大白法・平成18年12月16日刊(第707号より転載)
 
 十二月度広布唱題会の砌
 
 皆さん、おはようございます。本日の広布唱題会には、支部総登山の方々、また、法華講連合会の月例登山に参加の方々をはじめ多数の方々が出席され、まことに御苦労さまでございます。
 本年「決起の年」も、いよいよ残り一月(ひとつき)となりましたが、皆様には誓願達成へ向けて日夜、御精進のことと思います。
 さて、先般、「院達」におきまして宗内一般にお知らせをいたしましたように、去る十一月二十八日、総本山において立正安国論正義顕揚七百五十年記念局委員会が開催されました。その席上、平成二十一年の御命題、すなわち「地涌倍増」と「大結集」のうち、大結集について、「平成二十一年・『立正安国論』正義顕揚七百五十年」を記念し、総本山において「七万五千名の大結集」を行う旨を発表いたしました。これは、日顕上人からいただいた御命題はあくまでも大結集であり、大結集とは一ヵ所に、一時に集まることであります。したがって、集う場所は本門戒壇の大御本尊ましますここ総本山とし、正義顕揚七百五十年の意義の上から、結集の人数を七万五千名といたしました。
 平成六年、法華講は日顕上人の御指南を賜り「六万大総会」を、総本山の広布の広場において開催いたしましたが、その六万大総会から数えて、平成二十一年は十五年日に当たります。
 本門戒壇の大御本尊の御前に本宗僧俗七万五千名が集い、十五年を経た姿を再び御照覧賜るとともに、これを新たな広布への出発点として、これからのいよいよの精進を誓い、もって仏祖三宝尊の御恩徳に報い奉り、また、御命題をくだされた日顕上人の甚深の御指南にお応え申し上げていきたいと存じております。なお、大結集の日時等詳細については、充分に検討をした上で、後日、発表いたします。
 次に、『立正安国論』提出の日を記念して、大結集とは別に、平成二十一年七月十六日、総本山におきまして、厳粛に『立正安国論』正義顕揚七百五十年の「記念大法要」を奉修申し上げる予定であります。これには、僧侶ならびに信徒代表および寺族代表の方々に出席をしていただく予定であります。
 次にまた、平成二十一年の一年間は、すべての御登山を「記念総登山」としていきたいと考えております。これについては、今後、さらに関係各位と打ち合わせをした上で、詳細については後日、発表いたします。
 以上、要約いたしますと、来たるベき」平成二十一年には、
@総本山において七万五千名の「大結集」を行う。
A『立正安国論』提出の日を記念して、七月十六日に「記念大法要」を行う。
Bこの年のすべての御登山を「記念総登山」とする。
 この三つを行い、『立正安国論』正義顕揚七百五十年を記念し、仏祖三宝尊への御報恩とこれからの精進を誓っていきたいと考えております。
 なお、十一月二十八日の記念局委員会開催の日の午前九時より、僧侶、信徒、寺族それぞれの代表の方々の出席を得て、御影堂大改修着工法要ならびに御本尊・御影の御遷座式を執り行いました。
 御影堂は、初め、大永二(一五二二)年、第十二世日鎮上人によって建立され、のち第十七世日精上人の時、寛永九(一六三二)年、日興上人・日目上人第三百回遠忌の年、阿波徳島の藩主・(はち)須賀(すか)公の令室・敬台院殿の寄進によって再建造営されたのが現在の御影堂であります。
 以来、二百七十余年、その間四回にわたって改修が行われてきましたが、傷みがひどく、このままでは、将来、予想される地震に対応することができず、宗門にとっては由緒ある堂宇でもあり、また、県の重要文化財にも指定された建物でもありますから、早急に対策を講ずる必要があり、このたび『立正安国論』正義顕揚七百五十年の記念事業として、大改修工事を行うことになったのであります。
 御影堂の大改修は、一度解体をして建て直す大がかりなもので、慎重に工事を行うため、最低六年を要し、今のところ平成二十四年には工事が完了する予定であります。よって、御影堂の大改修工事が完了するまでの間、奉安殿へ御本尊ならびに御影をお移し申し上げ、奉安殿を(かり)御影堂として諸法要を行っていく予定であります。
