大日蓮(第839号・平成28年1月)より転載
 
新 年 之 辞
 
 立宗七百六十四年の新春を迎え、御隠尊日顕上人猊下には御機嫌麗しく新年をお迎えの御事と慶賀の至りに存じ上げます。
 また、宗内僧俗御一同には、(すが)(すが)しく新春を迎えられ誠に御目出度うございます。
 昨年三月、宗門は第二祖日興上人御生誕七百七十年の大慶事を迎え、僧俗一致・異体同心の団結と不断の精進を以って、法華講員五十%増の誓願を達成して、謹んで第二祖日興上人へ御報恩謝徳申し上げることが出来ました。
 これも(ひとえ)に、全国法華講各支部の指導教師並びに御信徒各位の(ごう)(じょう)なる信心の(たまもの)と御同慶の至りに存じます。
 さて、本年は「折伏躍進の年」であります。
 「躍進」とは、辞典によれば、「(おど)りあがって進むこと。勢いよく突進すること。目ざましい勢いで進出すること」等々とあります。
 即ち、本年「折伏躍進の年」は、全講中が僧俗一致・異体同心の団結のもと、(しん)(きょう)法重・死身弘法の御聖訓を(ほう)(たい)し、地涌の菩薩の眷属としての自覚と誇りを持って、一天四海本因妙広宣流布を目指し勇猛果敢に折伏を実践(きゅう)(こう)して誓願を達成すべき誠に大事な年であります。
 その折伏誓願達成の為の絶対要件は、僧俗一致・異体同心の団結であります。僧俗共に、また講中の一人一人が折伏誓願達成の一事に焦点を合わせて、共に唱題に励み飽く無く折伏を実践するところ、必ず仏祖三宝尊の御(みょう)()を蒙り誓願を達成することが出来るのであります。
 されば、大聖人は『生死一大事血脈抄』に、
「総じて日蓮が弟子檀那等()()()()の心なく、水魚の思ひを成して異体同心にして南無妙法蓮華経と唱へ奉る処を、生死一大事の血脈とは云ふなり。(しか)も今日蓮が弘通する処の所詮(これ)なり。()し然らば広宣流布の大願も(かな)ふべき者か。(あまつさ)へ日蓮が弟子の中に異体異心の者(これ)有れば、例せば城者として城を破るが如し」(御書五一四n)
と仰せであります。
 各位には、この御聖訓を心肝に染め、一天広布・折伏誓願達成を目指し、全身全霊を捧げて折伏を実践し、以って仏恩報謝申し上げられますよう心から念じ、新年の挨拶といたします。
 





大白法・平成28年1月1日刊(第924号)より転載
 
新年の辞
 
 立宗七百六十四年の新春を寿ぎ奉る
 
 
 立宗七百六十四年の新春を迎え、御隠尊日顕上人猊下には御機嫌(うるわ)しく新年をお迎えの御事と存じ上げます。
 また、法華講大講頭・永井藤蔵氏ほか全国法華講員御一同には、清々しく新春を迎え慶賀の至りに存じます。
 昨年三月、宗門は第二祖日興上人御生誕七百七十年の大慶事を迎えるに当たり、僧俗一致・異体同心して弛まぬ精進努力の結果、法華講員五十パーセント増の誓願を達成することが出来ました。
 これも(ひとえ)に、宗内僧俗御一同の強力な折伏実践の結果であり、仏祖三宝尊もさぞかし御嘉納遊ばされている事と拝するものであります。
 さて、本年は「折伏躍進の年」であります。
 申すまでもなく、折伏は御本仏宗祖日蓮大聖人より賜った我等の尊い使命であります。
 大聖人は『聖愚問答抄』に、
「今の世は濁世なり、人の情もひがみゆがんで権教謗法のみ多ければ正法弘まりがたし。此の時は読誦・書写の修行も観念・工夫・修練も無用なり。只折伏を行じて力あらば威勢を以て謗法をくだき、又法門を以ても邪義を責めよとなり」(御書 四〇三n)
と仰せであります。
 (まさ)しく、今末法は五濁悪世の様相その(まま)に謗法が充満し、その害毒によって人心が極度に(こう)(らん)し、多くの人が不幸な境涯から脱することが出来ずに苦悩に(あえ)いでいます。
 ()くの如き人々を救済するためには、正像過時の(しょう)(じゅ)ではなく、破邪顕正の折伏を以てすべきであり、折伏こそ末法の一切衆生救済の最高至善の方途であります。
 故に『唱法華題目抄』には、
「末代には善無き者は多く善有る者は少なし。故に悪道に()せん事疑ひ無し。同じくは法華経を()ひて説き聞かせて(どっ)()の縁と成すべきか。然れば法華経を説いて(ぼう)(えん)を結ぶべき時節なる事(あらそ)ひ無き者をや」(同 二三一n)
と仰せられているのであります。
 「毒鼓の縁」とは、毒を塗った太鼓を叩くと、その音は聞こうとしない者の耳にも届き、聞いた者は皆死ぬと云われているのであります。
 これは、謗法の衆生に対して、法華経を説き聞かせることは、例え、相手が聞こうとする心がなくとも、これを聞けば法華経に縁する事となって成仏の因となり、例え法を聞信せずと反対しても、やがて逆縁に依って成仏得道出来ることを毒鼓に例えているのであります。
 つまり、成仏得道のためには、例え逆縁であっても法華経に縁することが()()に大事であるかを示されているのであります。
 依って『法華初心成仏抄』には、
「とてもかくても法華経を強ひて説き聞かすべし。信ぜん人は仏になるべし、謗ぜん者は毒鼓の縁となって仏になるべきなり」(同 一三一六n)
と仰せられ、謗法の者に対しては、順逆二縁共に強いて妙法を説き、毒鼓の縁を結んで救っていくことが肝要なのであります。
 今、全国の法華講は、来たるべき平成三十三年宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年法華講員八十万人体勢構築へ向けて力強く前進をしております。
 この時に当たり、各講中には異体同心・一致団結して唱題に励むと共に、老若男女全員がそれぞれ折伏に立ち上がり、必ず本年度の折伏誓願を達成して晴れて仏祖三宝尊の御照覧を仰がれますよう心からお祈りし、新年の挨拶といたします。