く諸の恐怖有らん 悪鬼其の身に()って 我を罵言()(にく)せん 我等仏を(きょう)(しん)して 当に忍辱(にんにく)(よろい)()るべし」(同 三七七頁)
と仰せであります。
 私達はいかなる障魔や諸難が襲い来ようとも、忍辱の鎧を着て難を恐れず、一歩も退くことなく難に立ち向かい、難を乗り越える強盛なる信心をもって広布の願業達成を目指して、力強く前進をしていかなければなりません。それが、あらゆる難を打ち払う秘策であることを我々はよく知るべきであります。すなわち『開目抄』には、
    「我並びに我が弟子、諸難ありとも疑ふ心なくば、()(ねん)に仏界にいたるべし」(御書 五七四頁)
と、このように仰せであります。『兄弟抄』のなかには、
    (たと)ひいかなるわづ()らはしき事ありとも夢になして、(ただ)法華経の事のみさは()ぐら()せ給ふべし」(同 九八七頁)
と仰せであります。
 この御金言の如く、大御本尊様への大確信を持って自行化他の行業に励むところ、必ず諸難を打ち破ることができるのであります。『御義口伝』には、
    「難来たるを以て安楽と(こころ)()べきなり」(同 一七六三頁)
と仰せであります。こうした泰然たる強盛なる信心があれば、難を恐れることはないのであります。
 また、『新尼御前御返事』には、
    「末法の始めに謗法の法師一閻浮提に充満して、諸天いかりをなし、彗星(すいせい)は一天にわたらせ、大地は大波のごとくをどらむ。大旱魃(かんばつ)・大火・大水・大風・大疫病・大()(きん)・大(ひょう)(らん)等の無量の大災難並びをこり、一閻浮提の人々各々(かっ)(ちゅう)をきて(きゅう)(じょう)を手ににぎらむ時、諸仏・諸菩薩・諸大善神等の御力の及ばせ給はざらん時、諸人(みな)死して無間地獄に堕つること雨のごとくしげからん時、此の五字の大曼荼羅を身に帯し心に存ぜば、諸王は国を(たす)け万民は難をのがれん。乃至後生の大火炎を(のが)るべしと仏記しをかせ給ひぬ」(同 七六四頁)
と仰せであります。
 何があろうとも、私達は大御本尊様への絶対信を持って、「此の五字の大曼荼羅を身に帯し心に存ぜば、諸王は国を扶け万民は難をのがれん。乃至後生の大火炎を脱るべしと仏記しをかせ給ひぬ」との御金言を心肝に染めて、あらゆる災難を防ぐためには自行化他の行業に徹すべきであることをよくよく銘記し、これからの大折伏戦に勇気をもって臨んでいただきたいと存じます。
 皆様方のますますの御精進を心からお祈り申し上げ、本日の挨拶といたします。