 また、このほか、現在、『立正安国論』正義顕揚七百五十年の記念事業として、既に塔中の四ヵ坊の建て替え工事を始めておりますが、塔中につきましては、耐震診査の結果、建て替えが必要な坊については順次、建て替え工事を行いまして、平成二十一年までには都合十三ヵ坊の建て替えを行いたいと思っております。
 宿坊の建て替えは、地震対策として、御登山される方々の身の安全を守るためにも是非、必要なことでありますので、今回の記念事業に組み入れた次第であります。
 なおまた、鉄筋コンクリート造りの雪山坊、常灯坊につきましては、耐震検査の結果、建て替えが必要とのことでございましたので、これも二十一年までには、多少、規模を縮小して建て替えをしていきたいと考えております。
 このため、これらの工事期間中は、各位には種々御迷惑をおかけいたしますが、なにとぞ御理解、御協力をお願いする次第であります。
 以上、御命題中の「大結集」ならびに「記念大法要」「記念総登山」「総本山総合整備事業計画」について申し上げましたが、これには、宗門僧俗各位の真心からの浄財と多大なる御協力が必要であります。各位には、なにとぞよろしく御支援、御協力をお願いする次第であります。
 さて、ただいま申し上げましたとおり、記念事業のうち、総本山総合整備事業等については、一往、予定どおり進行してまいりますが、平成二十一年を名実ともにお迎えするためには、なんとしても大結集と地涌倍増の闘いを強力に推進していかなければなりません。
 なかんずく地涌倍増は、貪瞋癡強盛にして人心撹乱(こうらん)し、悪世末法の姿そのままの混沌(こんとん)とした国内外の現状を見るとき、これら混乱の原因がすべて間違った教え、間違った思想にあることを知って、三宝破壊の大謗法団体である池田創価学会をはじめ邪義邪宗の害毒によって苦しむ多くの人達を救い、また、真の幸せを築き、仏国土を実現するために、私達は総力を結集して折伏を強力に進めていかなければなりません。そのためには、まず本年残り一ヵ月間をあきらめずに最後の最後まで闘いきり、この一月(ひとつき)の闘いを、明年「行動の年」へと結びつけていくことが肝要であります。
 来年になってから、押っ取り刀で()ち上がっていたのでは結果は出ません。本年を闘いきっていけば、明年度の闘いはおのずと大きく開かれてきます。また、闘いを進めていく上で大事なことは、一人ひとりが()()()(べん)することなく「我れ一人起たん」との決意もって、蹶然(けつぜん)として起ち上がることであります。
 大聖人は『妙密上人御消息』に、
(それ)須弥山(しゅみせん)の始めを(たず)ぬれば一塵なり。大海の初めは一露なり。一を重ぬれば二となり、二を重ぬれば三、乃至十百千万億阿僧祇(あそうぎ)の母は唯一なるべし」(御書九六五頁)
と仰せであります。
 解りやすく言いますと「あの巨大な須弥山も、その始めを尋ねれば一つの塵であり、広い大海の初めも一滴の露である。一を重ねれば二となり、二を重ねれば三となり、このようにして十、百、千、万、億、阿僧祇となっても、その生みの親はただ一つなのである」と、このように仰せられているのであります。
 本日ここに集った方々一人ひとりが、よくこの御金言を拝し奉り、迷わずに起ち上がることであります。一人が起ち上がれば、やがてそれが二倍にも三倍にも、否、十倍にも百倍にも千倍にも万倍にも億倍にも広がっていくのであります。
 要は「皆がやるから自分もやる」のではなくして、まず自分が率先躬行(きゅうこう)することであります。
 どうぞ皆様には、一人ひとりが、本年「決起の年」の掉尾(とうび)を飾り、師子奮迅力をもって地涌倍増を目指した闘いを、最後の最後まであきらめずに頑張っていただきたいと思います。
 そして、大御本尊様の御照覧を仰ぎ奉り、皆さん一人ひとりが大きな功徳をいただいてもらいたいことを切に願い、本年度最後の広布唱題会に当たり、一言もって挨拶といたします。